映画鑑賞

1994年

タイトル
監督・主演
内容
年月日


(米)


94

エイジ・オブ・イノセンス
 汚れなき情事
The Age of Innocence
(米)

●マーティン・スコセッシ
●ダニエル・デイ・ルイス(Newland Archer)/ミシェル・ファイファー(Ellen Olenska)/ウィノナ・ライダー(May Welland)/ジェラルディン・チャップリン(Mrs.Welland)/ジョアン・ウッドワード(Narration)

 19世紀末のニューヨークの社交界を舞台に、許されぬ恋に 魂を燃やした男女の姿を描いた恋愛映画。女性として初めてピューリッツァー賞を受賞したイーディス・ウォートンの同名小説(新潮文庫)の映画化。
 1870年代初頭のある夕べ、若き弁護士のニューランド・アーチャーや、その婚約者メイ・ウェランドと彼女の母親ウェランド夫人(をはじめ、ニューヨーク社交界の人々がオペラ会場に集った。ひときわ注目を引いたのは、夫から逃れてヨーロッパから帰国したという噂のエレン・オレンスカ伯爵夫人だった。ニューランドは幼なじみのエレンの出現に心を揺さぶられた。

9401

トゥルー・ロマンス
True Romance
(米)

●トニー・スコット
●クリスチャン・スレーター(Clarence Worley)/パトリシア・アークェット(Alabama Whitman)/デニス・ホッパー(Clifford Worley)/ヴァル・キルマー(le Mentor)/ゲイリー・オールドマン(Drexl Spivey)/ブラッド・ピット(Froyd)/クリストファー・ウォーケン(Vincenzo Coccotti)/クリストファー・ペン(Nicky Dimes)

 激しい恋に落ちた男と女が、暗黒街と警察を向こうに回し、逃亡を続けるさまを描いたラヴ・サスペンス。
 デトロイトのコミック・ブック店で働くクラレンスは、プレスリーとクンフー映画に夢中の若者。誕生日の夜、場末の映画館で千葉真一の映画3本立てを観ていた彼は、アラバマというキユートな女の子と知り合う。ベッドの中で彼女は、実はクラレンスの店のボスから、「誕生日のプレゼントに」と頼まれたコールガールであることを明かす。だが、2人は激しく愛し合い、翌日には結婚した。

9401


ピアノ・レッスン
The Piano
(米)

●ジェーン・カンピオン
●ホリー・ハンター(Ada)/ハーヴェイ・カイテル(Baines)/サム・ニール(Stewart)/アンナ・パキン(Flora)

 19世紀半ばのニュージーランドを舞台に、ひとりの女と2人の男が一台のピアノを媒介にして展開する、三角関係の愛のドラマ。「スウィーティー」「エンジェル・アット・マイ・テーブル」に続くニュージーランド出身の女流監督ジェーン・カンピオンの長編第3作。
 スコットランドからニュージーランドへ、エイダは入植者のスチュワートに嫁ぐために、娘フローラと一台のピアノとともに旅立った。口がきけない彼女にとって、ピアノはいわば分身だった。だが、迎えにきたスチュアートはピアノは重すぎると浜辺に置き去りにする。スチュワートの友人で原住民のマオリ族に同化しているベインズは、彼に提案して自分の土地とピアノを交換してしまう。
●9 3年度アカデミー賞脚本賞、主演女優賞(H・ハンター)、助演女優賞(A・パキン)受賞/カンヌ映画祭パルムドール賞(豪映画として、また女性監督として初)、最優秀主演女優賞(H・ハンター)受賞。

9402

クール・ランニング
Cool Runnings
(米)

●ジョン・タートルトーブ
●レオン(Dennis Banock)/ ダグ・E・ダグ(Sanka Coffie)/ラウル・D・ルイス(Junior Bevil)/マリク・ヨバ(Yal Brenner)/ジョン・キャンディ(Irv)

 雪も降らぬ南国から冬季オリンピックに出場したジャマイカ史上初のボブスレー・チームの奮戦ぶりを、笑いと感動豊かに描いたスポーツ・コメディ。88年のカルガリー・オリンピックにおける実話を元にしたリン・シーファートとマイケル・リッチーの原案を、シーファート、トミー・スワードロウ、マイケル・ゴールドバーグの3人が脚色、ジョン・タートルトーブが監督に当たった。

9402

ゲッタウェイ
Getaway
(米)

●ロジャー・ドナルドソン
●アレック・ボールドウィン(Doc McCoy)/キム・ベイシンガー(Carol McCoy)/ジェームズ・ウッズ(Benyon)/マイケル・マドセン(Rudy)/ジェニファー・ティリー(Fran Carvey)/リチャード・ファーンズワース(Slim)/デイヴィッド・モース(Jim Deer Jackson)

