映画鑑賞
2009年
1987年  1988年  1989年
1990年  1991年  1992年  1993年  1994年  1995年  1996年  1997年  1998年  1999年  2000年
 
2001年  2002年  2003年  2004年  2005   2006  2007年  2008年  2009年
  
2010年  2011年   2012年
タイトル
監督・主演
内容
年月日
211

社長太平記
(米)
☆☆☆
95分 コメディ

監督: 松林宗恵
脚本: 笠原良三
撮影: 玉井正夫
音楽: 宅孝二
助監督: 古沢憲吾
出演: 森繁久彌/小林桂樹 /加東大介 /三木のり平/ 三好栄子/久慈あさみ/英百合子/団令子/藤間紫/淡路恵子/水野久美/笹るみ子/久保明

★俺が中三のころのお正月映画だ・・・明るい陽気・・・こんな時代が良かった。

1959
1959/01/03
2009/12/14

210

イングロリアス・バスターズ
INGLOURIOUS BASTERDS
(米)
☆☆☆☆☆
152分 アクション/戦争 R15+

監督: クエンティン・タランティーノ
脚本: クエンティン・タランティーノ
撮影: ロバート・リチャードソン
ナレーション: サミュエル・L・ジャクソン(クレジットなし)
出演: ブラッド・ピット (アルド・レイン中尉)/マイク・マイヤーズ(エド・フェネシュ将軍)/
(ゲスト出演)
ダイアン・クルーガー (ブリジット・フォン・ハマーシュマルク)/クリストフ・ヴァルツ(ハンス・ランダ大佐)/メラニー・ロラン (ショシャナ・ドレフュス)/ダニエル・ブリュール (フレデリック・ツォラー)/ジュリー・ドレフュス(フランセスカ・モンディーノ)/ロッド・テイラー(ウィンストン・チャーチル)

「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が復讐劇をテーマに描く痛快アクション・エンタテインメント大作。第二次大戦下のフランスを舞台に、ナチスに家族を殺されたユダヤ人女性と、情け容赦ないナチ狩りで恐れられるユダヤ系アメリカ人部隊“バスターズ”が繰り広げる壮絶かつ壮大な復讐の行方を、タランティーノならではの映画愛あふれる演出でスリリングに綴る。
★イントロにかぶさる「遙かなるアラモ」で飛び上がるほどの驚かされた、と思う魔もなく次のシーンでは「エリーゼのために」がそっとピアノで演奏されると、いつか聞いたことがある曲想に展開、その後もあらゆるシーンんに聞き覚えのある曲が????後で調べたら、全ての曲がサントラで、モリコーネの曲が多用されているという、異色に驚いた。
それにしても最高ですよこの映画、タランティーノ節は相変わらずだが、ひと味どころか数倍味に仕上がっている。俺の知り合いがすでに二度も観たというのもうなずける
●2009年カンヌ国際映画祭 ■男優賞 クリストフ・ヴァルツ

2009
2009/11/20
2009/12/14

吉祥寺東亜

209

ショウタイム
SHOWTIME
(米)
☆☆☆☆
95分 アクション/コメディ

監督: トム・デイ
脚本: キース・シャロン/アルフレッド・ガフ/マイルズ・ミラー 撮影: トーマス・クロス
音楽: アラン・シルヴェストリ
出演: ロバート・デ・ニーロ (ミッチ・プレストン)/エディ・マーフィ(トレイ・セラーズ)/ レネ・ルッソ(チェイス・レンジー)/ペドロ・ダミアン/モス・デフ/ケン・ハドソン・キャンベル/フランキー・フェイソン /ウィリアム・シャトナー

ロバート・デ・ニーロ、エディ・マーフィという2大スター初共演のアクション・コメディ。全くタイプの異なる刑事と巡査が、警察のイメージアップのため、捜査中継番組の主役として無理やりコンビを組まされたことから巻き起こる騒動をパワフルに描く。監督は「シャンハイ・ヌーン」のトム・デイ。
★ま〜二大俳優共演であたった試しがない・・・のは解っていたけど。娯楽ですよね

2002
2002/11/16
2009/12/12

208

100万ドルの血斗
BIG JAKE
(米)
☆☆
110分  西部劇

監督: ジョージ・シャーマン
脚本: ハリー・ジュリアン・フィンク/R・M・フィンク
撮影: ウィリアム・クローシア
音楽: エルマー・バーンスタイン
出演: ジョン・ウェイン/モーリン・オハラ/ボビー・ヴィントン/ブルース・キャボット/グレン・コーベット/リチャード・ブーン/パトリック・ウェイン/ハリー・ケリー・Jr

誘拐された孫のため、犯人の無法者一味を追い詰めるJ・ウェインの活躍を描いたウェスタン。大牧場主の孫がさらわれ、犯人は100万ドルの身代金を要求した。怒りに燃えた牧場主は仲間を率いて無法者たちに逆襲。J・ウェインの実の息子パット・ウェインが共演。 ★ジョン・ウェイン晩年作品と言うこともあり、どんなに男を見せつけても、だるい。小原も女っぷりがすっかり下がっていて残念。マウンテン・バイクが突っ走るウェスタンも如何なものか?

197
1971/11/
12009/12/12

207

象の背中
(日) 松竹
☆☆☆☆
124分 ドラマ

監督: 井坂聡
原作: 秋元康 『象の背中』(産経新聞出版刊)
脚本: 遠藤察男
撮影: 上野彰吾
音楽: 千住明
主題歌: ケミストリー 『最期の川』
出演: 役所広司(藤山幸弘)/ 今井美樹(妻・和子)/ 塩谷瞬 (息子・俊介)/南沢奈央(娘・はるか)/井川遥(愛人・青木悦子)高橋克実(旧友・ 佐久間清)/白井晃 (担当医・松井)/益岡徹 (会社同僚・城山)/手塚理美(初恋の人・ 福岡美兄・藤山幸一)/

秋元康の同名小説を役所広司と今井美樹の共演で映画化した感動のヒューマン・ドラマ。充実した人生を送っていた最中に突然余命半年と宣告された主人公が決断した最期の迎え方と、それを支える家族の絆、夫婦愛を綴る。監督は「g@me.」の井坂聡。
★映画って泣けりゃぁいいてもンじゃなかろうが、が持論の俺。泣けた心底泣けた。映画でこんなに泣いた記憶にない、ホームシアターで良かったぞう、俺も涙もろくなったもんだ。

2007
2007/10/27
2009/12/

206

さよならエマニエル夫人
GOOD-BYE, EMMANUELLE
(仏)

98分 エロティック

監督: フランソワ・ルテリエ
脚本: フランソワ・ルテリエ/モニク・ランジェ
撮影: ジャン・バダル
音楽: セルジュ・ゲンズブール
出演: シルヴィア・クリステル/ウンベルト・オルシーニ/アレクサンドラ・スチュワルト/ジャン=ピエール・ブーヴィエ

S・クリステルをスターダムに押し上げたシリーズの、とりあえずの最終編。
★ セルジュ・ゲンズブールの曲がエロチックを盛り上げていて気持ちいい。この後、シリーズはリニューアルされて続行されるが、いかがなものでしょう?

1977
1977/12/
2009/12/6

205

リリア 4-ever
LILJA 4-EVER
LILYA 4-EVER
(スエーデン、デンマーク)
☆☆☆
105分  ドラマ

監督: ルーカス・ムーディソン
脚本: ルーカス・ムーディソン
撮影: ウルフ・ブラントース
音楽: ネイサン・ラーソン
出演: オクサナ・アキンシナ/アルチオン・ボグチャルスキー/エリーナ・ベニンソン/リリア・シンカレヴァ

旧ソ連とスウェーデンを舞台にした(現実に行われている)売春奴隷犯罪について真正面から描いた映画である。監督・脚本はルーカス・ムーディソン。主演の少女は無名の子を使った。内容があまりにもショッキングなので、各国で上映禁止になった。
日本では劇場未公開のまま、シネフィル・イマジカの放送により紹介され反響を呼んだ。 ★かなり痛い映画だが、最後まで一気に観賞した

2002
2002/8/23
2009/12/5

劇場未公開

204

ミルク
MILK
(米)
☆☆☆☆1
128分  PG-12 ドラマ/伝記

監督: ガス・ヴァン・サント
脚本: ダスティン・ランス・ブラック
撮影: ハリス・サヴィデス
音楽: ダニー・エルフマン
出演: ショーン・ペン (ハーヴィー・ミルク)/エミール・ハーシュ (クリーヴ・ジョーンズ)/ ジョシュ・ブローリン (ダン・ホワイト)/ ジェームズ・フランコ (スコット・スミス)/ディエゴ・ルナ (ジャック・リラ)/ アリソン・ピル (アン・クローネンバーグ)/ルーカス・グラビール(ダニー・ニコレッタ)/ヴィクター・ガーバー( モスコーニ市長)

らゲイであることを公表し、ゲイをはじめあらゆるマイノリティの社会的地位向上のために立ち上がった伝説の活動家ハーヴィー・ミルクの波乱に富んだ後半生を描く伝記ドラマ。 ★

2008
2009/04/18
2009/12/5

203

ピクニック
PICNIC
(米)
☆☆
113分 ドラマ/ロマンス

監督: ジョシュア・ローガン
原作: ウィリアム・インジ
脚本: ダニエル・タラダッシュ
撮影: ジェームズ・ウォン・ハウ
作曲: ジョージ・ダニング
音楽監督: モリス・W・ストロフ
出演: ウィリアム・ホールデン/キム・ノヴァク/スーザン・ストラスバーグ/ロザリンド・ラッセル/ベティ・フィールド/エリザベス・ウィルソン/アーサー・オコンネル/ニック・アダムス/クリフ・ロバートソン

たった一日のできごとで駆け落ちにまで発展してしまうわけだが、賑やかで幸福な町中あげてのピクニックの情景はそれだけで映像的に楽しめる。
★ノーマン・ロックウェルの画の世界が、動いているような錯覚に陥るほど、ファンションなどなど良き時代のアメリカが鮮明に描かれている。が、映画はそれほどでも・・・

1955
1956/03/
2009/12/3

202

アメリ
LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN AMELIE
AMELIE FROM MONTMARTRE
(仏)
☆☆☆☆
120分 コメデ/ロマンス/ファンタジー

監督: ジャン=ピエール・ジュネ
脚本: ジャン=ピエール・ジュネ/ギョーム・ローラン
撮影: ブリュノ・デルボネル
音楽: ヤン・ティルセン
ナレーション: アンドレ・デュソリエ
出演: オドレイ・トトゥ(アメリ)/マチュー・カソヴィッツ (ニノ)/ヨランド・モロ/ジャメル・ドゥブーズ/イザベル・ナンティ/ドミニク・ピノン/リュファス

「ロスト・チルドレン」「エイリアン4」のジャン=ピエール・ジュネ監督が、空想好きのちょっと変わった女の子の恋の道行きを、遊び心いっぱいに描いた心暖まるコメディ。
★TUTAYA ディスカス入会初のお届け便は、何回観たら気が済むのだと自分に言い聞かせつつ最後まで観賞。彼女もどんどん老けていって入るのに観れば見るほど オドレイ・トトゥに惚れ込んでゆく。

2001
2001/11/17
2009/12/2

201

心中天網島
(日) ATG
103分 ドラマ/ロマンス/時代劇

監督: 篠田正浩
原作: 近松門左衛門
脚本: 富岡多恵子/武満徹/篠田正浩
撮影: 成島東一郎
美術: 栗津潔
編集: 篠田正浩
音楽: 武満徹
出演: 岩下志麻(おさん、小春)/中村吉右衛門(紙屋治兵衛)/小松方正(太兵衛)/滝田裕介( 孫右衛門)/藤原釜足(大和屋)/ 加藤嘉(五左衛門)/河原崎しづ江(おさんの母)/左時枝(お杉)/日高澄子(女将)/浜村純(黒衣頭)/

近松門左衛門の同名原作を斬新な演出で映画化した篠田正浩監督初期の傑作。
★詩人の富岡多恵子、音楽家の武満徹が共同脚本に当たり、先年亡くなった 栗津潔が美術を担当している・・・時代を感じさせるし、すごくへぇ〜〜〜とんがってるな〜〜

1969
1969/05/24
2009/11/30

200

花実のない森
(日)
☆☆☆☆
89分 ミステリー

監督: 富本壮吉
原作: 松本清張
脚本: 舟橋和郎
撮影: 小原譲治
音楽: 池野成
出演: 若尾文子/江波杏子/園井啓介/田村高広/船越英二/角梨枝子/浜村純


二転三転するプロットに最後まで目が離せなくなること必至の映画

1965
1965/01/23
2009/11/

199

ITバブルと寝た女たち
(日)

95分 ドラマ/エロティック  R-15

監督: 佐藤太
原作: 家田荘子
脚本: 山村一間
撮影: 岡雅一
音楽: MOKU
出演: 三津谷葉子 /金子昇 /三浦敦子 /家田荘子

家田荘子のベストセラー『バブルと寝た女たち』の4度目の映画化となる官能ドラマ。ITバブルの虚像に翻弄された一組の男女の愛と転落を描く。主演は「東京大学物語」の三津谷葉子と「百獣戦隊ガオレンジャー」の金子昇。
★この手の映画はまったく観ないことにしていたけれど、そんな事態な環境の自分がこういう作品を見てしまうのだろう・・・200本を目の前にしたのでもう絶対観ないと心に誓った

2007
2007/06/09
2009/11/

198

ボーン・コレクター
THE BONE COLLECTOR
(米)
☆☆
117分 サスペンス/ミステリー  PG-12

監督: フィリップ・ノイス
原作: ジェフリー・ディーヴァー
脚本: ジェレミー・アイアコン
撮影: ディーン・セムラー
音楽: クレイグ・アームストロング
出演: デンゼル・ワシントン /アンジェリーナ・ジョリー/クイーン・ラティファ /エド・オニール /ルイス・ガスマン/マイク・マッグローン /リーランド・オーサー/マイケル・ルーカー

事故によって全身麻痺となってしまった元刑事・ライムは、市民をタクシーに乗せて連れ去り、残虐に殺害している犯罪者からの挑戦を受ける。ライムが捜査のパートナーに選んだのは、若き女性刑事アメリア。彼女の行動力とライムの頭脳で、二人は古書「ボーン・コレクター」をなぞって犯罪を繰り返す真犯人を追い詰める。ヒーローがベッドに寝たきりという、珍しい刑事アクション。
★A・ジョリーのブレイクのきっかけともなった一作らしいが・・・それほどのことか?

1999
2000/04/
2009/11/22

197

サハラに舞う羽根
THE FOUR FEATHERS
(米/英)
☆☆☆
132分 ドラマ/戦争/アドベンチャー

監督: シェカール・カプール
原作: A・E・W・メイソン 『四枚の羽根』(小学館刊)
脚本: マイケル・シファー/ホセイン・アミニ
撮影: ロバート・リチャードソン
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: ヒース・レジャー/ウェス・ベントリー/ケイト・ハドソン/ジャイモン・フンスー/マイケル・シーン/ルパート・ペンリー=ジョーンズ/クリス・マーシャル/アレック・ウェック /ティム・ピゴット=スミス/ルーシー・ゴードン

雄大な砂漠をバックに、戦火の中で揺れ動く3人の男女の友情と愛の行方を描いた歴史スペクタクル。原作はA・E・W・メイソンの英国文学の古典的名作といわれる『四枚の羽根』。戦争を通じてある信念に至った青年士官が、婚約者や親友のために再び立ち上がっていく。監督は「エリザベス」のシェカール・カプール。
★主人公のいい加減なタフガイさに呆れかえってしまったよ

2002
2003/09/20
2009/11/22

196

無頼」より 大幹部
(日)
☆☆☆☆
95分 任侠/ヤクザ

監督: 舛田利雄
原作: 藤田五郎
脚本: 池上金男
美術: 木村威夫
音楽: 山本直純/坂田晃一
出演: 渡哲也/松原智恵子/川地民夫/藤竜也/待田京介/松尾嘉代/三条泰子/富永美沙子/北林早苗/高品格/青木義朗/戸田皓久/深江章喜/水島道太郎/浜田光夫

★タイトルが、同シリーズの「大幹部・無頼」とそっくりでまぎらわしいぞ。
いまは無き都電11.12.13系統の新宿引き込み線を語る時に、この映画は必見
青江三奈が歌う「カスバの女」は圧巻

1968
1968/01/13
2009/11/17

195

不毛地帯
(日)
☆☆☆☆
181分 ドラマ/サスペンス

監督: 山本薩夫
原作: 山崎豊子 『不毛地帯』
脚本: 山田信夫
撮影: 黒田清巳
音楽: 佐藤勝
出演: 仲代達矢/丹波哲郎/山形勲/神山繁/仲谷昇/滝田裕介/山口崇/石浜朗/日下武史/山本圭/北大路欣也/田宮二郎/大滝秀治/内田朝雄/小沢栄太郎/小松方正/加藤嘉/井川比佐志/永井智雄/高橋悦史/八千草薫/藤村志保/秋吉久美子

二次防の主力戦闘機選定をめぐり暗躍する商社とそれらと癒着する政財界の暗部を描いた山崎豊子の同名小説を映画化した社会派ドラマ。近畿商事は、総予算一兆円を越すとも言われる二次防主力戦闘機選定をめぐって、他商社との血みどろの攻防を繰り広げていた。やがて、その攻防は当然のように政界への“実弾”攻撃合戦へと発展していく……。目的のためには手段を選ばない商社、同じく私利私欲に走る政治家たちの姿をダイナミックに描く。 ★いやはや日本映画界にはこれほどの役者がいたという過去形で語らなければなら無惨を感じる、昨今の男優陣の個性の薄さが情け無い。この作品に出ている役者が日本映画界の一部であるという事実に、過去の日本映画界の力に思いを馳せる。
特に自衛隊幕僚源田実役の加藤嘉にそれを感じたオレだった。

1976
1976/08/14
2009/111/16

194

喜劇 駅前飯店
(日)
☆☆☆
95分  コメディ

監督: 久松静児
脚本: 長瀬喜伴
撮影: 黒田徳三
音楽: 広瀬健次郎
出演: 森繁久彌/伴淳三郎/フランキー堺/池内淳子/淡島千景/淡路恵子/乙羽信子/三木のり平/ 山茶花究/ 松山英太郎/ 森光子/ 沢村貞子/ 京塚昌子/ 中村メイコ/ 左卜全/ 加東大介/ 坂本九/大空真弓/池内淳子/柳家金吾楼/王貞冶

1962
1962/12/23
2009/11/16

193

ミッション:インポッシブル
MISSION: IMPOSSIBLE
(米)
☆☆☆
110分 スペンス/アクション

監督: ブライアン・デ・パルマ
脚本: デヴィッド・コープ/ロバート・タウン/スティーヴン・ザイリアン
撮影: スティーヴン・H・ブラム
特殊メイク: ロブ・ボッティン
音楽: ダニー・エルフマン
テーマ曲: ラロ・シフリン
出演: トム・クルーズ イー/ジョン・ヴォイト /エマニュエル・ベアール/ヘンリー・ツェーニー/ジャン・レノ/ヴァネッサ・レッドグレーヴ /インゲボルガ・ダクネイト/エミリオ・エステヴェス

往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」をT・クルーズが製作と主演を兼ね、B・デ・パルマ監督で映画化したサスペンス超大作。
★所詮、T・クルーズのスター映画
ラロ・シフリンのテーマは名曲

1996
1996/07/
2009/10/

192

ワイルドシングス
WILD THINGS
(米)
☆☆☆
108分 サスペンス/ミステリー

監督: ジョン・マクノートン
脚本: スティーヴン・ピータース
撮影: ジェフリー・L・キンボール
音楽: ジョージ・S・クリントン
出演: ケヴィン・ベーコン/マット・ディロン/ネーヴ・キャンベル/テレサ・ラッセル/デニース・リチャーズ/ロバート・ワグナー/ビル・マーレイ

女子高生レイプ事件に仕組まれた陰謀と罠を描いたサスペンス作品。

1998
1999/01/
2009/10/31

191

コールガール
KLUTE
メディア
(米)
☆☆☆☆
115分 サスペンス

監督: アラン・J・パクラ
脚本: アンディ・ルイス/デイヴ・ルイス
撮影: ゴードン・ウィリス
音楽: マイケル・スモール/ドナルド・サザーランド/ロイ・シャイダー

ロバート・マリガンとのコンビで都会的な佳作を製作し続けてきたパクラの繊細な感覚がよく出た、謎解きよりも感情描写に重きを置くミステリー。フォンダが屈折した大都市の女性像を見事に演じて、オスカーに輝いた。

