映画鑑賞
2004年
タイトル
監督・主演
内容
年月日

ミスティック・リバー
.MYSTIC RIVER
(米)
☆☆☆☆☆

●クリント・イーストウッド
●ショーン・ペン(ジミー・マーカム)/ケビン・ベーコン(ショーン・ディバイン)/ティム・ロビンス(デイブ・ボイル)/マーシャ・ゲイ・ハーデン(セレステ・ボイル)/ローレンス・フィッシュ・バーン( ホワイティ・パワーズ)/イーライ・ウォラック( 酒屋の店主ノンクレジット)

 米のベストセラー・ミステリー、デニス・ルヘインの同盟小説を映画化。  幼なじみだった3人の男の物語を、重厚なタッチで描く。
 近所で、年齢も近い3人の少年ジミー、ショーン、デイブは、よく一緒に遊んでいた。ある日、刑事の風体をした2人の男にデイブだけが連れ去られ、4日間監禁され性的暴行を受けた。その事件を境に疎遠になった3人は、同じ町に暮らしながらほとんど話すことさえなくなってしまった。そして25年後、雑貨店を経営するジミーの19歳の長女が射殺体で発見され、今は殺人課の刑事
になったショーンが、相棒のホワイティと捜査に当たることになる。そして、容疑者としてデイブが浮上するが……。
●76回アカデミー賞主演男優賞(ショーン・ペン)、助演男優賞(ティム・ロビンス)

0401

半落ち
(日)
☆☆☆

●佐々部清
●寺尾聡(梶聡一郎)/原田美枝子(梶啓子)/柴田恭平(志木和正)/吉岡秀隆(藤林圭吾)/鶴田真由(中尾洋子)/伊原剛志( 佐瀬銛男)/西田敏行

 横山秀夫のベスト・セラー・ミステリー(「このミス」1位)の映画化。  現役警察官で元敏腕刑事の梶が、アルツハイマーの妻を殺害し出頭してきた。県警本部は世間の批判をおそれ、妻の自身の殺害依頼による嘱託殺人として早く処理しようとしたが、妻を殺害してから出頭するまでの間に空白の2日間があり、梶はがんとしてその2日間について話そうとしなかった   

0401


タイムライン
TIMELINE
(米)
☆☆

●リチャード・ドナー
●ビリー・コノリー(エドワード・ジョンストン教授)/ポール・ウォーカー(クリス・ジョンストン)/フランシス・オコナー(ケイト・エリクソン)/ジェラルジ・バトラー(アンドレ・マレク)

 「ジュラシック・パーク」のマイケル・クライトンの人気小説の映画化。   フランス南西部の中世の遺跡を発掘調査しているある大学のチーム。
そのボスであるジョンストン教授はある日、発掘のスポンサーであるITC社を訪ねたきり戻ってこない。ちょうどそのころ、発掘現場からその時代にはないはずの眼鏡のレンズが発見された。そして一緒に発見されたバビルスに、教授の字で「たすけてくれ」と書かれていた。分析の結果、間違いなく650年ほど前に書かれたものだった。教授の息子クリスは、女性研究員のケイト、助教授のマレクらとともに謎を明らかにするため、ITC社へ向かうが…。

0402

シービスケット
SEABISCUIT
(米)
☆☆☆☆

●ゲイリー・ロス
●トビー・マグワイア(ジョニー・レッド・ポラード)/ジェフ・ブリッジス(チャールズ・ハワーズ)/クリス・クーパー(トム・スミス)/エリザベス・バンクス(マーセラ・ハワーズ)

 原作はローラ・ヒレンブランドのベストセラー・ノンフィクション小説『シービスケット あるアメリカ競走馬の伝説』。世界恐慌下のアメリカで、一頭の競走馬に全てを賭けた3人の男たちの人生をドラマチックに描いた勇気と感動のヒューマン・ドラマ。
 1929年10月、アメリカは株の大暴落で大恐慌時代に陥った。それまで自動車ディーラーとして成功を収めていたハワードは、最愛の息子を交通事故で亡くし、妻にも去られてしまった。そんな彼は1933年、運命的に出会った女性マーセラと結婚。そして、乗馬の愛好家である彼女に影響を受け、競馬の世界に傾倒していく。

0402


ペイチェック 消された記憶 PAYCHECK
(米)