 犯罪のプロの夫婦コンビの逃避行を描いたアクション映画。ジム・トンプソンの小説を映画化した72年のサム・ペキンパー監督の同名映画を、のアレック・ボールドウィンとキム・ベイシンガーの夫婦初共演で再映画化。
 ドク・マッコイと妻キャロルは、悪党仲間のルディと組んで、ある囚人をメキシコに逃がした。だが、ドクは依頼人にはめられて逮補され、ルディは彼を見捨てて逃げてしまっT...。

9402

シンドラーのリスト
Schindler's List
(米)

●スティーヴン・スピルバーグ
●リアム・ニーソン(Oskar Shindler)/ベン・キングズレー(Itzhak Stern)/レイフ・ファインズ (Amon Goeth)/キャロライン・グッドール(Emilie Schindler)

 第二次大戦下、1200人のユダヤ人をナチスの虐殺から救った実在のドイツ人実業家の姿を、ドキュメンタリー・タッチで描いた大作。マス・キニーリーの同名ノンフィクション小説をの映画化。
 39年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーは、金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルンをパートナーにシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。
●第66回アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞ほか、7部門を受賞。

9402

デモリションマン
Demolition Man
(米)

●マルコ・ブランビヤ
●シルヴェスター・スタローン(John Spartan)/ウェズリー・スナイプス(Simon Phoenix)/サンドラ・ブロック(Lenina Huxley)

 犯罪のなくなった21世紀の社会を舞台に、2人の男の宿命 の対決を描くSFアクション。
 1996年、ロサンゼルス。デモリションマンの異名をとる刑事のジョン・スパルタンは、ビルに立てこもった凶悪犯サイモン・フェニックスを逮捕したが、その際、30人の人質を死なせてしまう。スパルタンは責任を問われ、フェニックスと同様に、70年もの冷凍刑に処せられた 。仮釈放を審議するための聴問会に出席命令が出て、36年ぶりに解凍されたフェニックスは、看守たちを殺して逃走するが...。

9402

マイ・ライフ
My Life
(米)

●ブルース・ジョエル・ルービン
●マイケル・キートン(Bob James)/ニコール・キッドマン(Gale Jones)

 末期ガンで余命いくばくもないことを宣告された男が、残された命を精一杯生き抜く姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ。監督・製作・脚本は「ゴースト ニューヨークの幻」で脚本を担当したブルース・ジョエル・ルービンで、彼の監督デビュー作。
 30代にしてPR会社を経営するビジネスマンのボブは、末期ガンと診断された。彼は妻ゲイルのお腹の中にいる、まだ見ぬ我が子にメッセージを託そうと、家族のことや少年時代の思い出などを、ビデオカメラに向かって語りはじめる。だが時が進むにつれ彼の精神は不安定におちいってゆく。

9402

恋愛の法則
Bodies, Rest & Motion
(米)

●マイケル・スタインバーグ
●ブリジット・フォンダ(Beth)/フィービー・ケイツ(Carol)/ティム・ロス(Nick)/エリック・ストルツ(Sid)/ピーター・フォンダ(Biker)

 “外力の作用を受けないかぎり物体は静止、または運動を続ける”というニュートンの慣性の法則になぞらえて展開する、4人の男女の恋愛模様。
 砂漠に囲まれた町、アリゾナ州エンフィールド。3年前、恋人キャロルと共にここに流れてきたニックは、今はベスと暮らしている。キャロルとベスは親友同士で、ニックとキャロルはいまだに友情とも腐れ縁ともつかぬ関係が続いている。ニックは、退屈なこの町からモンタナ州へ引っ越すことをキャロルに打ち明ける。ニックと旅立つつもりのベスが引っ越しの準備に追われていると、大家から次の入居者のための改装を依頼されたペンキ屋のシドが訪れた。

9402


日の名残り
Remains of the Day
(米)

●ジェームズ・アイヴォリー
●アンソニー・ホプキンス(Stavens)/エマ・トンプソン(Miss Kenton)/ジェームズ・フォックス(Lord Darlington)/クリストファー・リーヴ(Lewis)/ピーター・ボーガン(Father)/ヒュー・グラント(Cardinal)

 英国の名門家に一生を捧げてきた老執事が自身の半生を回想し、職務に忠実なあまり断ち切ってしまった愛を確かめるさまを描いた人間ドラマ。原作は、英国在住の日本人作家カズオ・イシグロ(石黒一雄)がTVドラマ用の脚本を改稿した同名小説(中央公論社)
 1958年。オックスフォードのダーリントン・ホールは、前の持ち主のダーリントン卿が亡くなり、アメリカ人の富豪ルイスの手に渡っていた。かつては政府要人や外交使節で賑わった屋敷は使用人もほとんど去り、老執事スティーヴンの手に余った。そんな折、以前屋敷で働いていたミス・ケントンから手紙をもらったスティーヴンは彼女の元を訪ねることにする。

9403


M バタフライ
M Butterfly
(米)

●デイヴィッド・クローネンバーグ
●ジェレミー・アイアンズ(Rene Gallimard)/ジョン・ローン(Song Liling)/バーバラ・スコヴァ(Jeanne Gallimard)/イアン・リチャードソン(Ambassador Toulon)