●1971年アカデミー賞■主演女優賞 ジェーン・フォンダ
●1971年全米批評家協会賞 ■主演女優賞 ジェーン・フォンダ
●1971年NY批評家協会賞■女優賞 ジェーン・フォンダ
●1971年ゴールデン・グローブ ■女優賞(ドラマ)

1971
1971/10/
2009/10/31

190

8人の女たち
8 FEMMES8 WOMEN
(米)
☆☆
111分コメディ/ミュージカル/ミステリ

監督: フランソワ・オゾン
原作: ロベール・トーマ
脚本: フランソワ・オゾン/マリナ・ドゥ・ヴァン
撮影: ジャンヌ・ラポワリー
音楽: クリシュナ・レヴィ
出演: ダニエル・ダリュー (妻の母)/カトリーヌ・ドヌーヴ(妻)/イザベル・ユペール(妻の妹)/エマニュエル・ベアー(メイド)/フ/リュディヴィーヌ・サニエ (次女)/フィルミーヌ・リシャール マ(ハウスキーパー)

フランスを代表する新旧8人の大女優たちが歌って踊る、絢爛豪華にしてとびきり楽しいミュージカル仕立てのミステリー。2002年ベルリン国際映画祭では、本作で夢のような競演を果たした女優陣全員に銀熊賞(最優秀芸術貢献賞)が授与され話題を振
★なんだ〜この映画は・・・はらたつ。オゾン監督好きなんだけどな ̄ ̄
●2002年ベルリン国際映画祭 ■銀熊賞(芸術貢献賞)  イザベル・ユペール/エマニュエル・ベアール/ファニー・アルダン/ヴィルジニー・ルドワイヤン/ リュディヴィーヌ・サニエ/フィルミーヌ・リシャール /カトリーヌ・ドヌーヴ /ダニエル・ダリュー
●2002年ヨーロッパ映画賞 ■女優賞 イザベル・ユペール/エマニュエル・ベアール/ファニー・アルダン/ヴィルジニー・ルドワイヤン/ リュディヴィーヌ・サニエ/フィルミーヌ・リシャール /カトリーヌ・ドヌーヴ /ダニエル・ダリュー

2002
2002/11/23
2009/10/30

189

メメント
MEMENTO
(米)

113分  サスペンス/ミステリー/ドラマ

監督: クリストファー・ノーラン
脚本: クリストファー・ノーラン
撮影: ウォーリー・フィスター
音楽: デヴィッド・ジュリアン
出演: ガイ・ピアース(レナード)/キャリー=アン・モス(ナタリー)/ジョー・パントリアーノ(テディ)/ マーク・ブーン・Jr (バート)/スティーヴン・トボロウスキー(サミー)/

前向性健忘(発症以前の記憶はあるものの、それ以降は数分前の出来事さえ忘れてしまう症状)という記憶障害に見舞われた男が、最愛の妻を殺した犯人を追う異色サスペンス。特殊な状況に置かれた主人公の心理を再現するため、時間軸を解体した上で再構築された複雑な構成。
★なにがなんだかシュールな映画だった。それも途中寝てしまったのでなにがなんだか?

2000
2001/11/03
2009/10/29

188

エバー・アフター
EVER AFTER
(米)

118分 ロマンス

監督: アンディ・テナント
脚本: スザンナ・グラント/アンディ・テナント/リック・パークス撮影: アンドリュー・ダン
音楽: ジョージ・フェントン
出演: ドリュー・バリモア /アンジェリカ・ヒューストン /ダグレイ・スコット /ジャンヌ・モロー

誰しも知ってる「シンデレラ」の物語を現代風にアレンジして映画化した作品。
★分かってるってこの手がつまらないのは、たまたま日まで時間枠が合っちゃったのが運の尽きだというだけさ。ただジャンヌ・モローがいきなり出てきたのには驚いた

1998
1999/04/
2009/10/26

187

バーン・アフター・リーディング
BURN AFTER READING
(米)
☆☆
93分 コメディ/犯罪 PG-12

監督: イーサン・コーエン/ジョエル・コーエン
脚本: ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
撮影: エマニュエル・ルベツキ
音楽: カーター・バーウェル
出演: ブラッド・ピット/ジョージ・クルーニー/ジョン・マルコヴィッチ/フランシス・マクドーマンド /ティルダ・スウィントン /エリザベス・マーヴェル /リチャード・ジェンキンス

「ファーゴ」「ノーカントリー」のコーエン兄弟がブラッド・ピット、ジョージ・クルーニーをはじめ豪華キャストの競演で描く痛快ブラック・コメディ。CIAの機密情報を含んだCD-ROMが、ひょんなことからお調子者の男の手に渡ってしまったばかりに、様々な人物を巻き込み大騒動へと発展してしまうドタバタ劇が軽妙なタッチで綴られる。
★フランシス・マクドーマンドはなにやってもいい。こういう役者もっといてもいいハリウッドだと思うよ。映画はドタバタ過ぎてコーエン兄弟最近作はみなはずれ

2008
2009/04/24
2009/10/26

186

赤い風車
MOULIN ROUGE
(英、米)
☆☆☆☆
123分 ドラマ

監督: ジョン・ヒューストン
原作: ピエール・ラミュール
脚本: ジョン・ヒューストン/アンソニー・ヴェイラー
撮影: オズワルド・モリス
音楽: ジョルジュ・オーリック
出演: ホセ・ファーラー/コレット・マルシャン/シュザンヌ・フロン/ザ・ザ・ガボール/クリストファー・リー/ピーター・カッシング

“赤い風車”を看板に掲げたパリ名物のキャバレー、ムーラン・ルージュ。かつては品はないが活力に溢れた店で、毎晩現れる画家ロートレックは、時にはそこのナプキンやテーブルクロスにまで、踊り子や酔客の狂態を鮮やかにスケッチした。その冒頭のシークエンスが圧巻で、閉店となってすっかり片づけも終わってから、一人寂しく家路に着く不具者の彼の姿に慄然とし、蔑みの言葉を浴びせられながら、心なしか悲しげな表情を浮かべるファーラーの名演。
★名画にコメントはいらない。ドラキュラ俳優の二大巨頭クリストファー・リー/ピーター・カッシングの出演に好奇心が大いに沸く
●1953年アカデミー賞 ■美術監督・装置賞(カラー) ■衣装デザイン賞(カラー)
●1953年ヴェネチア国際映画祭 ■サン・マルコ銀獅子賞 ジョン・ヒューストン
●1952年ゴールデン・グローブ■有望若手女優賞 コレット・マルシャン

1952
1953/05/
2009/10/26

185

ベンジャミン・バトン 数奇な人生
THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
(米)
☆☆☆☆
167分 ドラマ/ミステリー/ファンタジー

監督: デヴィッド・フィンチャー
原作: F・スコット・フィッツジェラルド
脚本: エリック・ロス
撮影: クラウディオ・ミランダ
音楽: アレクサンドル・デスプラ
出演: ブラッド・ピット /ケイト・ブランシェット /ティルダ・スウィントン/ジェイソン・フレミング/イライアス・コティーズ /ジュリア・オーモンド

「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー大作。『グレート・ギャツビー』で知られる小説家F・スコット・フィッツジェラルドが1920年代に著わした短編を基に、80歳の老体で生まれ、歳を取るごとに若返っていく男の波瀾に富むも儚い人生の旅路が、第一次大戦後から21世紀初頭に渡る激動の現代史を背景に、最新のCG技術を駆使した驚異の映像で描かれてゆく。
★三時間近い長尺作品でありながら、まったく退屈させることなく観終わった
●2008年アカデミー賞 ■美術賞 ■メイクアップ賞 ■視覚効果賞
●2008年英国アカデミー賞 ■美術賞 ■メイクアップ&ヘアー賞 ■特殊視覚効果賞

2008
2009/02/07
2009/10/25

184

ROCK YOU!
A KNIGHT'S TALE
(米)
☆☆☆
132分  アクション/青春/歴史劇

監督: ブライアン・ヘルゲランド
脚本: ブライアン・ヘルゲランド
撮影: リチャード・グレートレックス
音楽: カーター・バーウェル
出演: ヒース・レジャー( ウィリアム)/マーク・アディ(ローランド)/ルーファス・シーウェル(アダマー伯爵)/シャニン・ソサモン(ジョスリン)/ポール・ベタニー(チョーサー)/アラン・テュディック(ワット)/ローラ・フレイザー(ケイト)/クリストファー・カザノフ(ジョン・サッチャー)/ベレニス・ベジョ(クリスティアーナ)/ジェームズ・ピュアフォイ( トーマス)/

中世ヨーロッパを舞台に、庶民の娯楽だった“ジュースティング(馬上槍試合)”に挑むひとりの若者の成長を描いた青春アクション・アドベンチャー。
★ヒース・レジャーの音楽映画かと思いながら予備知識なしで観始めて驚いた。舞台は中世ながらそこで歌われる音楽が現代のロックという異色の試みがなされている。が、原題はA KNIGHT'S TALというのに、邦題がROCK YOU!・・・これで配給したら観客はロックファンかヒースファンにしから対象が向かないではないかと・・・配給会社のバカさ加減に腹が立った。無知蒙昧。

2001
2001/10/06
2009/10/20

183

彼が二度愛したS
DECEPTION
(米)
☆☆☆☆
108分  サスペンス/ミステリー/犯罪
PG-12

監督: マーセル・ランゲネッガー
製作: ヒュー・ジャックマン
脚本: マーク・ボンバック
撮影: ダンテ・スピノッティ
音楽: ラミン・ジャヴァディ
出演: ヒュー・ジャックマン/ユアン・マクレガー /ミシェル・ウィリアムズ/リサ・ゲイ・ハミルトン/マギー・Q /シャーロット・ランプリング

冴えない毎日を送る孤独な会計士が、セレブな弁護士との出会いをきっかけに会員制の高級秘密クラブにのめり込み、背後に仕組まれた危険な罠にハメられていく官能サスペンス・ミステリー。

2008
2008/11/08
2009/10/

182

ミスト
THE MIST
(米)
☆☆☆☆
125分  ホラー/ミステリー/ドラマ R-15

監督: フランク・ダラボン
原作: スティーヴン・キング
『霧』(扶桑社刊『スケルトン・クルー1 骸骨乗組員』所収)
脚本: フランク・ダラボン
撮影: ロン・シュミット
音楽: マーク・アイシャム
出演: トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー /トビー・ジョーンズ/ウィリアム・サドラー /ジェフリー・デマン

原作者スティーヴン・キングとフランク・ダラボン監督が「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」に続いてコンビを組んだ驚愕のホラー・ミステリー。人々が突然町を包み込んだ濃い霧とその中にうごめく不気味な生物たちの恐怖でパニックに陥っていくさまを描く。

2007
2008/05/10
2009/10/

181

バンテージ・ポイント
(米)
☆☆☆
90分 サスペンス/アクション

監督: ピート・トラヴィス
脚本: バリー・L・レヴィ
撮影: アミール・モクリ
音楽: アトリ・オーヴァーソン
出演: デニス・クエイド /マシュー・フォックス/フォレスト・ウィッテカー/サイード・タグマウイ/エドゥアルド・ノリエガ/エドガー・ラミレス/アイェレット・ゾラー/シガーニー・ウィーヴァー/ウィリアム・ハート

一発の凶弾が巡る真実を追った豪華キャスト競演のサスペンス・アクション。大統領狙撃の瞬間を目撃した8人の異なる視点から暗殺事件の真相に迫るさまをスリリングに描く。
★もう展開のスピードに圧倒されっぱなし出見終わったけど、なんだこの映画は。大統領はテロリストに誘拐されるは、誘拐された大統領自らそのテロリストをぶん殴っちゃった

2008
2008/03/08
2009/10/18

181

チェンジリング
CHANGELING
(米)
☆☆☆☆
142分 ミステリー/ドラマ PG-12

監督: クリント・イーストウッド
脚本: J・マイケル・ストラジンスキー
撮影: トム・スターン
音楽: クリント・イーストウッド
出演: アンジェリーナ・ジョリー (クリスティン・コリンズ)/ジョン・マルコヴィッチ( グスタヴ・ブリーグレブ牧師)/ジェフリー・ドノヴァン(ジョーンズ警部)/コルム・フィオール(デイヴィス警察本部長)/ ジェイソン・バトラー・ハーナー(ゴードン・ノースコット)/ エイミー・ライアン( キャロル・デクスター)

1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本物の我が子を取り戻すため、捜査ミスを犯した警察の非道な圧力に屈することなく真実を追及していくシングルマザーの長きに渡る孤独な闘いを綴る。
★警察部長の扱い方に相当無理があるが、事実と言うから、事実は小説より奇なりだ。
作品そのもの重厚な画面と濃密なストーリー展開に、長尺を感じさせずぐいぐい引っ張ってくれる。アンジェリーナもミスキャストかなと思いながら観ていたらこれが大変よろしい。作品の中で流れるサウンドもさながら、エンドタイトルに流れる曲が素晴らしい。靜に曲のバックを支えるストリングスにかぶさるトランペットのソロからベースへとバトンタッチしてゆく展開のよさに流石、ジャズのオーソリティー、イーストウッドだと呻らせる。

2008
2009/02/20
2009/10/18

179

利休
(日)
☆☆☆
135分 ドラマ/時代劇

監督: 勅使河原宏
原作: 野上彌生子 「秀吉と利休」
脚本: 赤瀬川原平/勅使河原宏
撮影: 森田富士郎
音楽: 武満徹
出演: 三國連太郎/山崎努/三田佳子/松本幸四郎/中村吉右衛門/田村亮/坂東八十助

戦国時代にあって、お茶の道を追究し続けた千利休。そんな美と知の体現者・利休と、絶大な権力を持ちながらも粗野で利休とは対極にある秀吉の確執を描く。映画に登場する生花はすべて、自身も華道・草月流の家元である勅使河原監督の手による。利休を演じた三國連太郎と秀吉を演じた山崎努の対照的な演技のぶつかり合いもみどころ。また、同時期に公開された「千利休 本覺坊遺文」との“利休対決”も話題となった。
★脚本が赤瀬川原平と知りちょいと驚いた。そんなところかな・・・

1989
1989/09/15
2009/10/16

178

チェ 39歳 別れの手紙
CHE: PART TWO
GUERRILLA
(仏、西班牙)
☆☆☆☆
133分 ドラマ/伝記

監督: スティーヴン・ソダーバーグ
脚本: ピーター・バックマン
撮影: ピーター・アンドリュース
音楽: アルベルト・イグレシアス
出演: ベニチオ・デル・トロ (エルネスト・チェ・ゲバラ)/ヨアキム・デ・アルメイダ(バリエントス大統領)/デミアン・ビチル (フィデル・カストロ)/カルロス・バルデム(モイセス・ゲバラ)/エルビラ・ミンゲス()セリア・サンチェス/フランカ・ポテンテ (タニア)/カタリーナ・サンディノ・モレノ(アレイダ・マルチ)/ロドリゴ・サントロ (ラウル・カストロ)/ルー・ダイアモンド・(フィリップス マリオ・モンヘ)/マット・デイモン

伝記ドラマ2部作の後編。本作では、ゲバラがカストロと袂を分かち、新天地ボリビアで再び革命の戦いへ身を投じた末に劇的な最期を迎えるまでを描く。
★一作目に比べ映画的にはどうだろうかと砂を噛むよな思いで最後まで観終わった。それもエンドクレジットが無音というなんとも味気なさには、何か意図的なものを汲みとろうとしたが何も吸い取れなかった。ま〜無理に意味性をなんて考えない方が精神的によろしい。
にしても革命の失敗から死へ追いつめられてゆくゲリラたち、その行動の精神性を理解して演じられるのだろうかと思うだめ演出、役者って大変だと心底考えさせられた映画だった。

2008
2009/01/31
2009/10/12

177

チェ 28歳の革命
CHE: PART ONE
THE ARGENTINE
(米、仏、西班牙)
☆☆☆☆
132分 伝記

監督: スティーヴン・ソダーバーグ
脚本: ピーター・バックマン
撮影: ピーター・アンドリュース
音楽: アルベルト・イグレシアス
出演: ベニチオ・デル・トロ (エルネスト・チェ・ゲバラ)/デミアン・ビチル( フィデル・カストロ)/サンティアゴ・カブレラ(カミロ・シエンフエゴス)/エルビラ・ミンゲス(セリア・サンチェス)/ ジュリア・オーモンド(リサ・ハワード)/ カタリーナ・サンディノ・モレノ( アレイダ・マルチ)/ロドリゴ・サントロ(ラウル・カストロ)/

トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ2部作の前編。本作ではゲバラがフィデル・カストロと出会い、キューバ革命闘士として躍進するまでを描く。また、入念な役作りのもと、ゲバラを熱演したベニチオ・デル・トロは、カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。
★すごい!子9ウイ上伊賀を作る人作らせる人そして公開上映にまで持ってゆく人たち、そしてそうした作品を映画作品として受賞という結果にしてしまう人々がいる国に感動。
そして改めの思い知る・・・だめなこの国、民度の低さ。
●2008年カンヌ国際映画祭 ■男優賞 ベニチオ・デル・トロ

2008
2009/01/10
2009/10/12

176

バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲BATMAN & ROBIN
(米)
☆☆☆
124分  アクション/SF

監督: ジョエル・シューマカー
脚本: アキヴァ・ゴールズマン
撮影: スティーヴン・ゴールドブラット
特撮: ジョン・ダイクストラ
音楽: エリオット・ゴールデンサール
出演: アーノルド・シュワルツェネッガー( Mr.フリーズ)/ジョージ・クルーニー( バットマン&ブルース・ウェイン)/クリス・オドネル( ロビン)/ユマ・サーマン(ポイズン・アイビー&パメラ・アイズリー/アリシア・シルヴァーストーン(バットガール&バーバラ・ウィルソン)/マイケル・ガフ(アルフレッド・ペニーワース)/パット・ヒングル(ゴードン市警本部長)/エレ・マクファーソン( ジュリー・マディソン)/ジョン・グローヴァー (ジェイソン・ウッドルー)

好調「バットマン」シリーズ4作目の敵は、ゴッサム・シティを氷の王国に変えるという野望を抱く“Mr.フリーズ”。彼はもともとノーベル賞に輝くほどの高名な分子生物学者だったが、研究所の爆発事故で凍結液を浴び、身も心も氷のように冷酷になってしまったのだ。演じるのは、悪役は「ターミネーター」以来なんと13年ぶりのアーノルド・シュワルツェネッガー
★また観てしまった。こういう映画はスッカラカンに頭を解放しながら見れるのでよろしいジョージ・クルーニー1961/05/06 父は映画解説者としても知られているニュース・キャスターのニック・クルーニー。叔父、叔母には名優ホセ・ファーラーと歌手のローズマリー・クルーニー(その二人の息子にはミゲル・ファーラー)という芸能一家に生れる。

1997
1997/08/
2009/10/11

175

近距離恋愛
MADE OF HONOR
(米、英)

101分 ロマンス/コメディ

監督: ポール・ウェイランド
脚本: アダム・スティキエル
撮影: トニー・ピアース=ロバーツ
音楽: ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
出演: パトリック・デンプシー/ミシェル・モナハン/ケヴィン・マクキッド/キャスリーン・クインラン/シドニー・ポラック

TVドラマ「グレイズ・アナトミー」で人気のパトリック・デンプシー主演の恋愛コメディ。
★こういう映画は観ないように見ないようにしているのにまた観てしまった。後悔反省

2008
2008/07/12
2009/10/3

174

さよなら。いつかわかること
GRACE IS GONE
(米)
☆☆☆
85分 ドラマ/戦争

監督: ジェームズ・C・ストラウス
製作: ジョン・キューザック/グレイ・ロー/ガルト・ニーダーホッ脚本: ジェームズ・C・ストラウス
撮影: ジャン=ルイ・ボンポワン
編集: ジョー・クロッツ
音楽: クリント・イーストウッド
音楽監修: ダグ・バーンハイム
出演: ジョン・キューザック(スタンレー)/シェラン・オキーフ (ハイディ)/グレイシー・ベドナルジク(ドーン)/アレッサンドロ・ニヴォラ(ジョン)/ マリサ・トメイ/メアリー・ケイ・プレイス