●ジョン・ウー
● ベン・アフレック(マイケル・ジェニングス)/アーロン・エッカート/ユマ・サーマン 

 近未来SFサスペンス。「マイノリティ・リポート」の原作者フィリップ・K・ディックの短編小説を「M:I−2」「フェイス/オフ」のジョン・ウー監督映画化。近未来。
 多額の報酬と引き替えに3年間の記憶を消された男が、陰謀に巻き込まれたことを知り、真実と失われた記憶を取り戻すため奔走するフリーのコンピュータ・エンジニア、マイケル・ジェニングスはハイテク企業と短期間の契約を結び、極秘プロジェクトに参加することで常に高い報酬を得ていた。

0403

マスター・アンド・コマンダー
MASTER AND COMMANDER
(米)
☆☆☆

● ピーター・ウィアー
●ラッセル・クロウ/ポール・ベタニー/マックス・パーキス/ジェームズ・ダーシー/マックス・ベニッツ

 広大無辺な洋上を舞台に、伝説的艦長と少年兵士たちの絆と成長を迫力の映像で描いたスペクタクル・アドベンチャー。全20巻からなるパトリック・オブライアンの世界的ベストセラー海洋歴史冒険小説、“オーブリー&マチュリン”シリーズから第10作目『南太平洋、波瀾の追撃戦』を軸に映画化   1805年、英国海軍サプライズ号は、ヨーロッパ征服を狙うナポレオンの前に多くの兵士の命が犠牲となった。窮地に立つ英国軍が、一人の艦長のもとへ送り込んだのはまだ幼い少年たちであった…。

0403


デイ・アフター・トゥモロー
THE DAY AFTER TOMORROW
(米)
☆☆☆

●ローランド・エメリッヒ
●デニス・クエイド(ジャック・ホール)/ジェイク・ギレンホール(サム・ホール)/イアン・ホルム (学者)/エミー・ロッサム(ローラ)

 「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ監督が、様々な研究成果を基に、地球温暖化により近い将来引き起こされるといわれる地球崩壊への道のりを描いたパニック超大作。
 二酸化炭素の大量輩出は依然として止まるところを知らず、それに伴う温暖化は日に日に深刻さを増していた。南極の氷河を研究する古代気象学者のジャック・ホール教授は、自らの調査結果から地球の危機を予見、科学者を集め緊急会合を開き地球規模の“スーパー・ストーム”が出現すると警告する。やがてそれは現実となり、巨大な竜巻がLAを襲い、一方のニューヨークでは巨大な高波が街を呑み込もうとしていた。

0405

ビッグ・フィッシュ
BIG FISH
(米)
☆☆

●ティム・バートン
●ビリー・クラダップ(ウィル・ブルーム)/ユアン・マクレガー(若き日のエドワード・ブルーム)/アルバート・フィニー(エドワード・ブルーム)/マリオン・コティヤール(ジョセフィーン)/ジェシカ・ラング ( サンドラ・ブルーム)/ヘレナ・ボナム=カーター(魔女)/

 お伽話のように奇想天外な人生を振り返る父とその息子の絆を描いた心暖まるファンタジー・ドラマ。
 ウィル・ブルームは自分の結婚式でも大げさなホラ話を来客に自慢げに語る父エドワード・ブルームとケンカし、以後3年間ほとんど口を利いていなかった。そんなある日、父が倒れたことを知らされ、妊娠中の妻ジョセフィーンと共に実家に帰る。

0405

レディキラーズ
THE LADYKILLERS
(米)

●イーサン・コーエン&ジョエル・コーエン
●トム・ハンクス(教授)/イルマ・P・ホール( マンソン夫人)/ライアン・ハースト( ランプ)マーロン・ウェイアンズ(ガウェイン)/J・K・シモンズ(パンケイク)/ツィ・マー( 将軍)

 犯罪の達人たちがひとりの老婦人に翻弄されるクライム・コメディ。55年作品「マダムと泥棒」をシニカルなテイストでリメイク。
 完全犯罪を目論みながら頑固な老婦人に掻き回される泥棒集団をユーモラスに描く。犯罪史上、最高の頭脳を持つ男――《教授》。完璧だった彼の人生は、たったひとりの老婦人のせいでフルスピードで破滅していく。

0405


ブラザー・フッド
TAEGUKGI BROTHERHOOD
(韓)
☆☆

●カン・ジェギュ
●チャン・ドンゴン(ジンテ)/ウォンビン(ジンソク)/イ・ウンジ(ヨンシン)