 フランスの外交官とその中国人の愛人の数奇な恋を、プッチーニのオペラ『蝶々夫人』になぞらえて描いた異色のラブ・ストーリー。ブロードウエイでトニー賞に輝き、世界30カ国以上で上演されたデイヴィッド・へンリー・ホァングの戯曲(実話に基づく)を彼自身が脚色、「裸のランチ」のデイヴィッド・クローネンバーグの監督で映画化。
 1964年、北京。フランス大使館の外交官ルネ・ガリマールは、ある夜会で『蝶々夫人』の公演を見た時、舞台の主演女優ソン・リンに釘付けとなる。彼女の出演する京劇を見に出かけた彼は、やがてミステリアスな魅力の彼女に恋する。彼にとってソンは″バタフライ″だった。

9404

カリートの道
Calito's Way
(米)

●ブライアン・デ・パルマ
●アル・パチーノ(Carlito)/ショーン・ペン(Kleinfeld)/ペネロープ・アン・ミラー(Gail)/ジョン・レグイザモ(Benny Blanco)/ヴィーゴ・モーテンセン(Lalin)/リチャード・フォロンジー(Pete)

 愛する女のために足を洗おうとしながらも、周囲によっていやおうなく再び悪に手を染めざるをえなくなる男の姿を描いた犯罪ドラマ。「スカーフェイス」以来、10年ぶりにアル・パチーノとブライアン・デ・パルマがコンビが組んだ。
 1975年、ニューヨーク。カリート・ブリガンテは、組織のお抱え弁護士クレインフェルドの尽力で、30年の刑期を5年で終えて出所した。かつては麻薬王としてならした彼も、今度こそ足を洗い、バハマのパラダイス・アイランドでレンタカー屋を営むことを夢見ていた。だが、従兄弟の麻薬取引のトラブルに巻き込まれたカリートは、心ならずも手を血で染める。

9404

フィラデルフィア
Philadelphia
(米)

●ジョナサン・デミ
●トム・ハンクス(Andrew Beckett)/デンゼル・ワシントン(Joe Miller)/ジェイソン・ロバーズ(Charles Wheeler)/アントニオ・バンデラス(Miguel Alvarez)/ジョアン・ウッドワード(Sarah Beckett)

 エイズで解顧された男とエイズ恐怖症の男の2人の弁護士が、差別と偏見という見えざる敵に闘いを挑む社会派ヒューマン・ドラマ。
 フィラデルフィアの一流法律会社に務めるアンドリュー・ベケットは、ある日突然エイズと宣告され、ウィラー社長に解雇される。不当な差別に怒ったベケットは、損害賠償と地位の保全を求めて訴訟を決意。だが、次々と弁護を断わられた彼は、以前敵同士として渡り合ったやり手の弁護士ジョー・ミラーを訪ねる。ミラーはエイズに対して、抜きがたい恐怖を感じていた。●第66回アカデミー最優秀主演男優賞を受賞。

9404

ペリカン文書
The Pelican Brief
(米)

●アラン・J・パクラ
●ジュリア・ロバーツ(Darby Shaw)/デンゼル・ワシントン(Gray Grantham)/サム・シェパード(Thomas Callahan)/ジョン・リスゴー(Smith Keen)

 自分の書いた論文が、偶然にも政界の暗部を突いていたために国家的規模の陰謀に巻き込まれ、命を狙われる女子大生の危難を描いたサスペンス・ミステリー。「ザ・ファーム 法律事務所」のジョン・グリシャムの同名小説の映画化。
 ワシントンD.C.で、一夜のうちに2人の最高裁判事が暗殺された。なぜ彼らが殺害されたのかは謎だった。ニューオリンズの法学部の女子大生ダービー・ショウは事件に興味を覚え、ある仮説を打ち立ててレポートに書き上げた。彼女は恋人の大学教授キャラハンにレポートを渡すが、それを読んだ彼は驚き、友人のFBI特別法律顧問ヴァーヒークに渡す。

9404

ミセス・ダウト
Mrs. Doubtfire
(米)

●クリス・コロンバス
●ロビン・ウィリアムズ(Danie lHillard, Mrs.Doubtfire)/サリー・フィールド(Miranda Hillard)/ピアース・ブロスナン(Stu)/ハーヴェイ・フィアスティン(Frank)/ポリー・ホリディ(Gloria)

 離婚した父親が子供たちに会いたい一心で、女装して元妻の家庭へ家政婦として潜り込んでの騒動を描いたコメディ。アン・ファインの小説(邦訳・講談社文庫)の映画化。
 7色の声を使い分ける声優のダニエルは仕事中にボスともめ、クビになる。インテリアデザイナーの妻ミランダは、子供と遊ぶしか能のない夫にうんざり、ついに怒り爆発し、離婚を宣言する。

9404


トゥームストーン
Tombstone
(米)

●ジョージ・P・コスマトス
●カート・ラッセル(Wyatt Earp)/ヴァル・キルマー(Doc Holliday)/サム・エリオット(Virgil Earp)/ビル・パクストン(Morgan Earp)/ジョアナ・パクラ(Kate)/マイケル・ビーン(Johnny Ringo)/チャールトン・ヘストン(Henry Hooker)