イラク戦争が、あるアメリカ人家族にもたらした一つの悲劇を描いたヒューマン・ストーリー。イラク赴任中だった妻の突然の訃報に打ちのめされた主人公が、その事実を告げぬまま2人の娘を連れて長距離ドライブの旅に出る中で巡らす心の葛藤を優しく静かに見つめていく。主演は「マルコヴィッチの穴」「ハイ・フィデリティ」のジョン・キューザック。監督は本作がデビューとなるジェームズ・C・ストラウス。
★くーザックが外連見なく悲しみに暮れる父親役を演じていたのが好感度だ多。そして子どもたちの表情も素敵だった。
クリント・イーストウッドが音楽を担当したとクレジットにあったが、感動無し。

2007
2008/04/26
2009/10/1

173

荒馬と女
THE MISFITS
(米)
☆☆☆☆
124分 ドラマ/ロマンス

監督: ジョン・ヒューストン
脚本: アーサー・ミラー
撮影: ラッセル・メティ
音楽: アレックス・ノース
出演: クラーク・ゲイブル/マリリン・モンロー/モンゴメリー・クリフト/イーライ・ウォラック/セルマ・リッター/ジェームズ・バートン/エステル・ウィンウッド/ケヴィン・マッカーシー

当時、モンローの夫であった作家のA・ミラーが、自身の短編を脚色、J・ヒューストンが美しいモノクロ映像の中に男女の確執を織り込んだ現代西部劇。
★C・ゲイブル、M・モンローの二人は本作が遺作となった、曰く付きの映画で、何度見たか知れない。が、知ってしまったゲーブルのエピソードがずっと頭を過ぎり、心地よくなかったぞ。それはゲーブルの息が鼻が曲がるほど臭かったということだけなのだが・・・モンローとのキスシーンなど思わず鼻を押さえてしまうほどだったのだ。

1961
1961/06/
2009/9/30

172

ローズランド
ROSELAND
(米)
☆☆☆☆
104分 ドラマ

監督: ジェームズ・アイヴォリー
脚本: ルース・プラワー・ジャブヴァーラ
撮影: アーネスト・ヴィンツ
音楽: マイケル・ギブソン
出演: テレサ・ライト/ジェラルディン・チャップリン/クリストファー・ウォーケン/ヘレン・ギャラガ/コンラッド・ジャニス

ニューヨークのダンスホール“ローズランド”を舞台に、そこに集まる人たちの様々な人生模様を綴ったオムニバス形式のヒューマン・ドラマ。
★クリストファー・ウォーケンが素晴らしく若い。スリムな体型長い足、端整な顔立ちに吃驚した。彼は現在66歳だから、34歳の時。アカデミー賞助演男優賞を獲得した「ディアハンター」の一年前とは思えない。

1977
1990/04/
2009/9/28

171

落下の王国
THE FALL
ザ・フォール/落下の王国
(米/印度/英)
☆☆☆☆
118分 アドベンチャーファンタジ/アート

監督: ターセム
脚本: ダン・ギルロイ/ニコ・ソウルタナキス/ターセム
撮影: コリン・ワトキンソン
衣装デザイン: 石岡瑛子
音楽: クリシュナ・レヴィ
出演: リー・ペイス ロイ・ウォーカー/カティンカ・ウンタルー/ジャスティン・ワデル /ダニエル・カルタジロー/レオ・ビル ダーウィン/ショーン・ギルダー/ジュリアン・ブリーチ

「ザ・セル」の鬼才・ターセム監督が、世界24ヵ国以上でロケを敢行して撮り上げた絢爛豪華な愛と感動の映像叙事詩。事故で下半身不随となり、自暴自棄になったスタントマンと骨折で入院中の一人の少女の心の交流を軸に、スタントマンが少女に思いつくままに語るおとぎ話をエキゾティックかつイマジネーション溢れる映像美で描き出す。主演は「グッド・シェパード」のリー・ペイスとこれがデビューのカティンカ・ウンタルー。
★画面が全てアートと言っては大げさか?それほど素晴らしい画面の連続に軽く感動した。あとで知ったことだが、登場人物の素晴らしい衣装は日本人デザイナー石岡瑛子。

2006
2008/09/06
2009/9/28

170

ジプシー・キャラバン
WHEN THE ROAD BENDS: TALES OF A GYPSY CARAVAN
(米)
☆☆☆☆
115分 ドキュメンタリー/音楽

監督: ジャスミン・デラル
撮影: アルバート・メイズルス/アラン・ドゥ・アルー
出演: タラフ・ドゥ・ハイドゥークス/エスマ/ファンファーラ・チョクルリーア/マハラジャ/ジョニー・デップ

インドに起源を持つという流浪の民族ロマ。ジプシーと呼ばれ、その歴史はいわれなき差別と迫害の歴史でもあった。その一方で、彼らが奏でる叙情的で生命力にあふれた音楽は、近年ますます多くの人々を魅了している。本作はそんなジプシー音楽をルーツに持つスペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4つの国の5つのバンドが6週間をかけて北米諸都市を巡る“ジプシー・キャラバン・ツアー”の模様を追った音楽ドキュメンタリー。カメラは北米ツアーに密着すると共に、彼らの故郷も訪れて、その音楽が生まれてきた背景やロマ(ジプシー)文化そのものの歴史にも向き合っていく。
★「我々は、長年迫害されてきたが、他の人間を虐待したことも、戦争をしかけたことも、国を盗んだこともない」

2006
2008/01/12
2009/9/24

169

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬LOS TRES ENTIERROS DE MELQUIADES ESTRADA
THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA
LES TROIS ENTERREMENTS DE MELCHIADES ESTRADA
(米/仏)
☆☆☆☆☆
122分 ドラマ

監督: トミー・リー・ジョーンズ
脚本: ギジェルモ・アリアガ
撮影: クリス・メンゲス
音楽: マルコ・ベルトラミ
出演: トミー・リー・ジョーンズ (ピート・パーキンズ)/バリー・ペッパー (マイク・ノートン)/ドワイト・ヨーカム(ベルモント)/ジャニュアリー・ジョーンズ( ルーアン)/メリッサ・レオ ()レイチェル/フリオ・セサール・セディージョ( メルキアデス・エストラーダ)/バネッサ・バウチェ (マリアナ)/レヴォン・ヘルム (盲目の老人)/

「アモーレス・ペロス」「21グラム」を手掛けたギジェルモ・アリアガの脚本を、名優トミー・リー・ジョーンズが主演のみならず自ら初監督も務めて映画化した感動ドラマ。
★トミー・リー万歳ブラヴォー!俺としては最高点を捧げたい作品。缶コーヒーなど止めろと声を挙げたい。「父親たちの星条旗」のバリー・ペッパー、ザ・バンドのドラマーでもある盲目の老人役を演じたレヴォン・ヘルム 、そして出てくる人物すべていい、みんな素晴らしい!画もキレイ!脚本もいい!音楽がベター!ペキンパーの再来これぞ男映画!
●2005年カンヌ国際映画祭 ■男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ■脚本賞 ギジェルモ・アリアガ

2005
2006/03/11
2009/9/24

168

女教師
(日)
☆☆
100分 エロティック/ドラマ

監督: 田中登
原作: 清水一行
脚本: 中島丈博
撮影: 前田米造
音楽: 中村栄
出演: 永島暎子/砂塚英夫/山田吾一/鶴岡修/久米明/穂積隆信/蟹江敬三/樹木希林/古尾谷康雅/絵沢萠子


教育現場でのレイプ事件を通した人間描写の巧みさは、ロマンポルノが到達したレベルの高さを示している。砂塚英夫の悪徳教師ぶりは助演男優賞ものの力演。ろくでもない中学生を古尾谷雅人(当時は康雅)が好演、永島瑛子女優開眼の一作(参考)。

1977
1977/10/29
2009/9/23

167

ダークナイト
THE DARK KNIGHT
(米)
☆☆☆
152分
アクション/サスペンス/アドベンチャー

監督: クリストファー・ノーラン
脚本: ジョナサン・ノーラン/クリストファー・ノーラン
撮影: ウォーリー・フィスター
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード/ハンス・ジマー
出演: クリスチャン・ベイル (ブルース・ウェイン/バットマン)/ヒース・レジャー(ジョーカー)/アーロン・エッカート(ハービー・デント検事/トゥーフェイス)/ゲイリー・オールドマン (ゴードン警部補)/マイケル・ケイン(アルフレッド)/マギー・ギレンホール(レイチェル・ドーズ)/モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)/エリック・ロバーツ( マローニ)/ネスター・カーボネル(ゴッサム市長)/

「メメント」「プレステージ」のクリストファー・ノーラン監督の新「バットマン」シリーズの「バットマン ビギンズ」に続く第2弾。狂気の悪“ジョーカー”の登場により自らの存在意義そのものを問い直されることになる闇のヒーロー、バットマンの心の葛藤と、正義を守るための決死の戦いをリアルかつダークに描き出す。
★暗く重たい画面とさっさとジョーカーをとっ捕まえてしまえよと腹立たしくなるほど、あざとく逃がしながら引っ張り続け・・・いいかげん長〜〜い映画だったという印象が強い。ジョーカーを圧倒的な存在感で怪演したヒース・レジャーは、本作撮影終了直後の2008年1月に28歳の若さで死んでしまったとの報道は吃驚した。にしても豪華なキャスティングだ

2008
2008/08/09
2009/9/22

166

デモリションマン
DEMOLITION MAN
(米)
☆☆☆
115分 アクション/SF

監督: マルコ・ブランビヤ
脚本: フランコ・M・レンコフ/ロバート・レノウ
撮影: アレックス・トムソン
音楽: エリオット・ゴールデンサール
出演: シルヴェスター・スタローン/ウェズリー・スナイプス/サンドラ・ブロック/ナイジェル・ホーソーン/ベンジャミン・ブラット/デニス・リアリー/グランド・L・ブッシュ/スティーヴ・カーン

大ヒット作「クリフハンガー」に続いてスタローンが主演したSFアクション大作。
★新鋭監督ながらかなりの大作映画をまとめあげたマルコ・ブランビヤがすごい。アーノルド・シュワルツェネガーが合衆国大統領になって記念図書館まである、と聞かされたスタローンが「そんなやつのことはどうでもいい」といわせた楽屋落ちもなかなかのもの。それにしてもサンドラ・ブロックという女優のいもくささはどうにも鼻に付くのは俺だけか?

1993
1994/02/
2009/9/22

165

修羅
(日)
☆☆☆ 時代劇/アクション

監督: 松本俊夫
原作: 鶴屋南北/石沢秀二
脚本: 松本俊夫
撮影: 鈴木達夫
美術: 朝倉摂
出演: 中村賀津雄/三条泰子 /唐十郎/今福正雄 /田村保 /観世栄夫 /松本克平/天野新士/山谷初男

★「薔薇刑」よりもこっちの方がいいかも知れないと思わせた松本作品。から十両が出色の出来

1971
1971/02/13
2009/9/20

164

看護婦の日記
(日)

76分

監督: 吉村廉
原作: 太宰治「パンドラの匣」
脚本: 八木沢武孝
撮影: 峰重義
音楽: 斎藤一郎
出演: 折原哲子/小林桂樹/関千恵子 /徳川夢声/杉狂児/見明凡太郎

1947
1947/07/01
2009/9/18

163

グッド・バイ
(日)
☆  東宝
99分

監督: 島耕二
原作: 太宰治
脚本: 小国英雄
撮影: 三村明
音楽: 鈴木静一
出演: 高峰秀子/森雅之/若原雅夫/江川宇礼雄/霧立のぼる/藤間紫

1949
1949/06/28
2009/9/

162

いのちの食べかた
UNSER TAGLICH BROT
OUR DAILY BREAD
(独、豪)
☆☆☆
92分 PG-12

監督:ニコラウス・ゲイハルター
撮影:ニコラウス・ゲイハルター
編集:ウォルフガング・ヴィダーホーファー

オーストリアのドキュメンタリー作家、ニコラウス・ゲイハルター監督が、我々が普段なにげなく口にしている食物が、実際にどのような過程を経て食卓に届くのかをナレーションも無く、淡々と食の原料を写し続け丹念に取材・撮影した食育ドキュメンタリー。世界中の食糧需要を満たすため、野菜や果物ばかりでなく、家畜や魚でさえ大規模な機械化によって効率的に生産・管理されている現状を踏まえつつ、さまざまな食物の生産現場に入り込み、業界の不文律により撮影が許されることはほとんど無いという屠畜シーンを含め、1つのいのちが人間の食物へと姿を変えていく過程を、詳しい説明やナレーションを排し、ただありのままに映し出していく。
★肉はグロイ!

2005
2007/11/10
2009/9/14

161

フローズン・タイム
CASHBACK
(英)
☆☆☆
102分  青春ロマンス/コメディ R-15

監督: ショーン・エリス
脚本: ショーン・エリス
撮影: アンガス・ハドソン
音楽: ガイ・ファーレイ
出演: ショーン・ビガースタッフ (ベン)/エミリア・フォックス (シャロン)/ショーン・エヴァンス( ショーン)/ミシェル・ライアン(スージー)/スチュアート・グッドウィン/マイケル・ディクソン/マイケル・ラムボーン/マーク・ピッカリング

ファッション・フォトグラファーとして活躍するショーン・エリスが2004年に手掛けてその年のアカデミー賞にもノミネートされた短編作品を長編化した異色のロマンティック・ストーリー。ひょんなことから時間を止める能力を身につけた青年が、自分以外の全てがフリーズした世界で見つけた新たな恋の行方をスタイリッシュに綴る。
★女体の美しさをうっとりしてしまう、女の体で芸術は爆発だと叫びたい!
この映画は絵描きを標榜するかの友に教えてやろう。

2006
2008/01/26
2009/7/

160

ナイト ミュージアム2
NIGHT AT THE MUSEUM: BATTLE OF THE SMITHSONIAN
(米)

105分 コメディ/ファンタジー

監督: ショーン・レヴィ
脚本: ロバート・ベン・ガラント/トーマス・レノン
撮影: ジョン・シュワルツマン
音楽: アラン・シルヴェストリ
出演: ベン・スティラー( ラリー・デリー)/エイミー・アダムス (アメリア・イヤハート)/ロビン・ウィリアムズ(テディ・ルーズベルト)/オーウェン・ウィルソン (ジェデダイア)

ベン・スティラー扮する博物館の夜警ラリーが次々と動き出す展示物に翻弄されるさまを描き大ヒットしたファンタジー・コメディの続編。
★続編ほどつまらないものはないの定説をきっちり守った切ないほどに情け無いへちゃらかか映画である。拾いものはアメリア・イヤハート役のエイミー・アダムス。タイトな航空服のスラックスに包み込まれたキュートなおしりが、たまらない。素敵!

2009
2009/08/12
2009/9/8

吉祥寺東亜

159

踊れトスカーナ!
IL CICLONE
(伊)
☆☆☆☆☆
93分 ロマンス/コメディ

監督: レオナルド・ピエラッチョーニ
脚本: ジョヴァンニ・ヴェロネージ/レオナルド・ピエラッチョーニ
撮影: ロベルト・フォルツァ
音楽: クラウディオ・グイデッティ
出演: レオナルド・ピエラッチョーニ/ロレーナ・フォルテッツァ/バルバラ・エンリキ/マッシモ・チェッケリーニ/セルジオ・フォルコーニ/アレッサンドロ・アベル/パオロ・ヘンデル/ナタリア・エストラーダ

本国イタリアで大ヒットを飛ばした、陽気なラブ・ストーリー。
★イタリアの片田舎にスペインから旅興業のフラメンコダンサーがやってきてそのダンサーに、日本語で「癇癪持ち」と書かれた(笑える)Tシャツを着た心優しい男の恋物語なのだが、イタリアとスペインというお国柄の相関図を考えただけで男女の関係は・・・またその明るさが羨ましいく、あちらの国の恋愛コメディほどおもしろいものはない。また画がキレイ女がキレイ景色がキレイの三拍子なんだ

1996
1999/05/
2009/9/7

158

日本侠客伝 白刃の盃
ジャンル (日)
☆☆☆
94分 ドラマ/任侠・ヤクザ

監督: マキノ雅弘
脚本: 中島貞夫/鈴木則文
撮影: わし尾元也
音楽: 斎藤一郎
出演: 高倉健/藤純子/長門裕之/大木実/松尾嘉代/三島ゆり子/宮園純子/伴淳三郎/砂塚秀夫/天津敏/菅原謙二

★いいヶ月以上観てなかった映画なので、慎重に選択肢たらこの映画にぶち当たった。東映任侠映画はすっきりして爽快でよろしいのだ

1967
1967/01/28
2009/9/5

157

NARC ナーク
NARC
(米)
☆☆☆
105分 サスペンス/ドラマ/犯罪

監督: ジョー・カーナハン
脚本: ジョー・カーナハン
撮影: アレックス・ネポンニア
音楽: クリフ・マルティネス
出演: ジェイソン・パトリック(ニック・テリス刑事)/レイ・リオッタ(ヘンリー・オーク警部補)/ダン・リーズ エル(ヴィン・ダウド)/ロイド・アダムズ(ウォルター・ダンドリッジ)/シャイ・マクブライド (チーヴァース警部)/クリスタ・ブリッジス (オードリー・テリス)/

コンビを組む2人の刑事を主人公に、事件の捜査を進めるクライム・サスペンス。
主演は「スピード2」のジェイソン・パトリックと「ブロウ」のレイ・リオッタ。監督・脚本はこれが長編2作目となるハリウッド注目の新鋭ジョー・カーナハン。本作に惚れ込んだトム・クルーズが自ら製作総指揮を買って出て、次回作では「M:I-3」に大抜擢されたことでも話題を集めている。タイトルのNARCとは米の俗語で麻薬捜査官や密告者の意。★レイ・リオッタのサイコパス的な役柄は実にいい

2002
2003/05/24
2009/7/25

156

エンジェル 僕の歌は君の歌
(日)
☆☆☆
110分 ドラマ

監督: 渡邊孝好
脚本: 長谷川康雄
撮影: 高間賢治
音楽: 澤近泰輔
主題歌:エルトン・ジョン「YOUR SONG」(僕の歌は君の歌)出演:織田裕二(大川竜彦)/ 和久井映見(天野香織)/ 小木茂光(石田洋二)/ 生田智子(塚乃原明子)/ 川谷拓三(天野光蔵)/ 星由里子(天野あやめ)/上田耕一(富田部長)/ 大竹まこと(大竹まこと)/鴻上尚史(地下鉄の新聞の男)/ 三木のり平(花屋の主人)/ 大地真央(神係爽子(天使))

★三度も見たが旧知のナベ監督作品ということもあって贔屓目に見てるのか飽きないぞ

1992
1992/11/07
2009/7/24

155

デスペラード
DESPERADO
(米)
☆☆☆
104分 アクション

監督: ロバート・ロドリゲス
脚本: ロバート・ロドリゲス
撮影: ギレルモ・ナヴァロ
音楽: ロス・ロボス
出演:エル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)/カロリーナ(サルマ・ハエック)/ ブチョ(ホアキン・デ・アルメイダ)/バ/ ライトハンド(カルロス・ゴメス)/ 集金人(クエンティン・タランティーノ)/ ナイフ使いの殺し屋(ダニー・トレホ)

わずか7000ドルで製作された前作「エル・マリアッチ」のパワーアップ・ヴァージョ。バンデラスと、見惚れた運転手が事故を起こすほどの美形ヒロイン・ハエックのラテンの色香が大爆発。前作で主役を演じたガラルドーは今回はマリアッチの助っ人役で登場。
★三度も見るとさすがに飽きちゃう

1995
1995/12/
2009/7/23

154

タイガーランド
TIGERLAND
(米)
☆☆☆
101分 ドラマ/戦争/青春 PG-12

監督: ジョエル・シューマカー
脚本: ロス・クラヴァン/マイケル・マクグルーサー
撮影: マシュー・リバティーク
音楽: ネイサン・ラーソン
出演: コリン・ファレル/マシュー・デイヴィス/クリフトン・コリンズ・Jr/トーマス・グイリー/シェー・ウィガム/ラッセル・リチャードソン

依頼人」「8mm」のジョエル・シューマカー監督がベトナム戦争出兵を目前に、反戦を力強く意思表示し人間性を失わなかったひとりの青年と彼に影響を受ける若者たちの心の機微をリアルに描いた人間ドラマ。
★反抗的な一人の人物をクローズアップさせて、背後に「反戦」テーマをオーバーラップさせていく手法。コリン・ファレルもデビュー作ながらかなりの好演

2000
2001/10/06
2009/7/20

153

イン・トゥ・ザ・ファイア
IN TO THE FIRE
(米) WOWOW

97分 ドラマ

監督: マイケル・フェラン
脚本: マイケル・フェラン
撮影: クリス・ノアー
音楽: マット・アンソニー/スティーヴン・オライリー
出演: ショーン・パトリック・フラナリー/メリーナ・カナカレデス/ジョベス・ウィリアムズ/パブロ・シュレイバー/リディア・ジョーダン

★???