 突如勃発した朝鮮戦争の歴史の波に翻弄される兄弟の悲痛な運命を、壮大なスケールで描いた感動の戦争超大作。
 1950年、韓国ソウル。弟を大学に進学させるため靴磨きをしているイ・ジンテは、その弟で高校生のイ・ジンソク、幼い兄弟たちと貧しいながらも仲むつまじく暮らしていた。しかし、6月25日、突如として北朝鮮が38度線を越えて南に侵入、朝鮮戦争が勃発したことで兄弟二人とも戦場へ送られる。

0406

白いカラス
HE HUMAN STAIN
(米)
☆☆☆☆

●ロバート・ベントン
●アンソニー・ホプキンス( コールマン・シルク教授)/ニコール・キッドマン(フォーニア・ファーリー)/エド・ハリス(レスター・ファーリー)/ゲイリー・シニーズ( ネイサン・ザッカーマン

 アメリカの人種問題の複雑さがテーマ。偶然の出会い、互いが抱えた辛い過去を解き放っていく男女を描いたヒューマン・ドラマ。ピュリッツアー賞作家フィリップ・ロスのベストセラー『ヒューマン・ステイン』を映画化。 1998年、米マサチューセッツ州。名門アテナ大学の学部長コールマンは、ユダヤ人初の権威ある古典教授だった。だがある日の講義中に発した“スプーク”という一言が黒人学生への差別発言として波紋を呼び、辞職に追い込まれる。更にはこれにショックを受けた妻が間もなく亡くなってしまう。それ以来、怒りと失意の日々を送るコールマン。

0406


スパイダーマン2
SPIDER-MAN 2
(米)
☆☆☆

●サム・ライミ
●トビー・マグワイア( ピーター・パーカー/スパイダーマン)/キルステン・ダンスト(メリー・ジェーン・ワトソン)/アルフレッド・モリナ(  オットー・オクタビアス/ドック・オク)/ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボーン)

 2002年、世界中で空前の大ヒットを記録。その後のアメコミヒーロー・ブームを決定づけたエンターテインメント超大作「スパイダーマン」続編。   あのグリーン・ゴブリンとの死闘から2年、ピーターは新聞社へ写真を売り込みながら大学生活を送る一方、スパイダーマンとしてニューヨークの街を守っていた。しかし、愛するメリー・ジェーンは念願の舞台女優になったことで少しずつ距離ができ、親友のハリーは亡き父の会社の跡を継ぎつつ仇を取るためスパイダーマンへの復讐に燃えていた。複雑な人間関係に悩みが増すばかりのピーター。

0407


モナリザ・スマイル
MONA LISA SMILE
(米)

●マイク・ニューウェル
●ジュリア・ロバーツ(キャサリン・ワトソン)/キャサリン・ワトソン()/キルステン・ダンスト(ベティ)/マギー・ギレンホール(ジゼル)/ジニファー・グッドウィン(コニー)/ジュリア・スタイルズ(ジョーン)/ドミニク・ウェスト(ビル)/ジュリエット・スティーヴンソン(アマンダ)/マーシャ・ゲイ・ハーデン(ナンシー)

 名門女子大学にやってきた進歩的な女性教師、伝統を重んじる生徒が少しずつ学園に変化をもたらしていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。
 1953年、ニューイングランド地方。名門女子大、ウェルズリー大学に女性教師キャサリンがカリフォルニアから赴任してくる。彼女は美術史の助教授として就任し、優秀だが米国一保守的といわれるこの大学に自立心を育てるなどの教育方法で新しい風を吹き込もうと意気込んでいた。

0408


アイ,ロボット
I,ROBOT
(米)
☆☆☆

● アレックス・プロヤス
● ウィル・スミス(デル・スプーナー刑事)/ブリジット・モイナハン(スーザン・カルヴィン博士)/ブルース・グリーンウッド(ランス・ロバートソン)/チー・マクブライド(ジョン・バーギン副署長)/アラン・テュディック(サニー)

西暦2035年。家庭用新型ロボットNS−5の発売を目前に控えたUSロボティック社で、ロボット工学の第一人者、ラニング博士が謎の死を遂げる。シカゴ市警のスプーナー刑事(ウィル・スミス)は、博士の死をロボットの仕業と読むが、主任のロボット心理学者カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)は『ロボット3原則』を掲げ、人間に危害を加える可能性を全面否定する。そこへ、一体のNS−5が動き出した。それは、3原則をプログラムされていない『特別な』ロボットだった。