 実在した西部開拓期の英雄、ワイアット・アープと親友ドク・ホリデイの戦いと友情を描いたウエスタン大作。「荒野の決闘」「OK牧場の決斗」など過去に幾度も映画化された題材を、今回は従来の解釈と異なり、わずか約2分間のOKコラルでの決闘描写をはじめ史実を重視して描いている。
 ゴールドラッシュの中で急速に栄えた町トゥームストーン。元保安官のワイアット・アープは、夫の身を案じて神経をすり減らし、薬漬けになった妻マティのために銃を捨て、平穏な暮らしを望んでこの町にやって来た。

9405

ニードフル・シングス
Needful Things
(米)

●フレイザー・クラーク・ヘストン
●エド・ハリス(Sheriff Alan Pangborn)/マックス・フォン・シドー(Leland Gaunt)/ボニー・ベデリア(Polly Chalmers)/J・T・ウォルシュ(Danforth KeetonIII)

 謎めいた老人によって次々と災厄をもたらされ恐怖に陥る町の人々の姿を、ブラックユーモア豊かに描いたホラー映画。原作はモダンホラー小説の大家スティーブン・キングで、キング作品でおなじみの架空の町、キャッスル・ロック(「デッドゾーン」や「スタンド・バイ・ミー」にも登場)を舞台にした長編小説Needful Thingsの映画化。
 秋の終わり、メイン州の小さな町キャッスル・ロックに、一軒の古道具が開店した。リーランド・ガーントと名乗る紳士的な老主人は、野球好きのブライアン少年、町の有力者で公金横領をしているダンフォース、はみだし者の中年男ヒューをはじめ訪れた客に次々と、彼らの一番欲しがっているものを無料で与え、代わりにある″悪戯″を指示する。

9405


RAMPO
(日)

● 黛りんたろう
●本木雅弘(明智小五郎)/竹中直人(江戸川乱歩)/羽田美智子(静子)/香川照之(横溝正史)/樹木希林(根津界隈の主婦、女中頭)/佐野史郎 (検閲課官吏)/岸部一徳(カフェの主人、帝室美術館門番)/高城淳一(執事藤森)/マルセ太郎 (円タクの運転士)/江戸家猫八(骨董屋主人)

 2バージョンで話題を呼んだ「RAMPO」の、最初に撮影されたもので、NHK「花の乱」などの演出家黛りんたろう監督作品。脚本は他のバージョンの監督奥山和由、黛、榎祐平の共同、撮影は森田富士郎が担当。
 昭和初期・東京。江戸川乱歩は発行人の横溝正史とともに、小説「お勢登場」の発禁処分を告げられる。そんなおり、根津界隈の骨董屋で、主人が長持ちの中で死ぬという、小説と奇妙なほど符合する事件が起きた。夫殺しの嫌疑をかけられた妻静子の姿を法事の日に見た乱歩はたちまち心魅かれる。

9406

メジャーリーグ2
Major Leage II
(米)

●デイヴィッド・ウォード
●チャーリー・シーン(Ricky Wild ThingVaughn)/トム・ベレンジャー(Jake Taylor)/コービン・バーンセン(Roger Dorn)/デニス・ヘイスバート(Pedro Carrano)/石橋貴明(Taka Tanaka)

 大リーグのお荷物球団クリーブランド・インディアンズの珍無類の活躍を描いた、野球コメディのヒット作「メジャーリーグ」(89)の続編。
 万年最下位から脱し、昨シーズンは奇跡の逆転優勝を遂げたインディアンズ。今年も期待がかかるが、ナインの様子が少しおかしい。

9406

わかれ路
Intersection
(米)

●マーク・ライデル
●リチャード・ギア(Vincent Eastman)/シャロン・ストーン(Sally Eastman)/マーティン・ランドー(Neal)/ジェニー・モリソン(Meaghan Eastman)

 妻と愛人の間で揺れ動き、人生の岐路に立って選択を迫られる男の姿を描いた恋愛映画。ポール・ギマールの小説 Les Choses de la vie(邦訳『わかれ路』)の映画化。
 著名な建築家ヴィンセント・イーストマンは、妻サリー(と13歳の娘ミーガンがありながら、今はコラムニストのオリヴィアと同棲している。

9406

天使にラブソングを2
Sister Act 2
(米)

●ビル・デューク
●ウーピー・ゴールドバーグ(Deloris)/キャシー・ナジミー(Sister Mary Patrick)/ジェームズ・コバーン(Mr.Crisp)/マギー・スミス(Mother Superior)

 歌って踊るエネルギッシュな修道女、デロリスの活躍を描くミュージカル・コメディ。93年の「天使にラブソングを」の続編。監督は、俳優でもある「ディープ・カバー」のビル・デュークに交代。
 セント・キャスリン修道院の尼僧たちが、クリスプ氏が理事長を務めるセント・フランシス高校で社会奉仕をする事になった。しかしそこは、構内暴力や非行が横行する問題校だった。