2005

2009/7/20

TVM

152

ウォルター少年と、夏の休日
SECONDHAND LIONS
(米)
☆☆☆
110分 ドラマ/コメディ

監督: ティム・マッキャンリーズ
脚本: ティム・マッキャンリーズ
撮影: ジャック・N・グリーン
音楽: パトリック・ドイル
出演: ハーレイ・ジョエル・オスメント(ウォルター)/ロバート・デュヴァル(ハブ)/マイケル・ケイン(ガース)/キーラ・セジウィック(メイ)/ ニッキー・カット(スタン)/エマニュエル・ヴォージエ(ジャスミン)/

父親のいない少年と謎めいた過去を持つ2人の頑固なおじいさんの、ひと夏の心温まる交流をファンタジックに描いたヒューマン・ドラマ。出演は「シックス・センス」のハーレイ・ジョエル・オスメント
★じじい二人と少年の組み合わせの妙が面白いウェルメイドな佳作。

2003
2004/07/10
2009/7/19

151

トッツィー
TOOTSIE
(米)
☆☆☆☆
116分 コメディ

監督: シドニー・ポラック
脚本: ラリー・ゲルバート/マレー・シスガル
撮影: オーウェン・ロイズマン
作詞: アラン・バーグマン/マリリン・バーグマン
音楽: デイヴ・グルーシン
出演: ダスティン・ホフマン/ジェシカ・ラング/テリー・ガー/ダブニー・コールマン/チャールズ・ダーニング/ビル・マーレイ/シドニー・ポラック/ジョージ・ゲインズ/ジーナ・デイヴィス

ホフマンの芸達者ぶりがあってこそ成し得た作品。女装コメデイの面白さでエンタテインメントに徹底した所が良い。ドロシーの共演者であり、ドーシーの憧れの女に扮したJ・ラングはアカデミー助演女優賞を受賞しているが、良い味を出している。
★脇役陣がいいエージェント役のS・ポラック監督、父親役のダーニング、友人のビル・マーレー。ちょい役扱いだがキラリと光るジーナ・デイヴィス。音楽がいいジャズ畑だからというわけではないがデイヴ・グルーシンっていいな〜こんな軽妙な音楽もいけてる。
●1982年アカデミー賞 ■助演女優賞 ジェシカ・ラング
●1982年全米批評家協会賞 ■作品賞 ■主演男優賞 ダスティン・ホフマン ■助演女優賞 ジェシカ・ラング ■脚本賞 マレー・シスガル
●1982年NY批評家協会賞■助演女優賞 ジェシカ・ラング ■監督賞 シドニー・ポラック ■脚本賞 ラリー・ゲルバート マレー・シスガル
●1982年LA批評家協会賞■脚本賞 ラリー・ゲルバート
●1982年ゴールデン・グローブ■作品賞(コメディ/ミュージカル) ■男優賞(コメディ/ミュージカル) ダスティン・ホフマン ■助演女優賞 ジェシカ・ラング
●1982年英国アカデミー賞 ■主演男優賞 ダスティン・ホフマン

1982
1983/04/
2009/7/19

150

リオ・ブラボー
RIO BRAVO
(米)
☆☆☆☆
135分 西部劇

監督: ハワード・ホークス
原作: B・H・マッキャンベル
脚本: ジュールス・ファースマン/リー・ブラケット
撮影: ラッセル・ハーラン
音楽: ディミトリ・ティオムキン
出演: ジョン・ウェイン(ジョン・T・チャンス)/ディーン・マーティン( デュード)/リッキー・ネルソン(コロラド)/アンジー・ディキンソン(フェザーズ)/ ウォルター・ブレナン (スタンピー)/ウォード・ボンド(パット)/ジョン・ラッセル (ネイサン)/クロード・エイキンス(ジョー)/ ハリー・ケリー・Jr (ハロルド)/ペドロ・ゴンザレス=ゴンザレス

敵側の奏でる“皆殺しの唄”のメロディも耳に心地よい。アクション以外にも見どころ満載で歌あり恋ありの、計算されたアクションを散りばめた痛快西部劇。
★いいな〜男映画は!ディーン・マーティンの歌声はなんえんぶりに聞いたのか。少年のころ新宿大ガードにかかった大きなこの映画の看板は忘れることができない。

1959
1959/04/
2009/7/10

149

アンテナ
(日)

117分 R-15

監督: 熊切和嘉
製作: 佐々木史朗
原作: 田口ランディ 『アンテナ』(幻冬舎刊)
脚本: 宇治田隆史/熊切和嘉
撮影: 柴主高秀
美術: 磯見俊裕
音楽: 赤犬/松本章
出演: 加瀬亮/小林明実 /木崎大輔 /宇崎竜童 /麻丘めぐみ /大森博 /入川保則/黒沼弘巳/寺島進

トラウマによって歪んでしまった家族の再生を描いた田口ランディの『コンセント』に続く長編小説第2作目を映画化したサイコロジカル・ドラマ。
★田口ランディものはよくわからん。黒沼くんが出てたのが拾いもの

2003
2004/01/10
2009/7/9

148

スペシャリスト
THE SPECIALIST
(米)
☆☆
110分 アクション

監督: ルイス・ロッサ
脚本: アレクサンドラ・セロス
撮影: ジェフリー・L・キンボール
音楽: ジョン・バリー
出演: シルヴェスター・スタローン/シャロン・ストーン/ジェームズ・ウッズ/ロッド・スタイガー/エリック・ロバーツ

スタローン&ストーン共演によるアクション映画。
★かつてのその道のプロが再度立ち上がるという定番的映画。スタローンの体がきもい

1994
1995/02/
2009/7/8

147

東京のヒロイン
(日)
☆☆
95分

監督: 島耕二
脚本: 長谷川公之
撮影: 平野好美
出演: 轟夕起子/森雅之/香川京子/河津清三郎/入江たか子/斎藤達雄

1950
1950/10/28
2009/7/8

146

コンセント
(日)
☆☆
113分 ドラマ/エロティック  R-15

監督: 中原俊
企画:佐々木史朗/見城徹
原作: 田口ランディ (『コンセント』幻冬社刊)
脚本: 奥寺佐渡子
撮影: 上野彰吾
音楽: 大友良英
出演: 市川実和子/村上淳/つみきみほ /木下ほうか /不破万作/りりィ /甲本雅裕 /芥正彦 /二木てるみ/夏八木勲

女性の視点から描かれたあけすけで激しいセックス描写が話題にもなった原作。
自身の発行するメルマガが6万人の読者を持ち“インターネット界の女王”とも呼ばれた女流小説家・田口ランディの処女小説を、「櫻の園」「カラフル」の中原俊監督が映画化したドラマ。兄の死に責任を感じ、生を拒絶した兄の秘密にとりつかれ精神のバランスを崩したひとりの女性が、精神と肉体の解体を通して新たな自分へ目覚めていくまでを描く。
★不思議ちゃん女優 市川実和子のはまり役。それにしても国貞教授役の芥正彦 のキャスティングには驚かされたぞ。ママ〜と実和子の乳首に吸い付く場面には腰を抜かしたぞ

2001
2002/02/02
2009/7/7

145

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア
QUEEN OF THE DAMNED
(米)
☆☆☆
111分 ホラー

監督: マイケル・ライマー
原作: アン・ライス
脚本: スコット・アボット/マイケル・ペトローニ
撮影: イアン・ベイカー
出演: スチュアート・タウンゼント/アリーヤ/マーガリート・モロー/ヴァンサン・ペレーズ/ポール・マッギャン/レナ・オリン

94年に大ヒットした「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の続編。原作は前作同様アン・ライス。今回トム・クルーズに代わり新たにレスタト役に抜擢されたのは「シューティング・フィッシュ」のスチュアート・タウンゼント。2001年8月25日、飛行機事故により22歳の若さで命を落としたシンガー、アリーヤの遺作となった。
★ばっかかじゃなかろか!!!

2002
2002/10/12
2009/7/6

144

トランスフォーマー/リベンジ
TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN (米)

150分 アクション/SF

監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー/ロベルト・オーチー/アレックス・カーツマン
撮影:ベン・セレシン/ロジャー・バートン
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー
主題歌: リンキンパーク
出演: シャイア・ラブーフ /ミーガン・フォックス/ジョシュ・デュアメル/タイリース・ギブソン/ジョン・タートゥーロ

今回は前作の1億5000万ドルの2倍にあたる製作費が投じられ、アメリカのみならず、上海、ロンドン、パリ、エジプトなど世界各地を舞台に物語が展開していく。
★なんじゃ〜これは  時間待ちでなんとなく見てしまったが、まったく?

2009
2009/06/20
2009/6/30

143

グッバイ ソロ
GOODBYE SOLO
(米)シネフィル・イマジカ
☆☆☆☆

監督: ラミン・バーラニ
出演: スレイマン・スイ・サヴァネ/レッド・ウェスト/ディアナ・フランコ・ガリンド/カルメン・レイヴァ

2008

2009/6/29

劇場未公開

142

青春の蹉跌
(日)
☆☆☆
85分 ドラマ/青春/サスペンス

監督: 神代辰巳
原作: 石川達三
脚本: 長谷川和彦
撮影: 姫田真佐久
音楽: 井上堯之(江藤賢一郎)/桃井かおり(大橋登美子)/檀ふみ (田中康子)/河原崎健三(三宅浩一)/赤座美代子(北条今日子)/荒木道子(賢一郎の母)/高橋昌也( 田中栄介)/上月左知子(田中君子)/森本レオ(小野清二郎)/中島葵(大橋栄子)/渥美国泰 (安部教授)/下川辰平( 刑事)/久米明(産婦人科医)/芹明香(シンナーの少女)/

社会への一歩を踏み出そうとする青年が、自らの野望に固執するあまり、逆に破滅していく姿を鮮烈に描く。
★雪の急斜面を二人で転がり落ちるシーンは、素晴らしい演出ゆえに鮮烈に記憶に残っていた。みんな若い、桃井かおりおっぱい(すでに乳首は真っ黒)、赤座美代子、壇ふみの新鮮で若々しい肢体が目に残る。それにしてもあの頃のファッションはいいな〜

1974
1974/06/29
2009/6/24

141

やわらかい手
IRINA PALM
( 白耳義/ルクセンブルク/伊/独/仏)
☆☆☆☆
103分 ドラマ/コメディ R-15

監督: サム・ガルバルスキ
脚本: フィリップ・ブラスバン/マーティン・ヘロン
撮影: クリストフ・ボーカルヌ
音楽: ギンズ
出演: マリアンヌ・フェイスフル(マギー)/ミキ・マノイロヴィッチ(ミキ)/ケヴィン・ビショップ(トム)/ シヴォーン・ヒューレット( サラ)/ドルカ・グリルシュ(ルイーザ)/ジェニー・アガター( ジェーン)/コーリー・バーク(オリー)/

幼い孫を助けたい一心で飛び込んだ未知の世界で新たな人生を見つける初老の女性を演じるハートフル・ドラマ。孫の手術費を稼ぐためそれまで無縁だった性風俗店で働き始めた主人公を巡って繰り広げられるホロ苦くも温かな人間模様をユーモラスなタッチで綴る。
★「あの胸にもういちど」のマリアンヌ・フェイスフルと衝撃な出会いからなん年の月日が経ったことか・・・ああ〜時間は酷いと思いながら観ていたが、人は容姿が変われども心の美しさが、人の心に反映するのだという、ある新たな衝撃で見終わった。

2007
2007/12/08
2009/6/23

140

簪(かんざし
(日)
☆☆☆
71分 ドラマ

監督: 清水宏
原作: 井伏鱒二
脚色: 清水宏
撮影: 猪飼助太郎
音楽: 浅井挙曄(恵美)/川崎弘子 (お菊)/斎藤達雄(片田江先生)/笠智衆(納村)/日守新一(広安)

★井伏鱒二の原作「四つの湯槽」。ロケ先は山梨の下部温泉かと思われる。古き良き時代を少年期に垣間見ている身としては、本当に日本て素晴らしい国だったんだとつくずく思ってしまう。

1941
1941/08/26
2009/6/21

139

スナッチ
SNATCH
(米)
☆☆☆
102分  犯罪/サスペンス PG-12

監督: ガイ・リッチー
脚本: ガイ・リッチー
撮影: ティム・モーリス=ジョーンズ
音楽: ジョン・マーフィ
出演: ベニチオ・デル・トロ (フランキー)/デニス・ファリナ(アビー)/ヴィニー・ジョーンズ( ブレット)/ブラッド・ピット(ミッキー)/ レイド・セルベッジア/ジェイソン・ステイサム/アラン・フォード

マドンナの夫としても注目を集める英国若手監督ガイ・リッチーの第2作目。1個の大粒ダイアモンドを巡って悪くてタフな連中が騒動を巻き起こすポップでスピーディな群像劇。ラビに扮装した強盗団がベルギーの宝石業者を襲い86カラットのダイヤを手に入れる。

2000
2001/03/10
2009/6/17

138

バッシング
BASHING
(日)バイオタイド

82分 ドラマ

監督: 小林政広
脚本: 小林政広
撮影監督: 斉藤幸一
出演: 占部房子/田中隆三/香川照之 /大塚寧々/加藤隆之/本多菊次朗/板橋和士

2004年にイラクで起きた日本人人質事件を巡る日本国内での反応をヒントに、中東で人質となった主人公の帰国後の姿を描いた社会派ドラマ。監督は「歩く、人」「フリック」の小林政広。2005年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作。
★北海道のとある海辺の町。ホテルでアルバイトをしていた高井有子は、ある日突然クビになってしまう。彼女は中東の戦時国でボランティア活動中、武装グループに拉致・監禁され、人質となった女性。無事に解放され、帰国した彼女には世間からの厳しいバッシングが待っていた不幸は止まることをしらなかった。観てしまった俺にも不幸の連鎖が・・・!

2005
2006/06/03
2009/6/16

137

歓喜の歌
(日)シネカノン
☆☆
112分 コメディ/音楽/ドラマ

監督: 松岡錠司
原作: 立川志の輔
脚本:松岡錠司 真辺克彦
撮影: 岡林昭宏
音楽: 岩代太郎
主題歌: クレイジーケンバンド 『あの鐘を鳴らすのはあなた』
出演: 小林薫/安田成美 /伊藤淳史/由紀さおり /浅田美代子/田中哲司/藤田弓子/根岸季/片桐はいり/でんでん/安田祥子/立川志の輔/立川談志/リリー・フランキー

落語家・立川志の輔の同名新作落語を映画化したハートフル音楽コメディ。大晦日の公営文化ホールでママさんコーラスのダブル・ブッキングが発覚したことから巻き起こる一大騒動をユーモラスに綴る。主演は小林薫、共演に6年ぶりのスクリーン復帰となる安田成美。 ★知り合いの監督の作品。知り合いの辻親八さんが出ていた。それでいいのだ?

2007
2008/02/02
2009/6/15

136

陽気なギャングが地球を回す
(日)
☆☆
92分 コメディ/犯罪/ロマンス

監督: 前田哲
原作: 伊坂幸太郎 『陽気なギャングが地球を回す』(祥伝社刊)脚本: 長谷川隆/前田哲/丑尾健太郎
撮影: 山本英夫
音楽: 佐藤“フィッシャー”五魚
主題歌: Skoop On Somebody 『How We Do It!』
出演: 大沢たかお /鈴木京香 /松田翔太/佐藤浩市/大倉孝二 /加藤ローサ/三浦知紘/中山祐一朗 /古田新太/大杉漣/篠井英介/松尾スズキ/木下ほうか/光石研

人気若手ミステリー作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラーを映画化したクライム・コメディ。銀行強盗を確実に成功させてきた4人組の強盗チームの前に謎の敵が出現、強奪した金をめぐって壮絶な頭脳戦が繰り広げられるさまをテンポよく綴る。監督は「パコダテ人」の前田哲。
★知り合いの女優、植村結子が出演していた ただそれだけの映画。なんで日本映画は?

2006
2006/05/13
2009/6/15

135

パリ、ジュテーム
PARIS, JE T'AIME
(仏/独/リヒテンシュタイン/スイス)
☆☆☆☆
120分  ロマンス/ドラマ

監督: ブリュノ・ポダリデス 「モンマルトル」
グリンダ・チャーダ 「セーヌ河岸」
ガス・ヴァン・サント 「マレ地区」
ジョエル・コーエン 「チュイルリー」
イーサン・コーエン 「チュイルリー」
ウォルター・サレス 「16区から遠く離れて」
ダニエラ・トマス 「16区から遠く離れて」
クリストファー・ドイル 「ショワジー門」
イザベル・コイシェ 「バスティーユ」
諏訪敦彦 「ヴィクトワール広場」
シルヴァン・ショメ 「エッフェル塔」
アルフォンソ・キュアロン 「モンソー公園」
オリヴィエ・アサイヤス 「デ・ザンファン・ルージュ地区」
オリヴァー・シュミッツ 「お祭り広場」
リチャード・ラグラヴェネーズ 「ピガール」
ヴィンチェンゾ・ナタリ 「マドレーヌ界隈」
ウェス・クレイヴン 「フォブール・サ・ドニ」
ジェラール・ドパルデュー 「カルチェラタン」
アレクサンダー・ペイン 「14区」
出演:
ブリュノ・ポダリデス フロランス・ミューレル「モンマルトル」レイラ・ベクティ シリル・デクール「セーヌ河岸」
マリアンヌ・フェイスフル イライアス・マッコネル ギャスパー・ウリエル 「マレ地区」
スティーヴ・ブシェミ ジュリー・バタイユ「チュイルリー」
カタリーナ・サンディノ・モレノ「16区から遠く離れて」
バーベット・シュローダー「ショワジー門」
セルジオ・カステリット「バスティーユ」
ミランダ・リチャードソン「バスティーユ」
レオノール・ワトリング 「バスティーユ」
ジュリエット・ビノシュ ウィレム・デフォー ポリット・ジラルド ヨランド・モロー 「ヴィクトワール広場」
シルヴァン・ショメ ポール・パトナー「エッフェル塔」
ニック・ノルティ マギー・ギレンホール リュディヴィーヌ・サニエ「モンソー公園」
オリヴィエ・アサイヤス 「デ・ザンファン・ルージュ地区」
リオネル・ドレー ジョアンナ・プレイス「デ・ザンファン・ルージュ地区」
セイドゥ・ボロ アイサ・マイガ「お祭り広場」
ファニー・アルダン ボブ・ホスキンス「ピガール」
イライジャ・ウッド オルガ・キュリレンコ ウェス・クレイヴン「マドレーヌ界隈」
エミリー・モーティマー ルーファス・シーウェル「ペール・ラシェーズ墓地」
アレクサンダー・ペイン「ペール・ラシェーズ墓地」
ナタリー・ポートマン メルキオール・ベスロン「フォブール・サ・ドニ」
ジーナ・ローランズ ベン・ギャザラ ジェラール・ドパルデュー「カルチェラタン」
マーゴ・マーティンデイル「14区」

パリの街そのものをテーマに、パリの様々な場所で撮り上げられた1編およそ5分、全18編からなるオムニバス・ムービー。この企画に世界中の映画監督たちが集結、それぞれの視点から花の都パリの新たな一面を切り取る。日本からも「M/OTHER」の諏訪敦彦監督が参加。2006年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門オープニング上映作品。
★豪華絢爛 見応え充分

2006
2007/03/03
2009/6/12

134

夏至
A LA VERTICALE DE LETE
(仏、ベトナム)
☆☆☆☆
112分 ドラマ

監督: トラン・アン・ユン
脚本: トラン・アン・ユン
撮影: マーク・リー
音楽: トン=ツァ・ティエ
出演: トラン・ヌー・イェン・ケー( 三女リエン)/チャン・マイン・クオン(次女の夫キエン)/グエン・ニュー・クイン(長女スオン)/レ・カイン(次女カイン)/ゴー・クァン・ハーイ(長男ハイ)/アンクル・フン( 長女の夫クオック)/レ・トゥアン・アイン (長女の不倫相手トゥアン)/

シクロ」で95年ヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞したトラン・アン・ユンの5年ぶりの新作。一貫してヴェトナムを舞台に人との絆や心の触れ合いをモチーフにしてきた監督が今回は家族に焦点を当て独自の優しい語り口を繊細なタッチで描く。
★この監督の映画は三作目だが、どれを撮っても素敵な作品ばかり。そういえば最近またなにか撮ったはず・・・観なければ。