0409

トゥー・ブラザース
(米)
TWO BROTHERS
☆☆☆☆☆

●ジャン=ジャック・アノー
●ガイ・ピアース/ジャン=クロード・ドレフュス/フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー/フレディー・ハイモア

1920年代のカンボジア、アンコールワット遺跡。そこで2頭の虎が結ばれ、2匹の兄弟虎が生まれた。ところが、遺跡の彫像を盗みに来ていたイギリス人の冒険家でハンターのエイダン・マクローリー(ガイ・ピアース)率いる一隊に見つかり、父虎は射殺、わんぱくな子虎を捕まえる。やがてクマルと名付けられた子虎はサーカスへ売られる。一方おとなしかった子虎は母虎と生き別れ、フランス高官の家に引き取られサンガと名付けられる。

0409

ヴァン・ヘルシング
(米)
☆☆

●スティーヴン・ソマーズ
●ヒュー・ジャックマン(ヴァン・ヘルシング)/ケイト・ベッキンセイル(アナ王女)/リチャード・ロクスバーグ(ドラキュラ伯爵)/デヴィッド・ウェンハム(カール)/シュラー・ヘンズリー(フランケンシュタイン)

1890年、パリにいたヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)はバチカンに呼び戻され、ドラキュラ(リチャード・ロクスバーグ)を倒せとルーマニアのトランシルバニアに派遣される。そこで、武器発明のエキスパート、カール(デヴィット・ウェンハム)を連れて向かうと、代々ドラキュラと戦ってきたヴァレリアス一族のアナ王女(ケイト・ベッキンセール)が待ち受けていた。そこへ3人のドラキュラの花嫁たちが襲いかかってくる。

0409


シークレット・ウインドウ
(米)
VAN HELSING

●デヴィッド・コープ
●ジョニー・デップ(モート・レイニー)/ジョン・タートゥーロ/マリア・ベロ(妻エイミー) /ティモシー・ハットン(テッド)/チャールズ・ダットン

スティーヴン・キングの『秘密の窓、秘密の庭』を基に『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のジョニー・デップを主演に迎えて描く戦りつのミステリー。監督は『パニック・ルーム』や『スパイダーマン』で脚本を務めたデビッド・コープ。脇を固める俳優もジョン・タトゥーロやマリア・ベロらの個性派ぞろい。最後まで予測不可能な結末は、キングの原作とは異なる新たな衝撃。

0410

血と骨
(日)
☆☆☆

●崔洋一
●ビートたけし(金俊平)/新井浩文(正雄)/田畑智子(花子)/オダギリジョー(朴武)/松重豊(高信義) /中村優子(清子 )/唯野未歩子(春美)/濱田マリ(定子)/柏原収史(張賛明)/塩見三省/北村一輝(元山)/國村隼/鈴木京香(鈴木京香)

1923年。一旗揚げることを夢見て祖国を後にし、済州島から大阪に渡ってきた金俊平。腕のいい蒲鉾職人であった俊平は、やがて自分の蒲鉾工場を立ち上げて成功する。しかし金銭へのあくなき執着から、やがて高利貸しへと転じる。何度も直面するままならない境遇を、強靭な肉体と知恵でたくましく生き抜く俊平。しかし、その並外れた凶暴さと強欲さは、周囲の人間たちをも巻き込み、数奇な運命へと導いていく。生涯誰にも心を開かず、凄まじい孤独の中に生きた男は、その果てに一体何を見たのか?
凶暴、強欲、絶倫、吝嗇。信じるのは自分の肉体のみであり、人間の持つ常識や道徳の欠片すらもたない欲望の化身、金俊平と息子・正雄との壮絶な対立と葛藤。そして夫の呪縛の中で子供を守り、凛として生きる女・英姫の波瀾に満ちた一生。戦中・戦後に生きる人々のありのままの姿が、ユーモラスかつ神話的豊饒を持って活写される。

0411

 

コラテラル
COLLATERAL
(米)
☆☆☆

●マイケル・マン
●トム・クルーズ(ヴィンセント)/ジェイミー・フォックス(マックス)/ジェイダ・ピンケット=スミス/マーク・ラファロ/ピーター・バーグ

トム・クルーズが銀髪に不精ひげという風貌で、従来のイメージを覆す悪役を演じたクライム・スリラー。夜の大都会の片隅に、狙った獲物は逃さないプロの殺し屋と、その巻き添え=コラテラルとなるタクシー運転手が出会ったとき、互いの人生を削り合う壮絶なドラマが浮かび上がる。
特撮やギミックに頼らず、あくまでも生身の人間を正攻法で捉えるマン・タッチは今作でも健在。わずか一夜の出来事によって人生を大きく変えてゆく2人の男の対立と葛藤を、フィルム・ノワールの手法を借りながら、緊張みなぎるスリラーにまとめ上げている。