9406

冷たい月を抱く女
Malice
(米)

●ハロルド・ベッカー
●ニコール・キッドマン(Tracy)/アレック・ボールドウィン(Jed)/ビル・プルマン(Andy)/ピーター・ギャラガー(Dennis Riley)/ジョージ・C・スコット(Dr.Kessler)/アン・バンクロフト(Ms.kennsinger)

 ある夫婦と友人の医師3人が織りなす奇怪な事件の顛末を描いたスリラー。 女子大生を狙う連続レイプ殺人事件に悩む大学の学長補佐アンディは、大学付属病院の小児科でボランティアとして働く妻トレイシーと新婚生活を送っていた。夫妻は家の多額の修理費捻出のため、アンディの高校の同級生で天才的な医師ジェッドに部屋を貸した。

9406


ギルバート・グレイプ
What's Eating Gilbert Grape
(米)

●メイア・テペル
●ジョニー・デップ(Gilbert Grape)/ジュリエット・ルイス(Becky)/メアリー・スティーンバージェン(Mrs.Betty Garver)/レオナルド・ディカプリオ(Arnie Grape)

 肉体的、精神的に傷つきやすい家族を守って生きる青年の姿を通して、家族の絆、兄弟の愛憎、青春の痛み、そして未来への希望を描いた心優しきヒューマン・ドラマ。劇作家ピーター・ヘッジス初の小説を自身が脚色し、「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」『ワンス・アラウンド』などで知られるスウェーデン出身のラッセ・ハルストレムが監督。
 人口千人ほどの田舎町、アイオワ州エンドーラ。24歳のギルバート・グレイプの日々の生活は退屈なものだったが、彼には町を離れられない理由があった。知的障害を持つ弟アーニーと、17年前に突然、夫が首吊り自殺を遂げて以来、外出もせず一日中食べ続けたあげく、鯨のように太ってしまった母のボニーの面倒を、姉、妹とともに見なければなれなかった。

9408

ブロンクス物語 愛につつまれた街
A Bronx Tale
(米)

●ロバート・デ・ニーロ
●ロバート・デ・ニーロ(Lorenzo)/チャズ・パルミンテリ(Sonny)/ジョー・ペシ(Carmine)

 ロバート・デ・ニーロが初監督・製作・主演の3役を務め、彼が生まれ育った60年代のブロンクスを舞台に、ひとりの少年の成長と彼を取り巻く人間模様を描いた一編。同じくブロンクス出身の俳優チャズ・パルミンテリの一人芝居を、彼が映画用に書き改めた脚本にデ・ニーロが興味を示し、映画化。 1960年代のブロンクス。実直なバスの運転手ロレンツォの娘9歳のカロジェロにとって、この一帯を牛耳るマフィアのボス、ソニーは憧れの存在だった。ある日、ソニーが殺人する現場をただひとり目撃したカロジェロは、ソニーは面通しで犯人ではないと証言。以来、ソニーは彼をかわいがり、いろいろなことを教えてくれた。

9408

マーヴェリック
Maverick
(米)

●リチャード・ドナー
●メル・ギブソン(Bret Maverickk)/ジョディ・フォスター(Annabelle Bransford)/ジェームズ・ガーナー(Zane Cooper)/ジェームズ・コバーン(Commodore)

 自慢のカードさばきで開拓期の西部を渡り歩くギャンブラー、美貌の女スリ、謎の保安官の珍道中を、アクションとユーモア豊かに描いた西部劇。50年代の人気TVシリーズ『マーベリック』を企画も務めたメル・ギブソンの主演で映画化したもので、彼がパートナーのブルース・デイヴィーと主宰するアイコン・プロ作品。
 19世紀、開拓期の西部。賭博師のマーヴェリックは、4日後に開かれる史上最大のポーカー大会に出場するべく、参加費用の2万5千ドルを集めるのに躍起になっている最中、クリスタル・リヴァーの町を訪れた彼は、美貌の女ギャンブラー、アナベルと出会う。

9408


全身小説家
(日)

●原一男
●金久美子(母・たか子)/山本与志恵(祖母・サカ)/磯春陽(崔鶴代)/窪田匡哉(光晴(少年時代))/杉山裕哉(光晴(幼年時代))

 作家・井上光晴の〈虚構と現実〉を、彼が癌により死に至るまでの5年間を追い描いたドキュメンタリー。
 地の群れ」「虚構のクレーン」などで知られる戦後派の作家・井上光晴は、昭和52年に佐世保で文学伝習所を開いた。以後全国13ケ所に広がったその伝習所を中心に、彼は各地方で体当たりの文学活動を実践してきた。映画はその伝習所に集った生徒たちとの交流や、そして特に伝習所の女性たちが語るエピソード、文壇で数少ない交友を持った埴谷雄高、瀬戸内寂聴らの証言を通して、井上光晴の文学活動、〈生〉そのものを捉えていく。