2000
2001/07/14
2009/6/11

133

リオ・ロボ
RIO LOBO
(米)
☆☆☆☆
114分  西部劇

監督: ハワード・ホークス
原作: バートン・ウォール/リー・ブラケット
撮影: ウィリアム・クローシア
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: ジョン・ウェイン/ホルヘ・リヴェロ/クリストファー・ミッチャム/ジェニファー・オニール/ジャック・イーラム/マイク・ヘンリー

ェインの他にスターは出ないが「リオ・ブラボー」「エル・ドラド」と続いた三部作の最後、そして監督ホークスの遺作となった骨太の群像劇ウェスタンである。前二作と同じく豪放な笑いを基盤に、老若男女入り乱れての戦う集団形成のディテールは大いに楽しめる。 ★西部劇にセミヌードの女性が出たので話題になったことを思い出しながら、再見。
いいな〜〜ウェスタンは剛毅で解りやすく男が男でいられた時代だよ〜ん

1970
1971/02/
2009/6/11

132

人のセックスを笑うな
(日)東京テアトル
☆☆
137分  ロマンス

監督: 井口奈己
原作: 山崎ナオコーラ 『人のセックスを笑うな』(河出書房新社刊)
脚本: 本調有香/井口奈己
撮影: 鈴木昭彦
音楽: HAKASE-SUN
エンディングテーマ: MariMari 『MY LIFE』
出演: 永作博美(ユリ)/松山ケンイチ(みるめ)/蒼井優(えんちゃん)/忍成修吾(堂本)/市川実和子(生徒)/藤田陽子(画家)/あがた森魚( 猪熊さん)/温水洋一 (山田先生)/桂春團治(じいちゃん)/

第41回文藝賞受賞、第132回芥川賞候補作となった山崎ナオコーラのデビュー作を永作博美、松山ケンイチ主演で映画化した恋愛ストーリー。奔放な年上の既婚女性と恋に落ちた結果、振り回されてしまう青年を巡る恋愛模様を綴る
★なかなか面白いぞと見ていたが、情景を押さえた意味のありそでなさそうなカット割りの長さにはまいった、こうした冗漫さに付いていけなくなったと言うことは歳だ。

2007
2008/01/19
2009/6/10

131

ライトアップ! イルミネーション大戦争
DECK THE HALLS
(米)
☆☆
93分 コメディ/ファミリー

監督: ジョン・ホワイトセル
脚本: マット・コーマン/クリス・オード/ドン・ライマー
撮影: マーク・アーウィン
音楽: ジョージ・S・クリントン
出演: ダニー・デヴィート( バディ・ホール)/マシュー・ブロデリック(スティーブ・フィンチ)/クリスティン・デイヴィス(ケリー・フィンチ)/クリスティン・チェノウェス

新天地でド派手なクリスマス・イルミネーションに取り組み始めた家族の父親と、その際限のなさに嫌気がさした向かいの住民とのいがみ合いを描いたファミリー・コメディ。
★バカバカしくておもしろいドタバタコメディだけどコメントはしたくない

2006

2009/6/10

劇場未公開

130129

インナースペース
INNER SPACE
(米)
☆☆☆
121分 コメディ/SF

監督: ジョー・ダンテ
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ
脚本: ジェフリー・ボーム
撮影: アンドリュー・ラズロ
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
出演: デニス・クエイド/マーティン・ショート/メグ・ライアン/ケヴィン・マッカーシー/フィオナ・ルイス

★20年も前の作品で、さすが主演俳優たちの若さが際だち時間のむごさを感じさせる。
セットや小道具などが思いっきり金をかけていそうで製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグの本領発揮だ

1987
1987/12/
2009/6/

128

貴族の階段
(日)大映
☆☆☆
115分 ドラマ/サスペンス

監督: 吉村公三郎
原作: 武田泰淳 「貴族の階段」
脚本: 新藤兼人
撮影: 中川芳久
音楽: 黛敏郎
出演: 森雅之(西の丸秀彦)/細川ちか子(西の丸多美子)/金田一敦子(西の丸 氷見子)/本郷功次郎( 西の丸義人)/志村喬(西の丸公)/滝沢修(猛田大将)/村瀬幸子( 猛田那子)/叶順子(猛田節子)/仁木多鶴子(徳川さま)/菅原謙二(大山巡査)/倉田マユミ(しの)/佐々木孝丸(右翼理論家)/

★武田泰淳原作の異色作。2.26事件を背景に昭和初めの貴族令嬢の目からシニカルに時代を見つめ視線が現代にも通じるのが面白い。

1959
1959/10/18
2009/6/

127

ロヴァンスの贈りもの
A GOOD YEAR
(米)
☆☆☆
118分 ドラマ/ロマンス/コメディ

監督: リドリー・スコット
原作: ピーター・メイル
『プロヴァンスの贈りもの』(河出書房新社刊)
脚本: マーク・クライン
撮影: フィリップ・ル・スール
音楽: マルク・ストライテンフェルト
出演: ラッセル・クロウ( マックス・スキナー)/マリオン・コティヤール(ファニー・シュナル)/フレディ・ハイモア(少年時代のマックス)/アルバート・フィニー(ヘンリーおじさん)/アビー・コーニッシュ( クリスティ・ロバーツ)/ ディディエ・ブルドン(フランシス・デュフロ)/トム・ホランダー(チャーリー・ウィリス)

郷愁溢れる情景の南フランスを舞台に贈るラブ・ロマンス。『南仏プロヴァンスの12か月』で世界的なプロヴァンス・ブームを築いた立役者ピーター・メイルの同名小説を、彼の親友でもあるリドリー・スコット監督が、ラッセル・クロウを再び主演に迎えて映画化したスローライフ・ムービー。
★気分良く軽く酔っぱらって観ていたら、すっかりロハス的気分に陥ってしまった。リドリー・スコットはなにを撮ってもお上手です。

2006
2007/08/04
2009/6/9

126

ワイルド・ブロウ
ILLEGAL TENDER
(米)
☆☆☆
107分 ドラマ/犯罪/青春

監督: フランク・レイエス
脚本: フランク・レイエス
撮影: フランク・バイヤーズ
音楽: ヘイター・ペレイラ
出演: リック・ゴンザレス/ワンダ・デ・ジーザス/ダニア・ラミレス/ジェシカ・ピメンテル/マニー・ペレス/アントニオ・オルティス/テゴ・カルデロン/ゲイリー・ペレス

自分が生まれた日に麻薬ディーラーだった父が仲間の裏切りで殺されたことを知った青年が復讐を誓い、その仇を討つため壮絶な死闘を繰り広げるクライム・アクション。
★スパニッシュ系の俳優は個性的でエネルギッシュで気もちがよろしい。ストーリー展開の早さに、ピッタリと収まるテンポの良い姿もいい。

2007

2009/6/8

劇場未公開

125

クレールの刺繍
BRODEUSES
A COMMON THREAD
(仏)シネカノン
☆☆☆☆
88分 ドラマ

監督: エレオノール・フォーシェ
脚本: エレオノール・フォーシェ/ガエル・マーセ
撮影: ピエール・コットロー
音楽: マイケル・ガラッソ
出演: ローラ・ネマルク(クレール)/アリアンヌ・アスカリッド (メリキアン夫人)/ ジャッキー・ベロワイエ

望まない妊娠をした少女と、息子を亡くした中年女性が刺繍を通して温かな交流を紡いでいくヒューマン・ドラマ。監督は本作で劇場長編初メガホンのエレオノール・フォーシェ。主人公二人の心の軌跡を、美しい映像で繊細かつ静かに描き出していく。主演は「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」のローラ・ネマルクと「マルセイユの恋」のアリアンヌ・アスカリッド。
★しょうもない、グランプリを取るほどの映画か?もっともカンヌは審査員で映画の基準も激変するからしょうもないか。
●2004年カンヌ国際映画祭 ■批評家週間グランプリ

2003
2005/09/03
2009/6/7

124

ランダム・ハーツ
RANDOM HEARTS
(米)
☆☆
132分 ドラマ/ミステリー

監督: シドニー・ポラック
原作: ウォーレン・アドラー
脚本: カート・リュードック
撮影: フィリップ・ルース
出演: ハリソン・フォード(ダッチ)/クリスティン・スコット・トーマス(ケイ)/チャールズ・S・ダットン( アルシー)/ボニー・ハント(ウェンディ)/デニ/ポール・ギルフォイル

★ワシントンD.C.警察に勤めるダッチはうだつのあがらない内務調査室巡査部長。ある日、妻の乗った飛行機が墜落してしまうが、乗客名簿に妻の名は無く、チャンドラーという男の妻として搭乗していたのがダッチの妻らしい。妻の死に疑惑を抱いたダッチは単身調査を開始する。そしてチャンドラーの未亡人ケイに接触するのだが、同じ境遇に置かれた二人は互いに惹かれ合う・・・。男の心情が理解不能でふざけた設定で、気分悪い。

1999
1999/12/
2009/6/7

123

ドン・カステラーノ/N.Y.の帝王
BOSS OF BOSSES
(米)
☆☆
95分 ドラマ/犯罪

監督: ドワイト・H・リトル
原作: ジョセフ・F・オブライエン
脚本: ジェレ・カニンガム
撮影: ブライアン・J・レイノルズ
音楽: ジョン・アルトマン
出演: チャズ・パルミンテリ/ジェイ・O・サンダース/アンジェラ・アルヴァラード/クランシー・ブラウン

★ちょいとせこいマフィア映画で、キャストもストーリー展開もぬるくて飽きた

2001

2009/5/31

TVM
スターチャンネル

122

逃走迷路
SABOTEUR
(米)
☆☆☆
109分  サスペンス

監督: アルフレッド・ヒッチコック
脚本: ピーター・ヴィアテル
撮影: ジョセフ・ヴァレンタイン
音楽: チャールズ・プレヴィン/フランク・スキナー
出演: ロバート・カミングス/プリシラ・レイン/ノーマン・ロイド/オットー・クルーガー/アラン・バクスター

ヒッチコックがセルズニックからユニヴァーサルに貸し出されて撮った戦中の作品で、主演者への不満はあるが、クライマックスの自由の女神のシーンの素晴らしさが多少の不備は忘れさせる。監督でもあるN・ロイド(本篇の製作者でもあるF・ロイドの息子)の悪役がスリル! ヒッチ集大成「北北西に進路を取れ」に較ぶれば、無実の罪を被った男が真犯人を突き止める、十八番のストーリーもいささか未整理で、そのラストを効果的ならしめるために奉仕するにすぎない。

1942
1979/04/
2009/5/31

121

ひまわり
SUNFLOWER
(韓)
☆☆
116分 ドラマ PG-12

監督: カン・ソッポム
脚本: カン・ソッポム

出演: キム・レウォン/ホ・イジェ/キム・ヘスク/キム・ビョンオク

★やくざ映画なのだろうけど。隣国とは言え国民性の違いがくっきり明確に解らせてくれておもしろい。が刺青のグロさにはヘキヘキ

2006
2008/03/
2009/5/29

120

スラムドッグ$ミリオネア
SLUMDOG MILLIONAIRE
(英、米)
☆☆☆☆
120分 ドラマ/コメディ/ロマンスPG-12

監督: ダニー・ボイル
原作: ヴィカス・スワラップ
『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊)
脚本: サイモン・ボーフォイ
撮影: アンソニー・ドッド・マントル
音楽: A・R・ラーマン
出演: デヴ・パテル(ジャマール・マリク)/マドゥル・ミッタル (サリーム・マリク)/フリーダ・ピント( ラティカ)/アニル・カプール (プレーム・クマール)/イルファン・カーン(警部)/

トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督が、インドを舞台に撮り上げたバイタリティに満ちあふれた社会派エンタテインメント大河ラブ・ロマンス。
日本でもお馴染みのクイズ番組で史上最高額まであと1問と迫ったスラム育ちの青年が語る過酷にして波瀾万丈の生い立ちが、多彩な要素を巧みに織り込みつつスリリングかつ躍動感いっぱいに描かれてゆく。
★情報などまったく仕入れないで出かけたお陰で先入観無しに観た。映画の本分を存分に味わい楽しめよかった。とくに映像の美しさがずば抜けて素晴らしい。
●2008年アカデミー賞 ■作品賞 ■監督賞 ■脚色賞 ■撮影賞 ■作曲賞 ■歌曲賞 Gulzar “Jai Ho”(詞)/ A・R・ラーマン “Jai Ho”(曲)/ A・R・ラーマン “O Saya”(曲/詞)/ Maya Arulpragasam “O Saya”(詞) ■音響賞(調整) I ■編集賞 クリス・ディケンズ
●2008年全米批評家協会賞 ■撮影賞
●2008年NY批評家協会賞■撮影賞
●2008年LA批評家協会賞■監督賞 ダニー・ボイル
●2008年ゴールデン・グローブ ■作品賞(ドラマ) ■監督賞 ■脚本賞 ■音楽賞●2008年英国アカデミー賞 ■監督賞 ■脚色賞 ■作曲賞 ■撮影賞 ■編集賞 ■音響賞
●2008年放送映画批評家協会賞 ■作品賞 ■監督賞 ■脚本賞 ■音楽賞 ■若手俳優賞 デヴ・パテル

2008
2009/04/18
2009/5/

119

じゃじゃ馬ならし
LA BISBETICA DOMATA
THE TAMING OF THE SHREW
(米、伊)
☆☆☆☆
122分 コメディ

監督: フランコ・ゼフィレッリ
原作: ウィリアム・シェイクスピア
脚本: ポール・デーン/スーゾ・チェッキ・ダミーコ/フランコ・ゼフィレッリ
撮影: オズワルド・モリス
音楽: ニーノ・ロータ
出演: マイケル・ヨーク/エリザベス・テイラー/リチャード・バートン/ナターシャ・パイン/マイケル・ホーダーン/アルフレッド・リンチ/アラン・ウェッブ/シリル・キューザック

シェイクスピアの同名喜劇の映画化作品。
★さすがシェークスピア俳優のバートンの力量に今更ながら感服。テイラーはすでに円熟期に入り女っぷりも圧倒される。

1967
1967/06/
2009/5/25

118

謀議
CONSPIRACY
コンスピラシー アウシュビッツの黒幕
(米、英)
☆☆☆
96分  戦争/サスペンス/ドラマ

監督: フランク・ピアソン
脚本: ロリング・マンデル
撮影: スティーヴン・ゴールドブラット
出演: ケネス・ブラナー/スタンリー・トゥッチ/コリン・ファース/ジョナサン・コイ/ブレンダン・コイル/ベン・ダニエルズ/バーナビー・ケイ/デヴィッド・スレルフォール/イアン・マクニース

★ホロコーストに向かうナチスの苦悩を描いた密室劇で、女がまったく出てこないのが如何にも戦争の裏面史を描いているようで、スリリングだった。

2001

2009/5/25

TVM(WOWOW) スターチャンネル

117

恋愛専科
LOVERS MUST LEARN
ROME ADVENTURE
(米)
☆☆☆☆
120分  ロマンス

監督: デルマー・デイヴィス
原作: アーヴィング・ファイ
脚本: デルマー・デイヴィス
撮影: チャールズ・ロートン・Jr
音楽: マックス・スタイナー
出演: トロイ・ドナヒュー/スザンヌ・プレシェット/ロッサノ・ブラッツィ/アンジー・ディキンソン/パメラ・オースティン

イタリア観光映画としては申し分ないD・デイヴィスのロマンス編で、「避暑地の出来事」同様、M・スタイナーの音楽が大いに雰囲気を盛り上げる。
★俺が17歳の時の映画。新宿oガードの大きな大きな看板が未だに記憶に残る。あの頃はこうした映画を観る機会がなかったので40数年ぶりの出会い。ファッショがいい。人間がキレイ。脚本がストレートに素直。心地よいことこの上ない・・・いい時代だったのね

1962
1962/08/
2009/5/24

116

カサノバ
CASANOVA
(米)
☆☆
112分 ロマンス/コメディ/歴史劇

監督: ラッセ・ハルストレム
脚本: ジェフリー・ハッチャー/キンバリー・シミ
撮影: オリヴァー・ステイプルトン
音楽: アレクサンドル・デプラ
出演: ヒース・レジャー(ジャコモ・カサノバ)/シエナ・ミラー (フランチェスカ)/ジェレミー・アイアンズ( プッチ司教)/オリヴァー・プラット(パプリッツィオ)/レナ・オリン(アンドレア)/ オミッド・ジャリリ(トルポ・サルヴァ)/チャーリー・コックス (ジョバンニ)/ナタリー・ドーマー(ヴィクトリア)/

「サイダーハウス・ルール」「シッピング・ニュース」の名匠ラッセ・ハルストレム監督が、史上最も有名なプレイボーイ“カサノバ”を主人公に描く痛快恋愛コメディ。
★恋愛映画でコメディというふれこみながらヒース・レジャーがだめ。キャラクターが暗くてシリアス・・・他のキャスティングがいいだけにもったいない

2005
2006/06/17
2009/5/24

115

天使のくれた時間
THE FAMILY MAN
(米)
☆☆☆
125分 ドラマ/ロマンス/ファンタジー

監督: ブレット・ラトナー
脚本: デヴィッド・ダイアモンド/デヴィッド・ウェイスマン
撮影: ダンテ・スピノッティ
音楽: ダニー・エルフマン
出演: ニコラス・ケイジ/ティア・レオーニ/ドン・チードル/ジェレミー・ピヴェン/ソウル・ルビネック/ジョセフ・ソマー

優雅な独身生活を謳歌していたビジネスマンが昔の恋人との“もうひとつの人生”を体験することで本当の幸せに目覚める姿を描いた大人のファンタジー。成功を夢見て恋人ケイトと別れロンドンへ旅立ったジャック。13年後のいま、ジャックは大手金融会社の社長として、優雅な独身生活を満喫していた。クリスマス・イブ、昔の恋人ケイトからの電話があったが、かけ直すことはしなかった。その夜、自宅で眠りについたジャックだが、目覚めると、ケイトと我が子2人に囲まれた家庭人ジャックになっていた……。

2000
2001/04/28
2009/5/24

114

シューテム・アップ
SHOOT 'EM UP
(米)

86分 アクション R-15

監督: マイケル・デイヴィス
脚本: マイケル・デイヴィス
撮影: ピーター・パウ
音楽: ポール・ハスリンジャー
出演: クライヴ・オーウェン (スミス)/ポール・ジアマッティ (ハーツ)/モニカ・ベルッチ(ドンナ)

銃撃戦を追求した痛快ガン・アクション・ムービー。
★タイトル通り、撃つは撃つはここまで撃ちまくると予算はどのくらいかかるのだ?と心配してしまうほど撃ちまくる映画も珍しいが、ここまでやられるとばかばかしさを通り越して痛快・・・でも怖ろしいほどのバカ映画

2007
2008/05/31
2009/5/23

113

デイズ・オブ・グローリー
INDIGENES
DAYS OF GLORY
(アルジェリア/仏/ベルギー/モロッコ)☆☆☆☆
119分 ドラマ/戦争

監督: ラシッド・ブシャール
脚本: ラシッド・ブシャール/オリヴィエ・ローレル
撮影: パトリック・ブロシェ
音楽: アルマン・アマール
出演: ジャメル・ドゥブーズ/サミー・ナセリ/ロシュディ・ゼム/サミ・ブアジラ

2007年アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた戦争ドラマ。第二次世界大戦でドイツ軍を相手に苦戦を強いられているフランス。植民地のアルジェリアから金や名誉のために戦地に赴任したアラブ人兵士たちは戦場で苦しい差別にあっていた。まともな食事を与えてもらえず、弾除けのかわりであり、功労はフランス人に取られてしまう。アクション映画としては物足りないかもしれないが、同じ敵と戦いつつ命を軽視されてしまった兵士の存在をじっくりと描いた傑作。
★こうした切り口の戦争映画は珍しく、俳優陣も見知らぬ外国人ばかりだが素晴らしい
●2006年カンヌ国際映画祭 ■男優賞 ジャメル・ドゥブーズ /サミー・ナセリ / サミ・ブアジラ/ロシュディ・ゼム/ ベルナール・ブランカン 2006年
●2006年セザール賞 ■オリジナル脚本賞 ラシッド・ブシャール

2006

2009/5/23

劇場未公開

112

ビリディアナ
VIRIDIANA
(米)
☆☆☆☆
91分 ドラマ

監督:ルイス・ブニュエル
脚本:ルイス・ブニュエル/フリオ・アレハンドロ
撮影:ホセ・フェルナンデス・アグアイヨ
出演:シルヴィア・ピナル/フェルナンド・レイ/フランシスコ・ラバル/マルガリータ・ロサーノ

主人公ビリディアナは修道女を目指していた。育ての親である叔父は、 彼女に睡眠薬を飲ませ、眠った間に犯したと告げる。彼女は家を出奔、叔父は失望して自殺してしまう……。女性の抑圧された性をテーマにした心理ドラマ。
★1961年にスペインに招かれて『ビリディアナ』を撮影。フランコ将軍が 健在な時期に帰国したことで共和国側の亡命者達の間で非難轟々となる (やはり共和国側亡命者だったパブロ・ピカソ等は「フランコ政権が続 く限りスペインには戻らない」と宣言してそれを死ぬまで守ってい る)。だが、当局の検閲を通り、スペイン映画として初のカンヌ国際映 画祭グランプリを取ったこの映画は、乞食たちが最後の晩餐のパロ ディーを行うシーンがもとでスキャンダルを巻き起してスペインとイタ リアで上映禁止。「スキャンダル映画監督」の健在ぶりを示す。(Wikipedia)
●1961年カンヌ国際映画祭 ■パルム・ドール

1960
不明
2009/5/21

111

ひぐらしのなく頃に
(日)
☆☆
106分 サスペンス/ホラー/ミステリー

監督: 及川中
原作:竜騎士07 07th Expansion
脚本: 及川中
撮影: 白尾一博
音楽: 川井憲次
テーマ曲: 島みやえい子
出演:前田公輝/飛鳥凛/松山愛里 /あいか/小野恵令奈 /三輪ひとみ/谷口賢志 /川原亜矢子/杉本哲太

累計50万本を売り上げた同名人気ゲームソフトを実写し映画化したミステリー・ホラー。東京から小さな村の分校に転校してきた少年が、やがて想像を絶する秘密と恐怖に直面する。監督は「富江」「吉祥天女」の及川中。
★ミニスカートが似合う洗練された可愛い娘ばかりの田舎の村があるんだ、いってみたいものだと言うくらい違和感ばかりのビジュアル系映画。映像が凝っているのが見所か?