0411

隠し剣 鬼の爪
(日)
☆☆

●山田洋次
●永瀬正敏(片桐宗蔵)/松たか子(きえ)/吉岡秀隆/小澤征悦(弥市郎)/田畑智子(志乃)/高島礼子/倍賞千恵(母)/緒形拳

幕末の東北。海坂藩の平侍片桐宗蔵は、母と妹の志乃、女中のきえと、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、やつれ果てたきえを背負い連れ帰る。その頃、藩に大事件が起きた。かつて、宗蔵と同じ剣の師範に学んだ狭間弥市郎が、謀反を起こしたのだ。宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられる…。アカデミー外国語映画賞にノミネートされた『たそがれ清兵衛』から2年、山田洋次監督が、再び藤沢周平の小説をスクリーンに映し出した。原作は、隠し剣シリーズの「隠し剣鬼ノ爪」と、男女の愛を描いた短編「雪明かり」を組み合わせたもの

0411

パニッシャー
punisher
(米)

●ジョナサン・ヘンズリー
●トーマス・ジェーン、ジョン・トラヴォルタ、ウィル・パットン、ロイ・シャイダー、ローラ・エレナ・ハリング、ベン・フォスター、サマンサ・マシス

FBIの潜入捜査官フランクの働きによって、密輸組織を暴くことができたのだが、現場にいた犯人の一人が死亡してしまう。彼を溺愛していた父は、悪名高いハワード・セイント。フランクのことを調べ上げたセイントは、彼に、彼の家族に復讐した。愛する家族を失ったフランクは、セイントが罪に問われないことから、自らが制裁することに・・

0411


ターミナル
THE TERMINAL・
(米)
☆☆☆☆

●スティーヴン・スピルバーグ
●トム・ハンクス(ビクター・ナボルスキー)/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(アメリア・ウォーレン)/スタンリー・トゥッチ(フランク・ディクソン)/チー・マクブライド(ジョー・マルロイ)

スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスが三たび顔を合わせたヒューマン・ドラマ。突然の祖国消滅により出入国を禁じられ空港内で生活する羽目になった男が、ある約束を果たす機会を待ちわびながら周囲の人々とほのぼのとした交流を深めていく姿をユーモアを織り交ぜ綴る。
 ニューヨーク、JFK国際空港。この日、ビクター・ナボルスキーは、はるばる東ヨーロッパのクラコウジアという小国からある大事な約束を果たすためにやって来た。だが、いざ入国しようとした矢先、彼の国でクーデターが発生し、事実上国家が消滅してしまう。これによってパスポートが無効となった彼は、アメリカへの入国を拒否される。しかも情勢が安定するまでは帰国することもできず、空港内に完全に足止めされてしまう。英語も分からず通貨も持っていない彼は、やむを得ずこのターミナルの中で寝起きしながら事態が改善するのを待つのだったが…。

0412

Mr.インクレディブル
THE INCREDIBLES
(米)
☆☆☆☆☆

●ブラッド・バード
●声:クレイグ・T・ネルソン(Mr.インクレディブル)/ホリー・ハンター(インクレディブル夫人)/サミュエル・L・ジャクソン(フロゾン)/ジェイソン・リー(ンドローム)/ブラッド・バード(エドナ・モード)

「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」「ファイディング・ニモ」など数々のメガ・ヒット作を世に送り出してきたピクサー&ディズニー共同による長編フルCGアニメの第6弾。ピクサー初の人間キャラクターを主人公に据え、引退したスーパー・ヒーローとその愛する家族が世界の命運をかけて立ち上がる姿をユーモラスかつハートフルに描く。監督は「アイアン・ジャイアント」のブラッド・バード。
 かつては世界の危機をいくつも救ってきたスーパー・ヒーローたちだったが、15年前にその桁外れの破壊力が問題視されて以来、スーパー・ヒーローとして活動することを禁じられていた。いまでは正体を隠し一般市民として暮らし、その大きな身体を持て余し気味のMr.インクレディブルもそんな元スーパー・ヒーローの一人。

0412