9409

トゥルーライズ
True Lies
(米)

●ジェームズ・キャメロン
●アーノルド・シュワルツェネッガー(Harry Tasker)/ジェイミー・リー・カーティス(Helen Tasker)/ビル・パクストン(Simon)

 妻や子にも正体を隠し、家族思いの父親と凄腕の秘密諜報部員という二重生活を送るヒーローの珍無類の活躍を、アクションとユーモア豊かに描いたスパイアクション・コメディ。米海軍の協力でハリアー戦闘機の実機が使用されたのをはじめ1億2000万ドルの巨費を投じ、「ターミネーター2」のジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーが3度コンビを組んだ超大作。
 政府の最高機密機関オメガ・セクターの諜報員ハリー・タスカーは、相棒のギブと共に、スイスの兵器商人の邸宅からコンピュータ・ファイルの情報を奪うことに成功した。

9409

男が女を愛する時
When a Man Love a Woman
(米)

●ルイス・マンドーキ
●アンディ・ガルシア(Michel Green)/メグ・ライアン(Alice Green)/エレン・バースティン(Emily)/ゲイル・ストリックランド(Pam)

 全米で深刻な社会問題となっているアルコール中毒の増加を背景に、妻のアルコール中毒という障害を乗り越えて、本物の愛を勝ち取ろうとする夫婦の姿を描いたラブ・ストーリー
 教師をしていたアリスは、有能なパイロットのマイケルと再婚したが、夫はフライトで不在がちのため、彼女は酒で孤独を紛らわせるようになる。マイケルが異常に気付いたときは、すでに日常生活も困難な重度のアルコール中毒患者となっていた。マイケルはアリスをリハビリテーション・センターに入院させ、彼は仕事に加え、家事や育児の激務に神経をすり減らす。

9409


パルプ・フィクション
Pulp Fiction
(米)

●クエンティン・タランティーノ
●ジョン・トラヴォルタ(Vincent Vega)/サミュエル・エル・ジャクソン(Jules)/ユマ・サーマン(Mia)/ハーヴェイ・カイテル(The Wolf)/ティム・ロス(Pumpkin)/アマンダ・プラマー(Honey Bunny)/マリア・デ・メディロス(Fabienne)/ブルース・ウィリス(Butch)

 アメリカの低級犯罪小説であるパルプマガジン的なストーリーをコンセプトに殺し屋たちの話を3つの物語が交錯するように語られるヴァイオレンス・コメディ・ドラマ。
 ロサンゼルスの朝、コーヒーショップで不良カップルのパンプキンとハニー・バニーが突然立ち上がり強盗を始める。2人組ギャング、ヴィンセントとジュールスがボスの命令でだまし取られたスーツケースを取り返しに若いギャング団のアパートに車を走らせ、彼らを殺して出ていく。その頃ボクサー、ブッチ・クリッジがギャングのボス・マーセル・ウォレスから八百長の依頼金を受け取っていた。
●94年カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞受賞。

9410

依頼人
The Client
(米)

●ジョエル・シューマカー
●スーザン・サランドン(Reggie Love)/トミー・リー・ジョーンズ(Roy Foltrigg)/ブラッド・レンフロ(Mark Sway)

 偶然自殺の現場を目撃し、ある事件について″知りすぎた″少年が過去に傷を持つ女弁護士とともに様々な利害の渦巻く社会の中で戦っていくヒューマン・サスペンス。原作は最近立て続けに「ザ・ファーム 法律事務所」「ペリカン文書」が映画化されているジョン・グリシャム。
 11歳の少年マーク・スウェイは、ある午後、8歳の弟リッキーと一緒に近くの森に隠れてタバコを吸いに行く。そこで2人は偶然車の排気筒にホースをつなぎ自殺しようとしている男を目撃してしまった。

9410

居酒屋ゆうれい
(日)

● 渡邊孝好
●萩原健一(壮太郎)/山口智子(里子)/室井滋 (しず子)/三宅裕司(辰夫)/八名信夫(魚春)/橋爪功(佐久間)/豊川悦司(杉本延也)/尾藤イサオ(豊造)

 街のはずれにある小さな居酒屋を舞台に、主人と新妻、ユーレイとなった前の妻が繰り広げる恋を描くコメディ。山本昌代の同名小説(河出書房新社・刊)をの映画化。
 居酒屋「かづさ屋」の主人・壮太郎は妻・しず子が息を引き取る前に、決して再婚はしないと約束したのに、聡子と再婚してしまった。しず子はそれを恨んでこの世にゆうれいとして戻り、あなた、やっぱり嘘をついたのね、と壮太郎を問い詰める幽霊・しず子。

9410

忠臣蔵 四十七人の刺客
(日)

● 市川崑 
●高倉健(大石内蔵助)/中井貴一(色部又四郎)/宮沢りえ(かる)/岩城滉一(不破数右衛門)/宇崎竜童(堀部安兵衛)/松村達雄(堀部弥兵衛)/井川比佐志(奥田孫太夫)/山本學(吉田忠佐衛門)/神山繁(小野寺十内)/黒木瞳(きよ)