2007
2008/05/10
2009/5/18

110

木村家の人びと
(日)
☆☆
113分  コメディ

監督: 滝田洋二郎
原作: 谷俊彦
脚本: 一色伸幸
撮影: 志賀葉一
音楽: 大野克夫
出演: 鹿賀丈史/桃井かおり/岩崎ひろみ/伊崎充則/柄本明/木内みどり/小西博之/清水ミチコ/加藤嘉/酒井敏也/鳥越マリ/池島ゆたか/上田耕一/竹中直人/ベンガル

ひたすらお金を貯めることだけに奮闘する木村家の人々の姿を、財テク・ブームへの皮肉を交え、ブラックな味付けで描いたホーム・コメディ。
★ひたすらみんな若かったのねってなくらいの印象が残っただけ

1988
1988/05/14
2009/5/18

109

マン・オン・ザ・ムーン
MAN ON THE MOON
(米)
☆☆
119分 ドラマ

監督: ミロス・フォアマン
脚本: スコット・アレクサンダー/ラリー・カラゼウスキー
撮影: アナスタス・N・ミコス
音楽: R.E.M.
出演: ジム・キャリー/ダニー・デヴィート/コートニー・ラヴ/ポール・ジアマッティ/ヴィンセント・スキャヴェリ/ピーター・ボナーズ

実在のコメディアン、アンディ・カウフマンは35歳で他界した伝説のコメディアン。彼を主人公に、その孤独で不可思議な生涯を綴る人間ドラマ。おかしくも哀しいカウフマンを、売れないコメディアンとしてライブハウスを転々としていたカウフマンに、ある日チャンスが訪れる。やがて人気者となった彼はその成功とは裏腹に自虐的になってゆく。
★コメディーのイメージのジム・キャリーって俳優は生理的に合わないので今まで避けていたが、ミロス・フォアマン監督なので食いついたが、結構シリアスな内容なだけにで、彼の演技がず〜っと違和感がつきまとい辛いだけで終わったが、最後まで観たぞっと。

1999
2000/05/
2009/5/18

108

ママの遺したラヴソング
A LOVE SONG FOR BOBBY LONG
(米)
☆☆☆☆
120分 ドラマ

監督: シェイニー・ゲイベル
原作: ロナルド・イヴァレット・キャップス
脚本: シェイニー・ゲイベル
撮影: エリオット・デイヴィス
音楽: ネイサン・ラーソン
出演: ジョン・トラヴォルタ(ボビー・ロング)/スカーレット・ヨハンソン( パーシー)/ガブリエル・マクト(ローソン)/デボラ・カーラ・アンガー(ジョージアナ)/デイン・ローデス(セシル)/

長年会っていなかった母の訃報を受けて帰郷した少女が、実家に住み着いていた母の友人の2人の男との奇妙な共同生活を通して心を解きほぐしていく姿を描く。
★監督のシェイニー・ゲイベルはこれが初の劇映画作品打そうだが、そこそこに良かったのでその後の作品にも興味がわく。ネットで検索したがこの作品以外にヒットしないのは、やはりそこまでの監督か?

2004
2007/04/07
2009/5/11

107

ノーカントリー
NO COUNTRY FOR OLD MEN
(米)
☆☆☆☆
122分  ドラマ/犯罪/サスペンスR-15

監督: ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
原作: コーマック・マッカーシー『血と暴力の国』(扶桑社刊)
脚本: ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
撮影: ロジャー・ディーキンス
音楽: カーター・バーウェル
出演: トミー・リー・ジョーンズ( エド・トム・ベル保安官)/ハビエル・バルデム( アントン・シガー)/ジョシュ・ブローリン(ルウェリン・モス)/ウディ・ハレルソン(カーソン・ウェルズ)/ケリー・マクドナルド (カーラ・ジーン)/

「すべての美しい馬」の原作者、コーマック・マッカーシーの戦慄の犯罪小説『血と暴力の国』を「ファーゴ」のコーエン兄弟が映画化した衝撃のバイオレンス・ドラマ。80年代、メキシコ国境沿いのテキサスを舞台に、麻薬取引がらみの大金を持ち逃げしたばかりに、理不尽なまでに容赦のない宿命を背負わされてしまう男の運命を、原作の持つ神話的スケールそのままに描き出す。

●2007年アカデミー賞■作品賞 ■助演男優賞 ハビエル・バルデム ■監督賞 イーサン・コーエン ジョエル・コーエン ■脚色賞 イーサン・コーエン ジョエル・コーエン
●2007年アNY批評家協会賞 ■作品賞 ■助演男優賞 ハビエル・バルデム ■監督賞 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ■脚本賞
●2007年ゴールデン・グローブ ■助演男優賞 ハビエル・バルデム ■脚本賞 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
●2007年英国アカデミー賞 ■助演男優賞 ハビエル・バルデム ■監督賞 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ■撮影賞
●2007年放送映画批評家協会賞 ■作品賞 ■助演男優賞 ハビエル・バルデム ■監督賞 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン

2007
2008/03/15
2009/5/10

106

ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記
NATIONAL TREASURE: BOOK OF SECRETS (米)
☆☆
124分 冒険/アクション/ミステリー

監督: ジョン・タートルトーブ
脚本: コーマック・ウィバーリー
撮影: ジョン・シュワルツ
音楽: トレヴァー・ラビン
出演: ニコラス・ケイジ( ベン・ゲイツ)/ジョン・ヴォイト( パトリック・ゲイツ)/ハーヴェイ・カイテル( セダスキー)/エド・ハリス (ウィルキンソン)/ダイアン・クルーガー(アビゲイル・チェイス博士)/ジャスティン・バーサ (ライリー・プール)/ブルース・グリーンウッド(大統領)/ヘレン・ミレン(エミリー・アップルトン博)/ 士

トレジャー・ハンターが新たな謎解きに挑む人気アクション・アドベンチャーのシリーズ第2弾。歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツが、先祖を巻き込んだリンカーン大統領暗殺事件をめぐる真実へ迫っていくさまを豪華キャスト競演で描く。監督は前作に続き「クール・ランニング」のジョン・タートルトーブ。

2007
2007/12/21
2009/5/10

105

グラン・トリノ
GRAN TORINO
(米)
☆☆☆
117分 ドラマ

監督: クリント・イーストウッド
脚本: ニック・シェンク
撮影: トム・スターン
音楽: カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス
出演: クリント・イーストウッド( ウォルト・コワルスキー)/ビー・ヴァン(タオ・ロー)/アーニー・ハー( スー・ロー)/クリストファー・カーリー(ヤノビッチ神父)/

★俺の感性が鈍ったか、世評ほどの感動がなかった。が、昨今のCGでドカドカ脅かすような阿漕な手口もなく、淡々と語り紡いでゆく手法は清々しい。またキーワードになるのが昨今悪玉扱いされるタバコというのも小気味よかった。ヤノビッチ神父の名には苦笑。また彼の存在が最初はやんぬるかなだったのが、やがて好感度に変わった。そんな彼を見抜いてキャスティングしたイーストウッドの凄さに脱帽。個人的に特筆すべきは、エンドロールに重なるテーマソングのヴォーカルが胸に響き涙がにじんでしまった。こんな感動はファーストタイムなので、場内が明るくなってもしばらく立ち上がれなかった。

2008
2009/04/25
2009/5/7

104

Sweet Rain 死神の精度
(日)
☆☆☆
113分 ファンタジー/ドラマ

監督: 筧昌也
原作: 伊坂幸太郎 『死神の精度』(文藝春秋刊)
脚本: 筧昌也/小林弘利
撮影: 柴主高秀
音楽: ゲイリー芦屋
主題歌: 藤木一恵 『Sunny Day』
出演: 金城武/小西真奈美 /富司純子/光石研/石田卓也/村上淳/奥田恵梨華/吹越満

人気ミステリー作家・伊坂幸太郎のベストセラーを金城武主演で映画化したハートフル・ファンタジー。人間の感情を理解しない一風変わった死神と一人の若い女性との奇妙な交流とその顛末を綴る。
★最後の最後ですとんと腑に落ちた。原作者伊坂幸太郎作品は当代一の人気作家の評判で一作も読まずに逃げていたが、これを機に読んでみようか。

2007
2008/03/22
2009/5/6

103

ミス・ポター
MISS POTTER
(米)
☆☆☆
93分 ドラマ/伝記/ロマンス

監督: クリス・ヌーナン
脚本: リチャード・マルトビー・Jr
撮影: アンドリュー・ダン
音楽: ナイジェル・ウェストレイク
出演: レニー・ゼルウィガー (ビアトリクス・ポター)/ユアン・マクレガー (ノーマン・ウォーン)/エミリー・ワトソン (ミリー・ウォーン)/ビル・パターソン (ルパート・ポター)/バーバラ・フリン ( ヘレン・ポター)/

主演は本作で製作総指揮も務める「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガー。世界中で愛されているキャラクター、ピーターラビットを生んだ女流作家ビアトリクス・ポターの半生を綴る伝記ドラマ。
★こういうハートウォーミングな映画もたまには良いものだ。レニー・ゼルウィガーとピーターラビットの取り合わせの妙は抜群に優しい

2006
2007/09/15
2009/5/4

102

パーフェクト・ストレンジャー
PERFECT STRANGER
(米)
☆☆☆
110分 サスペンス/ミステリー PG-12

監督: ジェームズ・フォーリー
脚本: トッド・コマーニキ
撮影: アナスタス・N・ミコス
音楽: アントニオ・ピント
出演: ハル・ベリー(ロウィーナ)/ブルース・ウィリス (ハリソン・ヒル)/ジョヴァンニ・リビシ(マイルズ)/ ゲイリー・ドゥーダン(キャメロン)/

摩天楼を夢みて」「コンフィデンス」のジェームズ・フォーリー監督描くミステリー・サスペンス。
★なんでもかんでも秘密にすればミステリーサスペンスと思っていそうながバカヤロ映画。ハル・ベリーをキャスティングしたのもおどうよと言いたいが、ファンなので許す!

2007
2007/09/29
2009/5/3

101

雨あがる
WHEN THE RAIN LIFTS
(日)

91分 時代劇

監督: 小泉堯史
原作: 山本周五郎 新潮文庫「おごそかな渇き」
脚本: 黒澤明
撮影: 上田正治
音楽: 佐藤勝
監督補: 野上照代
出演: 寺尾聰 /宮崎美子/三船史郎 /吉岡秀隆/原田美枝子/檀ふみ /井川比佐志/加藤隆之/松村達雄/仲代達矢

故・黒澤明監督が山本周五郎の短編をもとに書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが映画化。剣の達人でありながら人の良さが災いし、思うように仕官になれない浪人をユーモラスに描く。
★最低!三船史郎 こいつがとくにミスキャスト

1999
2000/01/22
2009/5/3

100

消えた天使
THE FLOCK
(米)
☆☆☆☆
105分 サスペンス/ドラマ  R-15

監督: アンドリュー・ラウ
脚本: ハンス・バウアー/クレイグ・ミッチェル
撮影: エンリケ・シャディアック
音楽: ガイ・ファーレイ
出演: リチャード・ギア(エロル・バベッジ)/クレア・デインズ (アリスン・ラウリー)/アヴリル・ラヴィーン(ベアトリス・ベル)/ケイディー・ストリックランド( ビオラ・フライ)/レイ・ワイズ (ボビー・スタイルズ)

「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督がハリウッド・デビューを果たした社会派サスペンス・ドラマ。性犯罪歴の登録とその公開という性犯罪の件数が多いアメリカ特有の制度を背景に、性犯罪者を監視する一人の監察官が足を踏み入れる現代社会が抱える深い闇を大胆に描き出す。
★ギアは老けたな〜、美男子の衰えは酷い。とはいえ役柄をきっぱり割り切って演じているところが清々しき感じた。作品もサスペンス映画として良くできている。

2007
2007/08/04
2009/4/29

99

執炎
(日)
☆☆☆☆
120分 ドラマ/ロマンス

監督: 蔵原惟繕
原作: 加茂菖子
脚本: 山田信夫
撮影: 間宮義雄
音楽: 黛敏郎
出演: 浅丘ルリ子/伊丹一三/芦川いづみ/平田大三郎/松尾嘉代/上野山功一/信欣三/細川ちか子/宇野重吉

★時あたかも東京オリンピックが開催された年。この時期日活はアクション路線に突き進み、たまぁ〜に純愛路線などもあったが、こんな映画も撮っていたんだ。後で知ったことだがこの作品は蔵原監督の最高作と褒めちぎっている人もいるようだ。いいねぇ〜情念の世界

1964
1964/11/22
2009/4/28

98

イルマーレ
THE LAKE HOUSE
(米)
☆☆☆
98分 ロマンス/ファンタジー

監督: アレハンドロ・アグレスティ
脚本: デヴィッド・オーバーン
撮影: アラー・キヴィロ
音楽: レイチェル・ポートマン
出演: キアヌ・リーヴス/サンドラ・ブロック/ショーレ・アグダシュルー/クリストファー・プラマー/ディラン・ウォルシュ

2001年に製作された同名の韓国映画を、「スピード」のキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックの共演でリメイクしたファンタジー・ラブストーリー。“湖の家”の郵便ポストが取り持つ不思議な恋の行方をロマンチックに綴る。
★2年間というタイムパラドックスを上手い具合に演出しているが、いまいちかな?

2006
2006/09/23
2009/4/27

97

ヒーリング・ハート
侠骨仁心
HEALING HEARTS
(香港)
☆☆☆
107分 ドラマ/ロマンス

監督: ゲイリー・タン
脚本: ゲイリー・タン
撮影: チェン・マンポー
出演: トニー・レオン/ミッシェル・リー/スティーヴン・フォン/ケニー・ビー

★この国の映画は描きすぎが難。それにしてもミッシェル・リーっていいなあ=

2000
2009/4/27

劇場未公開

96

黒猫・白猫
CHAT NOIR, CHAT BLANC
CRNA MACKA, BELI MACOR
(仏、独、ユーゴスラビア)
☆☆☆☆
130分 コメディ

監督: エミール・クストリッツァ
脚本: ゴルダン・ミヒッチ
撮影: ティエリー・アルボガスト
出演: バイラム・セヴェルジャン/マトゥコ・デスタノフ/スルジャン・トドロヴィッチ ダダン/ブランカ・カティッチ イダ

「パパは、出張中!」「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツァ監督作品。ドナウ川のほとりに暮らすジプシー一族に起こる若者の恋愛や石油列車強奪計画といったエピソードを、陽気にストレートに描いたコメディ。
★はちゃめちゃに愉快な映画だ。
●1998年ヴェネチア国際映画祭 ■監督賞

1998
1999/08/
2009/4/26

95

冬の猿
UN SINGE EN HIVER
(仏)
☆☆☆☆
102分 ドラマ

監督: アンリ・ヴェルヌイユ
脚色: フランソワ・ボワイエ
台詞: ミシェル・オーディアール
撮影: ルイ・パージュ
音楽: ミシェル・マーニ/ジャン=ポール・ベルモンド/シュザンヌ・フロン/ガブリエル・ドルジア

当時実年齢56才と29才の二人の注目すべきアクターがどんなやりとりを繰り広げるか必見。ギャバンがベルモンドに“若い時の俺にそっくりだ。”と映画のセリフを通して語る。日本ではビデオのみの公開であったが、1996年冬にギャバン没後20周年記念企画で初公開された。
★男が居る、友情がある。ギャバンは男だ。

1962
1996/12/
2009/4/25

94

姿三四郎
(日)
☆☆☆☆

監督: 内川清一郎
原作: 富田常雄
脚本: 黒澤明
撮影: 小泉福造
音楽: 佐藤勝
出演: 加山雄三/三船敏郎/山崎努/岡田英次/伊藤雄之助/加東大介/九重佑三子/志村喬

★姿三四郎の師の名前が矢野正五郎、俺の親父の名とまったく同じ。劇中矢野さんの名の連呼はこっぱずかしいのだ。

1965
1965/05/29
2009/4/24

93

街のあかり
LAITAKAUPUNGIN VALOT
LIGHTS IN THE DUSK
LICHTER DER VORSTADT
LES LUMIERES DU FAUBOURG
(フィンランド/独/仏)
☆☆☆☆
78分 ドラマ

監督: アキ・カウリスマキ
製作: アキ・カウリスマキ
脚本: アキ・カウリスマキ
撮影: ティモ・サルミネン
音楽: メルローズ
出演: ヤンネ・フーティアイネン(コイスティネン)/マリア・ヤンヴェンヘルミ(ミルヤ)/ マリア・ヘイスカネン( アイラ)/

アキ・カウリスマキ監督自ら位置づける、「浮き雲」「過去のない男」に続く“敗者三部作”の最終章。孤独な男に訪れる底割れの不幸と再生へのかすかな希望を抑制されたタッチで静かに綴る。
★また観てしまったよ

2006
2007/07/07
2009/4/24

92

犬猫
(日)
☆☆☆
94分  コメディ/ドラマ

監督: 井口奈己
脚本: 井口奈己
撮影: 鈴木昭彦
音楽: 鈴木惣一朗
主題歌: 湯川潮音 『うしろ姿の人』
出演: 榎本加奈子(ヨーコ)/藤田陽子(スズ)/忍成修吾(三鷹)/小池栄子( アベチャン)/西島秀俊(古田)/

2001年のPFFアワードで企画賞を受賞し話題を呼んだインディ作品を、キャストを一新し井口奈己監督自らの手でリメイク。ひょんなことから一緒に暮らすことになった対照的な女の子2人の日常を優しく丁寧に綴る。主演はテレビを中心に活躍する榎本加奈子とモデルやミュージシャンなど幅広く活動を続ける藤田陽子。
★「人のセックスを笑うな」もまだ観てないが、この作品を見たら是非観たくなったぞ

2004
2004/12/04
2009/4/21

91

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―RED CLIFF: PART II
ジャンル(米、中、日、台湾、韓)
☆☆☆☆
144分  歴史劇/アクション/ドラマ

監督: ジョン・ウー
アクション監督: コリー・ユン
脚本: ジョン・ウー/チャン・カン/コー・ジェン/シン・ハーユ
撮影: リュイ・ユエ/チャン・リー
美術: ティム・イップ
衣装デザイン: ティム・イップ
音楽: 岩代太郎
主題歌: アラン
出演: トニー・レオン( 周瑜)/金城武ン(孔明)/チャン・フォンイーン(曹操)/ チャン・チェンン(孫権)/ヴィッキー・チャオ ン(尚香)/フー・ジュン ン(趙雲)/中村獅童ン( 甘興)

三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編。ついに迎えた歴史的大戦“赤壁の戦い”が空前のスケールで展開していく。
★パート1が物足りなかったので、二の足を踏んでいたが観て良かった。これぞスペキタクル映画といえる作品だ。曹操役のチャン・フォンイーンも存在感が大きく描かれていた。が、桃園の誓いをたてた劉備、関羽、張飛、そして趙雲がどうにもキャスティング的にピント来なかった。ま〜本場の人たちの選択なのだろうからこうしたイメージなのだろう。すこ〜し日本人は彼らを美化しすぎているようだ。

2009
2009/04/10
2009/4/20
吉祥寺東亜

90

告訴せず
(日)
☆☆☆
90分 ドラマ

監督: 堀川弘通
原作: 松本清張 「告訴せず」文春文庫
脚本: 山田信夫
撮影: 福沢康道
音楽: 佐藤勝
出演: 青島幸男/江波杏子/西村晃/小沢栄太郎/悠木千帆/渡辺文雄/加藤嘉

★原作は松本清張の同名小説。『黒い画集 あるサラリーマンの証言』の堀川弘通監督(1960)が撮った同じ清張作品の映画化。社会派の辛口ピカレスク映画なのだが青島主演というのでどうにもエンターテインメント性を強く感じてしまう。が、なかなかのもであることは確か。

1975
1975/02/01
2009/4/20

89

エンゼル・ハート
ANGEL HEART
(米)
☆☆☆☆
113分 ホラー/ミステリー

監督: アラン・パーカー
原作: ウィリアム・ヒョーツバーグ
脚本: アラン・パーカー
撮影: マイケル・セレシン
音楽: トレヴァー・ジョーンズ
出演: ミッキー・ローク(ハリー・エンゼル)/ロバート・デ・ニーロ(ルイ・サイファー)/リサ・ボネ(エピファニー・プラウドフット)/ シャーロット・ランプリング(マーガレット)/ストッカー・ファウンテリエ( イーサン)/ブラウニー・マッギー(ツーツ・スイート)/

謎の人物からの依頼で、失踪した人気歌手の行方を追うブルックリンの私立探偵。だが、彼の行く先々では奇怪な殺人が続発、事件の全貌を知ろうとした探偵を待っていたものは思いもかけない真実だった……。ヒョーツバーグの原作を、A・パーカーがいつもながらのスタイリッシュな映像美で映画化したオカルト・ミステリー。ややヴィジュアルに溺れすぎたきらいもあるが、50年代のニューヨークやニューオリンズで展開されていく探偵映画の雰囲気がいい
★数十年ぶりの再会だが映画は少しも色褪せてない・・・観賞する俺もか?