 大石内蔵助と吉良・上杉側の司令塔、色部又四郎との謀略戦争を軸に、内蔵助の人間像を追いつつ新しい視点で描いた忠臣蔵映画。従来の″忠臣蔵″の物語に、現代的な情報戦争、経済戦争の視点を当て実証的に描きベストセラーとなった池宮彰一郎の小説の映画化。
 播州赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助と上杉藩江戸家老・色部又四郎の戦いは、元禄14年3月14日江戸城柳の間にて赤穂城主浅野内匠頭が勅使饗応役高家・吉良上野介に対し刃傷に及んだ事件から始まった。

9410

あなたに降る夢
It Could Happen to You
(米)

●アンドリュー・バーグマン
●ニコラス・ケイジ(Charlie Lang)/ブリジット・フォンダ(Yvonne Biasi)

 善意の警官が当てた宝くじ400万ドルを巡って展開する騒動を軸に、人生の素晴らしさ人情の機微を描いた、ロマンティックヒューマン・コメディ。  ニューヨーク、クイーンズ区のパトロール警官、チャーリ ー・ラングは、下町の人気者。イヴォンヌ・ビアジは下町のコーヒーショップで働く、心根のいいウエイトレス。だが、別居中の夫エディの不始末を被って破産宣告を受けている身。ある日、イヴォンヌの店に立ち寄ったチャーリーは、チップの持ち合わせがなく、「持っていた宝くじが当たったら、賞金の半分を君にあげる」と約束する。なんと、そのくじが400万ドルという大金に当たった。

9410

カウガール・ブルース
Even Cowgirls Get The Blues
(米)

●ガス・ヴァン・サント
●ユマ・サーマン(Sissy Hankshaw)/ジョン・ハート(The Countess)/レイン・フェニックス(Bonanza Jellybean)/ノリユキ・パット・モリタ(The Chink)/キアヌ・リーヴス(Julian Gitche)/アンジー・ディッキンソン(Miss Adrian)/ショーン・ヤング(Marie Barth)

 巨大な親指を持った一人の女が既存の社会に捕らわれず、奔放な旅をするロード・ムービー。1976年にアメリカで出版され、カウンター・カルチャーの代表作として多くの賞賛を得たトム・ロビンスの同名小説の映画化。
 1950年代アメリカ。シシー・ハンクシャーは人一倍大きな親指を両手にもって生まれる。成長したある年のシシーの誕生日、大きな親指で優秀なヒッチハイカーになれるだろうと冗談で口にした言葉が彼女の心を捕える。

9410

ショート・カッツ
Short Cuts
(米)

●ロバート・アルトマン
●アンディ・マクドウェル(Ann Finnigan)/ブルース・デイヴィソン(Howard Finnigan)/ジャック・レモン(Paul Finnigan)/ジュリアン・ムーア(Marian Wyman)/マシュー・モディン(Dr. Ralph Wyman)/アン・アーチャー(Claire Kane)/フレッド・ウォード(Stuart Kane)/ジェニファー・ジェイソン・リー(Lois Kaiser)/クリストファー・ペン(Jerry Kaiser)

 アメリカのごく普通の住宅地を舞台に、些細なことから生じる人生の出会いと別れ、葛藤と和解、愛と裏切り、生と死などを、さまざまなエピソードで綴った一編。死の暗示を根底に置き、さながら、アメリカの市井に生きる人々の黙示録というべき人間絵巻となっている。22人の主要登場人物からなる9組の家族や友人たちの日常が、無数のエピソードで縦横に語られ、時にすれ違い、時に重なり合いながら、クライマックスに向かって進む複雑な構成の妙が圧巻。″アメリカのチェーホフ″と呼ばれ、アメリカで最も愛された作家のひとり、レイモンド・カーヴァーの9つの短編と一編の詩(村上春樹訳による中央公論社のカーヴァー全集に所収)を、「ザ・プレイヤー」でハリウッドに復帰した異才ロバート・アルトマンが監督。
 〈プロローグ〉ロスのとある住宅街。突如発生したメドフライという害虫を駆除するべく、夜間はヘリコプターの編隊が殺虫剤を散布しており、戦場の空爆を想起させる。地上では、さまざまな人々の生活が営まれている

9410


薔薇の素顔
Color of Night
(米)

●リチャード・ラッシュ
●ブルース・ウィリス(Bill Capa)/ジェーン・マーチ(Rose)/ルーベン・ブラデス(Martinez)/レスリー・アン・ウォーレン(Sondra)/スコット・バクラ(Bob Moore)

 猟奇連続殺人事件の中に、多重人格、パラノイア、バイ・セクシャル、性的倒錯などショッキングなテーマを散りばめて描いたサイコ・ミステリー。 ニューヨークの精神分析医キャパは、女性患者が彼のオフィスがある高層ビルから飛び下り自殺し、血の海に横たわる死体を見て以来、赤い色に拒絶反応を覚えてしまう。ショックから癒えぬ彼は、ロサンゼルスに住む同じ分析医のボブを訪れる。彼はセラピー・グループの患者たちを紹介した。