1987
1987/06/
2009/4/21

88

戒厳令
(日)
☆☆☆
111分 ドラマ

監督: 吉田喜重
製作: 岡田茉莉子/上野昂志/葛井欣士郎
企画: 吉田喜重/葛井欣士郎
脚本: 別役実
撮影: 長谷川元吉
音楽: 一柳慧
出演: 三国連太郎(北一輝)/松村康世( 妻すず)/三宅康夫 ( 兵士A)/倉野章子(その妻)/内藤武敏 /辻萬長 (朝日平吾)

政治を行うためには、左や右などという思想に関係なく権力を奪取しなければならない。しかし権力は、これまでの歴史で明らかなように永続するものではない。それに耐えるのが、歴史のありようなので、北一輝を無名の下級兵士との対比させたのも、それに踊らされた道化として描こうとした。( 吉田喜重)
★一兵士の妻を演じた倉野章子のヌードと脇毛が衝撃的(因みに彼女は角野拓造の妻)

1973
1973/07/07
2009/4/21

87

B型の彼氏
MY BOYFRIEND IS TYPE-B
( 韓)

98分 ロマンス/コメディ

監督: チェ・ソグォン
脚本: ソ・ドンウォン/イ・ユンジン/チェ・ソグォン
撮影: キム・ドンウン
音楽: キム・ヨング/ハン・ジヘ /シン・イ

韓国では血液型占いが近年急速に普及し、とくにB型男子がヤリ玉に挙がり大きな論争になるなど一大ブームに発展、本作はそうした背景の中で製作・公開され、本国韓国では150万人を動員する大ヒットとなった。ちなみに製作スタッフは監督をはじめ全員がB型。
★たまにこんな映画もいいか〜と観たが。やっぱりなぁ〜

2005
2006/01/28
2009/4/20

86

ONCE ダブリンの街角で
ONCE
(アイルランド)
☆☆☆☆
87分 ロマンス/音楽

監督: ジョン・カーニー
脚本: ジョン・カーニー
撮影: ティム・フレミング
出演: グレン・ハンサード /マルケタ・イルグロヴァ

アイルランドのダブリンを舞台に、地元の男とチェコ移民の若い女がストリートで出会い、音楽を通して心を通わせていくさまを、自然な形で挿入される歌の数々で紡いでいくラブ・ストーリー。主演はアイルランドの人気バンド“ザ・フレイムス”のフロントマン、グレン・ハンサードとチェコのシンガーソングライター、マルケタ・イルグロヴァ。彼らが本作のために書き下ろし楽曲の数々が、口数の少ない主人公たちの繊細な感情の機微をセリフ以上の雄弁さで表現していく。監督は、自身もかつてザ・フレイムスのメンバーとして活動した経歴を持つ「オン・エッジ 19歳のカルテ」のジョン・カーニー。
★派手な映像もなく、有名なキャストやスタッフもいない。地味だが透明感溢れて新鮮
●2007年アカデミー賞■歌曲賞 マルケタ・イルグロヴァ "Falling Slowly" グレン・ハンサード
●2007年LA批評家協会賞 ■音楽賞 グレン・ハンサード / マルケタ・イルグロヴァ ●2007年インディペンデント・スピリット賞 ■外国映画賞
●2007年放送映画批評家協会賞 ■歌曲賞 グレン・ハンサード “Falling Slowly” マルケタ・イルグロヴァ

2006
2007/11/03
2009/4/20

85

殺人捜査線
THE LINEUP
(米)
☆☆☆
87分  犯罪/ドラマ

監督: ドン・シーゲル
脚本: スターリング・シリファント
撮影: ハル・モーア
音楽: ミッシャ・バカライニコフ
出演: イーライ・ウォラック(ダンサー)/ロバート・キース(ジュリアン)/リチャード・ジャッケル(サンディ・マクレイン)/ メアリー・ラロシュ(ドロシー・ブラッドショウ)/

もとはD・シーゲル監督がパイロット版を作った後、TVシリーズ化されて人気を博した犯罪ドラマを、あらためて彼自身の手で長編劇映画化。ただしシーゲル監督はここでTVシリーズ版とはあくまで一線を画し、彼独自の映画世界を深く追求。非情な殺し屋2人組を物語の主軸に据えたハードボイルドなドラマ作りは、非情な殺し屋2人組が麻薬密売組織の黒幕に迫っていく様子を、D・シーゲル監督がスリル満点に描写。後の傑作「殺人者たち」の原型ともなったB級アクションの決定版。クライマックスの息詰まるカーチェイス・シーンもスリル満点で見逃せない。本国でもDVD未発売で、今回は貴重なオンエアだ。

1958

2009/4/20
WOWOW
激情未公開

84

宮本武蔵 一乗寺の決斗
(日)
☆☆☆
128分 時代劇

監督: 内田吐夢
原作: 吉川英治
脚本: 鈴木尚也/内田吐夢
撮影: 吉田貞次
音楽: 小杉太一郎
出演: 中村錦之助(宮本武蔵)/入江若葉(お通)/木村功(本位田又八)/浪花千栄子( お杉)/丘さとみ(朱実)/岩崎加根子(吉野太夫)江原真二郎(吉岡清十郎)/平幹二朗(吉岡伝七郎)/河原崎長一郎(林吉次郎)/香川良介(植田良平)/佐藤慶 /山形勲( 壬生源左衛門)/花沢徳衛(青木丹左衛門)/谷啓(赤壁八十馬)/千田是也(本阿弥光悦)/東山千栄子( 妙秀)/東野英治郎(灰屋紹由)/徳大寺伸(烏丸光広)/織田政雄(木賃宿の親爺)/高倉健(佐々木小次郎)/

武蔵が、吉岡一門と壮絶な死闘を繰り広げる、シリーズ第4作!全五部作中、最も殺気と気迫に満ち凄絶な作品。

1964
1964/01/01
2009/4/19

83

小さな中国のお針子
BALZAC ET LA PETITE TAILLEUSE CHINOISE
THE LITTLE CHINESE SEAMSTRESS
(仏)
☆☆☆☆
110分 ドラマ/ロマンス/青春

監督: ダイ・シージエ
原作: ダイ・シージエ
『バルザックと小さな中国のお針子』早川書房刊
脚本: ダイ・シージエ/ナディーヌ・ペロン
撮影: ジャン=マリー・ドルージュ
出演: ジョウ・シュン(お針子) /リウ・イエ (マー)/チェン・クン( ルオ)/ツォン・チーチュン (仕立屋)

文化大革命の中国を舞台に、2人の青年を通して西洋文学から影響を受け自ら運命を切り開くべく自我に目覚めていく少女の心の成長を描いた青春ラブ・ストーリー。監督はフランスで活動を続けるダイ・シージエ。原作はダイ・シージエ監督の世界的ベストセラー『バルザックと小さな中国のお針子』。主演は「ふたりの人魚」のジョウ・シュン、「山の郵便配達」のリィウ・イエ。
★山の郵便配達」も良かったが、この映画も素朴な山の人生を淡々と描いて気持ちの良い透明感溢れる青春映画だった

2002
2003/01/25
2009/4/16

82

華麗なる激情
THE AGONY AND THE ECSTASY
(米)
☆☆☆
139分 歴史劇

監督: キャロル・リード
原作: アーヴィング・ストーン
脚本: フィリップ・ダン
撮影: レオン・シャムロイ
音楽: アレックス・ノース
出演: チャールトン・ヘストン/レックス・ハリソン/ダイアン・シレント/ハリー・アンドリュース/アドルフォ・チェリ

ある時期“コスチュームものならこの人”と言われたほど、歴史劇に数多く出演したC・ヘストン。彼が中世の大画家ミケランジェロに扮した大作で、名匠C・リードがメガフォンをとっている事からも、その作品規模の大きさがわかる。シスチネ大聖堂のフレスコ画制作に挑むミケランジェロの姿を通して、当時の芸術家の苦闘を正攻法で描いている。天井に張り巡らされた足場に寝転がり、絵を描き続けるという難しい役どころを、ヘストンが重厚に演じており、見応えのある作品。

1964
1966/02/
2009/4/14

81

人生劇場
(日)
☆☆☆
分 ドラマ

監督: 舛田利雄
原作: 尾崎士郎
脚本: 棚田吾郎
撮影: 間宮義雄
音楽: 伊部晴美
出演: 高橋英樹/松原智恵子/水谷良重/滝沢修/宍戸錠

★偶然にも日米両国で制作された同年同月公開日の映画を二本見たことになる。ホームシアターならではのことで、俺がまだ成人前の19歳の時の作品かと重うと新鮮な気分になる。

1964
1964/02/23
2009/4/14

80

宮本武蔵 二刀流開眼
(日)
☆☆☆☆
104分 時代劇

監督: 内田吐夢
原作: 吉川英治
脚本: 鈴木尚也/内田吐夢
撮影: 吉田貞次
音楽: 小杉太一郎
助監督: 山下耕作
出演: 中村錦之助(宮本武蔵)/入江若葉(お通)/木村功(本位田又八)/浪花千栄子(お杉)/阿部九州男( 権叔父)/木暮実千代(お甲)/丘さとみ( 朱実)/江原真二郎(吉岡清十郎)/平幹二朗( 吉岡伝七郎)/河原崎長一郎(林吉次郎)/南廣(祇園藤次)/香川良介(植田良平)/薄田研二( 柳生石舟斎)/神田隆(出淵孫兵衛)/ 片岡栄二郎(村田与三)/谷啓(赤壁八十馬)/常田富士男(漁師)/高倉健(佐々木小次郎)

シリーズ第3作、吉岡清十郎との対決、生涯のライバル小次郎の登場など見所はある。
★この映画も何度観たことだろうか、見るたびに新鮮な発見があるのが嬉しい

1963
1963/08/14
2009/4/12

79

ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版()
BLADE RUNNER: THE DIRECTOR'S CUT
(米/香港)
☆☆☆☆☆
116分 SF

監督: リドリー・スコット
原作: フィリップ・K・ディック
脚本: ハンプトン・ファンチャー/デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
撮影: ジョーダン・クローネンウェス
音楽: ヴァンゲリス
出演: ハリソン・フォード (デッカード)/ルトガー・ハウアー(ロイ)/ ショーン・ヤング(レイチェル)/ エドワード・ジェームズ・オルモス(ガフィ)/ダリル・ハンナ(プリス)/ ブライオン・ジェームズ(レオン)/ジョアンナ・キャシディ( ゾーラ)/M・エメット・ウォルシュ( ブライアント)/ウィリアム・サンダーソン (J・F・セバスチャン)/ジョセフ・ターケル(エルドン・タイレル)/ ジェームズ・ホ(眼球製作者)/

リアルな近未来象を描きカルト的人気を得た「ブレードランナー」。当時から、残酷描写がらみのヴァージョン違いが存在していたが、それから10年後、遂にリドリー・スコット自身が“これが本当にやりたかった事だ”と語る完全版が登場した。ハードボイルド・ムードを醸し出していたデッカードのモノローグをカットし、“ユニコーン”のモチーフを新たに挿入、そして幕切れを大幅に変更した。“完全版”登場の際に必ず起きる“どちらが良いか?”という議論は当然なされ、初公開版の好きな人は否定的で、元々「ブレードランナー」に過度の思い入れが無い人は肯定的であったのが面白い。一度公開されてしまえば、監督がいくら何と言おうと、“映画”は一人歩きを始めているのだ。そんな、当たり前の事を再認識させてくれたヴァージョンであった。

1992
1992/10/
2009/4/7

78

この道は母へとつづく
ITALIANETZ
THE ITALIAN
(ロシア)
☆☆☆☆
99分 ドラマ/ファミリ ーPG-12

監督: アンドレイ・クラフチューク
脚本: アンドレイ・ロマーノフ
撮影: アレクサンドル・ブーロフ
音楽: アレクサンドル・クナイフェリ
出演: コーリャ・スピリドノフ (ワーニャ)/マリヤ・クズネ(ツォーワ マダム)/ダーリヤ・レスニコーワ(ムーヒンの母)/ユーリイ・イツコーフ( 孤児院長)/ニコライ・レウトフ(グリーシャ)/

孤児院で育った6歳の少年が実の母を求めて過酷なひとり旅を繰り広げる感動ドラマ。ある出来事を境に実母との再会を希求した末、独学で文字を覚え、ついには孤児院を抜け出し、追っ手を躱しながら母を探す少年の悲壮な旅路を、現代ロシアの社会情勢を背景にリアルなタッチで綴る。

2000
2007/10/27
2009/4/6

77

エンロン
 巨大企業はいかにして崩壊したのか?
ENRON: THE SMARTEST GUYS IN THE ROOM
(米)
☆☆☆
110分 ドキュメンタリー

監督: アレックス・ギブニー
ナレーション: ピーター・コヨーテ

全米のみならず世界中に衝撃をもたらした巨大企業“エンロン”を巡る史上最大の企業スキャンダルの真相に迫るドキュメンタリー。エネルギー業界の規制緩和の波に乗り急成長を遂げ、ついには全米第7位の巨大企業となったエンロンは、一つの不正疑惑報道をきっかけに、わずか一月半で破綻に追い込まれることとなる。本作はそんなエンロン急成長の裏側で繰り広げられた欲に駆られた人間たちのモラルなき暴走ぶりを、元社員の証言や内部資料を基に暴き出していく
★不覚にも後半寝てしまった・・・経済ものは・・・だめなの解っているのに

2005
2006/11/18
2009/4/4

76

メジャーリーグ2
MAJOR LEAGUE II
(米)
☆☆☆
105分 コメディ/スポーツ

監督: デヴィッド・S・ウォード
脚本: R・J・スチュアート
撮影: ヴィクター・ハマー
音楽: ミシェル・コロンビエ
出演: トム・ベレンジャー/チャーリー・シーン/コービン・バーンセン/デニス・ヘイスバート/ジェームズ・ギャモン/オマー・エップス/石橋貴明/レネ・ルッソ

大人気スポーツ・コメディ「メジャーリーグ」の第2弾。とんねるずの石橋貴明が出演した事でも話題を呼んだ。前作で奇跡的な優勝を飾ったインディアンズも、今年は連敗続き。メンバーたちにもやる気が観られず、すっかり堕落しきっていた
★いやはや石橋貴明のキャラクターのおもしろさは、何回見ても面白い

1994
1994/06/
2009/4/3

75

絶対の愛
TIME
( 韓/日)
☆☆☆
98分 ドラマ/ロマンス

監督: キム・ギドク
脚本: キム・ギドク
撮影: ソン・ジョンム
出演: ソン・ヒョナ/ハ・ジョンウ/パク・チヨン/杉野希妃

美容整形が一定の市民権を得て一般の人の間にも広く浸透していると言われる韓国の社会事情を背景に、鬼才キム・ギドク監督が放つ戦慄のラブ・ストーリー。恋人が自分に飽きてしまうこと恐れるあまり、自ら顔と名前を変え、別人として再び男の前に現れ、男の愛を永遠につなぎ止めようとするヒロインの壮絶な運命の行方をスリリングに描き出す。

20062
2007/03/10
009/4/1

74

ラストキング・オブ・スコットランド
THE LAST KING OF SCOTLAND
(米/英)
☆☆☆☆
125分 ドラマ/サスペンス

監督: ケヴィン・マクドナルド
原作: ジャイルズ・フォーデン
『スコットランドの黒い王様』(新潮社刊)
脚本: ジェレミー・ブロック/ピーター・モーガン
撮影: アンソニー・ドッド・マントル
音楽: アレックス・ヘッフェス
出演: フォレスト・ウィッテカー(イディ・アミン)/ジェームズ・マカヴォイ(ニコラス・ギャリガン)/ケリー・ワシントン(ケイ・アミン)/ ジリアン・アンダーソン (サラ・メリット)/サイモン・マクバーニー(ストーン)/

実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像に迫る政治サスペンス。当初は英雄として国民の期待を一身に集めながら、権力の座に就くや独裁者へと変貌、冷酷な殺人を繰り返すさまを、彼の側近となったスコットランド人青年の視点からスリリングに描き出す。原作はジャイルズ・フォーデンの『スコットランドの黒い王様』。

●2006年アカデミー賞■主演男優賞 フォレスト・ウィッテカー
●2006年全米批評家協会賞 ■主演男優賞 フォレスト・ウィッテカー
●2006年NY批評家協会賞 ■男優賞 フォレスト・ウィッテカー
●2006年LA批評家協会賞  ■男優賞 フォレスト・ウィッテカー
●2006年ゴールデン・グローブ ■男優賞(ドラマ) フォレスト・ウィッテカー
●2006年英国アカデミー賞 ■主演男優賞 フォレスト・ウィッテカー ■脚色賞
●2006年 ■英国作品賞(アレキサンダー・コルダ賞)
●2006年放送映画批評家協会賞 ■主演男優賞 フォレスト・ウィッテカー

2006
2007/03/10
2009/3/31

73

NEXT -ネクスト-
NEXT
(米)
☆☆☆
95分 SF/アクション/サスペンス

監督: リー・タマホリ
原作: フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』
脚本: ゲイリー・ゴールドマン/ジョナサン・ヘンズリー/ポール・バーンバウム
撮影: デヴィッド・タッターサル
音楽: マーク・アイシャム
出演: ニコラス・ケイジ(クリス・ジョンソン)/ジュリアン・ムーア(カリー・フェリス)/ジェシカ・ビール(リズ)/トーマス・クレッチマン(スミス)/トリー・キトルズ(キャバノー)/ ピーター・フォーク(アーヴ)

予知能力を持つ男が最大の危機に立ち向かうSFサスペンス。人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編『ゴールデン・マン』を映画化。“2分先”の自分に関わる未来だけが見える主人公が核爆弾テロの阻止を託され、その凶行を食い止めるべく奔走する。監督は「007/ダイ・アナザー・デイ」のリー・タマホリ。
★構成によって緊張感を出す工夫が面白く、映像も工夫があって佳かった。