9411


34丁目の奇跡
Miracle on 34th Street
(米)

●レス・メイフィールド
●リチャード・アッテンボロー(Kriss Kringle)/エリザベス・パーキンス(Dorey Walker)/ディラン・マクダーモット(Bryan Bedford)/J・T・ウォルシュ(Ed Collins)

 本物のサンタクロースを自称する老人が巻き起こす騒動を通じて、夢を信じることのすばらしさをうたい上げたハートフル・リメイクドラマ。
 ニューヨーク西34丁目にある伝統と格式を誇る老舗デパートのコールズは、営業不振からランバーク社長率いるライバル・デパートに買収されようとしていた。クリスマス恒例の感謝祭パレードで雇ったサンタクロース役のトニーが酒に酔って、イベント責任者のドリーは困り果てる。そこへ白いひげの太った老人クリスが現われ、自分こそサンタクロースだと言い張り、観客の喝采を浴び・・・彼女はクリスを雇う。

9412

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアInterview With The Vampire
(米)

●ニール・ジョーダン
●トム・クルーズ(Lestat)/ブラッド・ピット(Louis)/アントニオ・バンデラス(Armand)/スティーブン・レイ(Santiago)/クリスチャン・スレーター(Malloy)/キルスティン・ダンスト(Claudia)

 吸血鬼に魅入られ、不老不死となった青年が遂げる数奇な運命を描いたホラー・ロマン。女性作家アン・ライスの代表作でカルト的な人気を誇る小説『夜明けのヴァンパイア』(早川書房)を、過去に何度も映画化が企画され、幾多の監督や俳優が候補に上ったが、いずれも実現しなかったものを、彼女自身の脚本で映画化。
 現代のサンフランシスコ。とある部屋で、マスコミでのし上がろうとする野心的な若者クリスが、漆黒の髪の美青年ルイへインタビューを始めたが、その内容は驚くべきものだった。

9412

コリーナ、コリーナ
Corrina, Corrina
(米)

●ジェシー・ネルソン
●ウーピー・ゴールドバーグ(Corrina Washington)/レイ・リオッタ(Manny Singer/ティナ・マジョリーノ(Molly Singer)/ジョーン・キューザック(Millie Jones)/ドン・アメチ (Granpa Harry)

 母の死に衝撃を受け口をきかなくなった少女と途方に暮れる父親。2人の家庭に颯爽と現われて持ち前の陽気さと機転、そして音楽への鋭い感性で明るく勇気づける家政婦の姿を、涙と笑い豊かに描いたヒューマン・ドラマ。 7歳のモリー・シンガーは、母親が死んだショックで口をきかなくなり、父親のマニーは途方に暮れる。彼は、仕事に出ている間に家事一般をこなし、モリーの面倒を見てくれる家政婦を捜し、面接に次ぐ面接で黒人女性のコリーナ・ワシントンを採用する。

9412

スピード
Speed
(米)

●ヤン・デ・ボン
●キアヌ・リーヴス(Jack Traven)/デニス・ホッパー(Howard Payne)/サンドラ・ブロック (Annie)/ジェフ・ダニエルズ(Harry)

 時限爆弾を抱え、猛スピードで疾走するバスの乗客を救うSWAT隊員の活躍を描いたノンストップ・アクション大作。
 ロサンゼルスの高層ビルのエレベーターが爆発し、10数名が宙づり状態のまま閉じ込められた。脅迫電話が警察に入り、要求に応じなければケーブルを爆破し乗客を皆殺しにするという。ロス警察SWAT隊の若き行動派、ジャックは、パートナーのハリーと共に全員を救出した。彼はビルに潜んでいた犯人のハワードと対峙するが、惜しくも逃げられる。数日後、ハワードは電話でジャックに「この前の仕返しに、市バスに爆弾を仕掛けた。

9412

今そこにある危機
Clear and Present Danger
(米)

●フィリップ・ノイス
●ハリソン・フォード(Jack Ryan)/ウィレム・デフォー(Clark)/アン・アーチャー(Cathy Ryan)ジョアキム・デ・アルメイダ(Felix Cortez)

 「レッド・オクトーバーを追え!」「パトリオット・ゲーム」に続き、CIAの情報アナリスト、ジャック・ライアンの活躍を描いた大型エンターテインメント・シリーズの第3弾。原作はトム・クランシーの小説『今、そこにある危機』(文藝春秋刊)。
 CIA情報担当官のジャック・ライアンはベネット大統領に、彼の親しい友人のハーディン一家が惨殺されているのが沿岸警備隊に発見され、逮捕された犯人2人がコロンビアの麻薬組織カリ・カルテルの人間であることを報告する。麻薬撲滅を公約してきた大統領は怒りをこらえ、「麻薬カルテルはアメリカにとり、今そこにある危機だ」と直ちに対処措置を厳命した。

9412