2007
2008/04/26
2009/3/31

72

大いなる陰謀
LIONS FOR LAMBS
(米)
☆☆
92分 ドラマ

監督: ロバート・レッドフォード
脚本: マシュー・マイケル・カーナハン
撮影: フィリップ・ルースロ
音楽: マーク・アイシャム
出演: ロバート・レッドフォード( マレー教授)/メリル・ストリープ (ジャニーン・ロス記者)/トム・クルーズ(アーヴィング上院議員)/マイケル・ペーニャ(アーネスト)/デレク・ルーク(アリアン・フィンチ)/ アンドリュー・ガーフィールド(トッド・ヘイズ)/ ピーター・バーグ(ファルコ中佐)/

7年ぶりにメガホンを執ったロバート・レッドフォードの社会派ドラマ。対テロ戦争の戦略を打ち出し大統領への野望を目論む政治家とその真相に迫る女性記者の熾烈な駆け引きを中心に、無情にもその戦略に巻き込まれた人々それぞれの顛末を重厚なタッチで描く。

2007
2008/04/18
2009/3/28

71

ニューオーリンズ・トライアル
RUNAWAY JURY
ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決(米)
☆☆
128分 ドラマ/サスペンス

監督: ゲイリー・フレダー
原作: ジョン・グリシャム『陪審評決』(新潮文庫刊)
脚本: ブライアン・コッペルマン/デヴィッド・レヴィーン/マシュー・チャップマン/リック・クリーヴランド
撮影: ロバート・エルスウィット
音楽: クリストファー・ヤング
出演: ジョン・キューザック(ニック・イースター)/ジーン・ハックマン( ランキン・フィッチ)/ダスティン・ホフマン(ウェンドール・ローア)/レイチェル・ワイズ(マーリー)/ブルース・デイヴィソン( ダーウッド・ケーブル)/ブルース・マッギル(ハーキン判事)/ジェレミー・ピヴェン/ジェニファー・ビールス

「ザ・ファーム/法律事務所」「ペリカン文書」など多くのヒット映画の原作者としても知られるベストセラー作家ジョン・グリシャムの『陪審評決』を基に、訴訟内容をタバコ訴訟から銃訴訟に置き換え映画化した緊迫のリーガル・サスペンス。陪審員の取り込みを図り様々な裏工作を交え熾烈な駆け引きを展開する原告・被告側双方と、ある目的を秘めて陪審員団に潜り込むことに成功した一人の男。ひとつの民事訴訟を巡って繰り広げられる三すくみの法廷外バトルをスピーディかつスリリングに描く。

2003
2004/01/31
2009/3/28

70

4分間のピアニスト
VIER MINUTEN
FOUR MINUTES
(独)
☆☆☆☆
115分  ドラマ/音楽

監督: クリス・クラウス
脚本: クリス・クラウス
撮影: ユーディット・カウフマン
音楽: アネッテ・フォックス
出演: モニカ・ブライブトロイ/ハンナー・ヘルツシュプルング/スヴェン・ピッピッヒ ミュッツェ/ヤスミン・タバタバイ アイゼ

国ドイツで大ヒットした音楽ヒューマン・ドラマ。類いまれなピアノの才能を持ちながら殺人犯として収監され、刑務所の中でも手のつけられない問題児となった女囚と、彼女の才能に惚れ込み残り少ない人生を懸ける老教師、そんな2人の女性の魂のぶつかり合いを衝撃的に描く。主演は新人ハンナー・ヘルツシュプルングとドイツの人気俳優モーリッツ・ブライブトロイを息子に持つベテラン女優モニカ・ブライブトロイ。

2006
2007/11/10
2009/3/27

69

ブラッド・ダイヤモンド
BLOOD DIAMOND
(米)
☆☆☆☆
143分 サスペンス/ドラマ

監督: エドワード・ズウィック
脚本: チャールズ・リーヴィット
撮影: エドゥアルド・セラ
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演: レオナルド・ディカプリオ (ダニー・アーチャー)/ジェニファー・コネリー (マディー・ボウエン)/ジャイモン・フンスー (ソロモン・バンディー)/ マイケル・シーン (シモンズ)/アーノルド・ヴォスルー (大佐)/

 内戦の続くアフリカ奥地を舞台に、隠された巨大なピンク・ダイヤモンドをめぐって3人の男女の運命が交錯する社会派アドベンチャー・スリラー。監督は「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック。
★TV出身のズウィック監督の作はどれもビッグバジェットな作品ばかりで、「恋に落ちたシェークスピア」「トラフィック」「アイアムサム」などプロデューサーとしてもヒット作を発表しハリウッド・エンターテイメントとして堅固なポジションを保持している。

2006
2007/04/07
2009/3/27

68

美代子阿佐ヶ谷気分
(日)
☆☆☆
分 

監督: 坪田義史
原作: 安部慎一
脚本: 坪田義史
音楽:スパルタ・ローカル
出演: 水橋研二/町田マリー/本多章一/松浦裕也/あんじ/佐野史郎/林静一/原マスミ/三上寛/銀座吟八/飯島大介/杉作J太郎/しまおまほ/石川真希

★劇場公開前のDVDを業界人からもらったので早速観た。原作は旧知の漫画家阿部慎一。 本編エピローグは淡々と漫画の画そのものを投影してゆく、中盤以降は江部慎一自身。
音楽は阿部慎一の倅のロックバンドが参加していて、妙な映画だが面白かった。

2009
2009/6
2009/3/25

67

リトル・チルドレン
LITTLE CHILDREN
(米)
☆☆☆
137分 ドラマ/サスペンス/コメディ
R-15

監督: トッド・フィール
原作: トム・ペロッタ
脚本: トッド・フィールド/トム・ペロッタ
撮影: アントニオ・カルヴァッシュ
音楽: トーマス・ニューマン
出演: ケイト・ウィンスレット(サラ・ピアース)/パトリック・ウィルソン(ブラッド・アダムソン)/ジェニファー・コネリー(キャシー・アダムソン)/ジャッキー・アール・ヘイリー( ロニー・マゴーヴィー)

トム・ペロッタの全米ベストセラー小説を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した悲喜劇メロドラマ。郊外の住宅地を舞台に、いい年して今の自分を受け入れられず別の人生を夢見てしまう大人になりきれない大人たちの哀しい人間模様を、同情と共感を込めつつもシニカルに綴る。
★子役出身のジャッキー・アール・ヘイリーは強烈な個性を発揮して凄くいい、助演男優賞に初ノミネートされて当然。子供役はダコタ・ファニングそっくりだったなぁ!ダコタ・ファニング本当に可愛い・・・がこうした子役からの役者は、おしなべてハイティーン頃には、ジャンキーか溶接というのが通り相場だが、今や売れっ子、如何なる結果が待っているのか。
●2006年NY批評家協会賞■助演男優賞  ジャッキー・アール・ヘイリー

2006
2007/07/28
2009/3/22

66

トスカーナの休日
UNDER THE TUSCAN SUN
(米/伊)
☆☆☆☆
113分  コメディ/ドラマ/ロマンス

監督: オードリー・ウェルズ
原作: フランシス・メイズ 『イタリア・トスカーナの休日』(早川書房刊)
脚本: オードリー・ウェルズ
撮影: ジェフリー・シンプソン
音楽: クリストフ・ベック
出演: ダイアン・レイン(フランシス)/サンドラ・オー(パティ)/リンゼイ・ダンカン(キャサリン)/ラウル・ボヴァ(マルチェロ)/ ヴィンセント・リオッタ(マルティニ)/マリオ・モニチェリ

予期せぬ離婚で深く傷ついた女性が新天地で身も心も癒やされていくコメディ・ドラマ。世界的ベストセラー『イタリア・トスカーナの休日』を映画化。
★サンドラ・オーって東洋系の女優は結構いい女の設定で出てくるが、どこがいいのだか?

2003
2004/06/12
2009/3/22

65

勝負犬
(日)
☆☆
88分 アクション

監督: 井上芳夫
脚本: 藤本義一
撮影: 宗川信夫
音楽: 山内正
出演: 田宮二郎/天知茂/坂本スミ子/藤岡琢也/永田靖/姿美千子

1967
1967/10/14
2009/3/22

64

さくら道

テレビ信州/日テレ(9〜11時)
(日)
☆☆☆
分 

監督:渡邊孝好
出演:緒形直人/薬師丸ひろ子/志田未来/菅野莉央/笹野高史/赤木春恵/田中要次/井川比佐志/大滝秀治 

このドラマは昭和30年代に実際に岐阜県であった話をもとにしたドラマです。緒形直人扮する佐藤良二という人はバスの車掌さんなのだがいろんな趣味に凝ってしまう性格。ある時はオーディオだったり、カメラだったり、しかし岐阜県荘川の御母衣湖の桜(荘川桜)の移植をきっかけに「桜」にはまってしまう。自費で苗を購入し、バス路線の道沿いにどんどん植えていくのだ。金沢から荘川、岐阜を経由し名古屋までの国道沿いを桜の道にしようとたったひとり奮闘する。
★以前1994年、神山征二郎作品「さくら」を観たが、TVドラマとはいえ遜色のない出来映えに、ちょいと感動をもらった。圧巻は、武者小路実篤役、大滝秀冶の横顔。

2009
2009/3/17
2009/3/17

63

阿弥陀堂だより
(日)
☆☆☆
128分 ドラマ

監督: 小泉堯史
原作: 南木佳士(『阿弥陀堂だより』文藝春秋刊)
脚色: 小泉堯史
撮影: 上田正治
美術: 村木与四郎
音楽: 加古隆
出演: 寺尾聰(上田孝夫)/樋口可南子(上田美智子)/田村高廣 (幸田重長)/香川京子(幸田ヨネ)/井川比佐志(助役)/吉岡秀隆 ( 中村医師)/小西真奈美( 小百合)/北林谷栄(おうめ婆)

芥川賞作家・南木佳士の同名小説の映画化。監督は前作「雨あがる」を初監督し、国内外で高い評価を受けた小泉堯史。
★東京に住む上田孝夫と美智子の夫婦。孝夫は売れない小説家、美智子は大学病院の有能な医師だった。ある日、美智子は流産をきっかけにパニック障害という心の病にかかってしまう。都会の生活にも仕事にも疲れきっていた2人は、孝夫の故郷である信州へ移住することを決心した。2人は移り住んだある村で、村の死者がまつられた阿弥陀堂で暮らしているおうめ婆さんを始め、様々な人々と出会った。喋ることが出来ない難病を抱える少女・小百合は、おうめが日々思ったことを書きとめ、村の広報誌に“阿弥陀堂だより”として連載していた。清潔感いっぱいの作品

2002
2002/10/05
2009/3/17

62

中国の植物学者の娘たち
LES FILLES DU BOTANISTE
THE CHINESE BOTANIST'S DAUGHTER
植物学家的中国女孩
(加/仏)
☆☆
98分 ドラマ PG-12

監督: ダイ・シージエ
脚本: ダイ・シージエ/ナディーヌ・ペロン
撮影: ギイ・デュフォー
音楽: エリック・レヴィ
出演: ミレーヌ・ジャンパノイ( リー・ミン)/リー・シャオラン (チェン・アン)/リン・トンフー(チェン教授)/グエン・ニュー・クイン (孤児院の院長)/ワン・ウェイドン(タン)

フランスを拠点に活動を続ける中国出身監督ダイ・シージエが、「小さな中国のお針子」に続いて再び中国を舞台に撮り上げた美しく官能的な2人の女性の物語。封建的な男性上位社会で辛苦を分かち合う若い2人の女性の友情が、いつしか恋愛感情へと発展していくさまを綴る。中国政府の許可が下りず隣国ベトナムでロケが行われた。
★映像がエロチックだったぞ

2005
2007/12/15
2009/3/17

61

ライラの冒険 黄金の羅針盤
THE GOLDEN COMPASS
(米)
☆☆☆☆
112分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ

監督: クリス・ワイツ
原作:フィリップ・プルマン『黄金の羅針盤』(新潮社刊)
脚本: クリス・ワイツ
撮影: ヘンリー・ブラハム
音楽: アレクサンドル・デスプラ
出演: ニコール・キッドマン(コールター夫人)/ダコタ・ブルー・リチャーズ(ライラ)/サム・エリオット (リー・スコーズビー)/エヴァ・グリーン(セラフィナ・ペカーラ)/クリストファー・リー(第一評議員)/トム・コートネイ( ファーダー・コーラム)/デレク・ジャコビ(教権の密使)/ダニエル・クレイグ (アスリエル卿)/キャシー・ベイツ (ヘスター)/

オリジナルティ溢れる深淵な世界観と、ユニークかつ魅力的なキャラクターの数々、そして大胆不敵にして深い哲学的テーマ性で文学史上に残る傑作となったフィリップ・プルマンの“ライラの冒険”三部作冒険ファンタジー超大作。本作はその第一弾。

●2007年アカデミー賞 ■視覚効果賞
●2007年英国アカデミー賞■特殊視覚効果賞

2007
2008/03/01
2009/3/14

60

ポンヌフの恋人
LES AMANTS DU PONT-NEUF
THE LOVERS ON THE BRIDGE
(仏)
☆☆☆☆
125分 ドラマ/ロマンス

監督: レオス・カラックス
脚本: レオス・カラックス
撮影: ジャン=イヴ・エスコフィエ
音楽: ベンジャミン・ブリテン
主題歌: デヴィッド・ボウイ/リタ・ミツコ
出演: ドニ・ラヴァン( アレックス)/ジュリエット・ビノシュ(ミシェル)/クラウス=ミヒャエル・グリューバー( ハンス)/ダニエル・ビュアン/マリオン・スタレンス/エディット・スコブ

単館としては記録的な大ヒットをした、奇才カラックスの鮮烈な愛の映画。パリの中央にあるポンヌフ橋を実物と寸分違わずセットで再現して、幾度なく資金難による撮影中断を余儀なくされた大作でもある。
★これは良い映画で誰にも勧められる。15年前の作品だけにビノシュが若い。あの頃は俺も若かったリアルタイムで観ておけばもっともっと感動しただろうと思うと残念だ。
●1992年ヨーロッパ映画賞■主演女優賞 ■撮影賞 ■編集賞

1991
1992/03/
2009/3/11

59

隠し砦の三悪人
(日)
☆☆☆☆☆
139分  時代劇/サスペンス/アクション

監督: 黒澤明
監督: 黒澤明
脚本: 黒澤明/菊島隆三/小国英雄/橋本忍
撮影: 山崎市雄
美術: 村木与四郎
音楽: 佐藤勝
出演: 三船敏郎 (真壁六郎太)/千秋実 (太平)/藤原釜足(又七)/藤田進( 田所兵衛)/志村喬(老将長倉和泉)/上原美佐(雪姫)/三好栄子( 老女)/樋口年子(百姓娘)/藤木悠( 峠の関所番卒)/土屋嘉男 (早川方の騎馬侍)/高堂国典(立札の前の男)/ 加藤武(落武者)/三井弘次( 山名の番卒)/小川虎之助(橋の関所奉行)/ 上田吉二郎(人買い)/ 沢村いき雄(バクチの男)/堺左千夫 (六郎太に捕まえられる雑兵)/谷晃 (六郎太に捕まえられる雑兵)/佐藤允(山名の足軽)/中丸忠雄(屈強な若者)/

★すでに何度三鷹も忘れてしまうほどの黒澤作品・・・もはや語ることもないが観るたびに感動するのも凄い

1958
1958/12/28
2009/3/9

58

茶々 天涯の貴妃
(日)

128分 時代劇/ドラマ

監督: 橋本一
原作: 井上靖『淀どの日記』(角川文庫刊)
脚本: 高田宏治
音楽: 海田庄吾
主題歌: Sowelu『光』
出演: 和央ようか(茶々)/寺島しのぶ(小督)/ 富田靖子(はつ)/高島礼子(大蔵御局)/余貴美子(北政所)/原田美枝子(お市の方)/松重豊(本田佐渡守)/中村獅童(徳川家康)/渡部篤郎(豊臣秀吉)/松方弘樹(織田信長

★最悪、原作者にタイして無礼であろう。和央ようか、寺島しのぶ下品、キャスティング最低。 配役全てみんなイヤ・・・うぅ〜〜ということで一時間観たが結局リタイア

2007
2007/12/22
2009/3/8

57

ブコウスキー:オールドパンク
BUKOWSKI: BORN INTO THIS
(米)
☆☆☆☆
113分  ドキュメンタリー/伝記

監督: ジョン・ダラガン
脚本: ヴィクター・リヴィングストン
音楽: ジェームズ・ウェズリー・ステンプル
出演: チャールズ・ブコウスキー/リンダ・リー・ブコウスキー/トム・ウェイツ/ボノ/ショーン・ペン/ハリー・ディーン・スタントン

同時代のビート作家たちとは一線を画し、数々の逸話に彩られたアメリカ文学界の異才・チャールズ・ブコウスキーの実像に迫るドキュメンタリー。94年にこの世を去ったブコウスキーの貴重なインタビュー映像に加え、ショーン・ペンやトム・ウェイツ、U2のボノなど、彼と親交を持ち、彼を愛した人々が登場、その魅力と素顔を語ってゆく。
★ブコウスキーは凄く興味の対象としての人物だった。想像道理の強面の大男・・・・?

2002
2005/10/08
2009/3/8

56

アイリス
IRIS
(米/英)
☆☆☆☆
91分 ドラマ

監督: リチャード・エアー
原作: ジョン・ベイリー
脚本: リチャード・エアー/チャールズ・ウッド
撮影: ロジャー・プラット
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: ジュディ・デンチ(アイリス・マードック)/ジム・ブロードベント(ジョン・ベイリー)/ケイト・ウィンスレット( 若き日のアイリス)/ヒュー・ボネヴィル(若き日のジョン)/

“イギリスで最も素晴らしい女性”と形容された実在の作家アイリス・マードックを、イギリスを代表する大女優ジュディ・デンチが渾身の演技で演じた感動のドラマ。アイリスの夫で同じく作家であり文芸評論家のジョン・ベイリーの原作をもとに夫婦の永遠の愛を綴る。
★若き日のアイリスと年老いてからのアイリスを対比させながら展開する手法が秀逸。自由奔放な生き方をする彼女とそれを受け入れるの寛容さと愛情の深さが素晴らしい。
●2001年アカデミー賞 ■助演男優賞 ジム・ブロードベント
●2001年LA批評家協会賞 ■助演女優賞 ケイト・ウィンスレット
●2001年ゴールデン・グローブ ■助演男優賞 ジム・ブロードベント
●2001年英国アカデミー賞 ■主演女優賞 ジュディ・デンチ

2001
2002/12/07
2009/3/8

55

わが愛 北海道
(日)
☆☆☆☆
分 

2009/3/6

54

神様がくれた時間 岡本喜八と妻 がん告知からの300日
(日)
☆☆☆☆
112分 

2005年にがんで亡くなった映画監督、岡本喜八。在宅での闘病生活を支えたのは妻でありプロデューサーであったみね子だった。末期という告知から、その死まで、妻はどのような思いで夫を支え、映画監督の誇りを持たせ続けたのか。夫の力が湧くように工夫した毎日の食事。40作目の作品に向けての脚本の読み合わせ。妻の残した日記やインタビューをもとに、夫婦の最後の日々を静かに見つめる。

2009/3/5

53

さくら
(日)
☆☆☆
108分 実話

監督: 神山征二郎
原作: 中村儀朋
脚本: 加藤伸代
撮影: 伊藤嘉宏
出演: 篠田三郎/田中好子/鈴木ヒロミツ/河原崎長一郎/樹木希林/片桐夕子/原田清人/小野武彦/高橋長英/菅井きん/花澤徳衛/山本圭/山村聰

★今年の3月27日に渡邊孝好監督が日テレ50周年記念作品として、この原作を演出した放映されると言うことを聞いたので、あえて観てみた。淡々と主人公の来し方を描いて爽やかだった。さぁ〜渡邊監督がどう料理するか楽しみである

1994
1994/04/09
2009/3/5

52

スラバヤ殿下
(日)
☆☆
分 コメディ

監督: 佐藤武
原作: 菊田一夫
脚本: 柳沢類寿
撮影: 横山実
音楽: 松井八郎
出演: 森繁久弥/島秋子/馬淵晴子/有島一郎/丹下キヨ子/飯田蝶子/三木のり平/内海突破/三島雅雄

1955
1955/01/23
2009/3/5

51

驟雨
(日)
☆☆
分 

監督:成瀬巳喜男
原作:岸田国士
脚色:玉井正夫
音楽:斎藤一郎
主演:並木亮太郎(佐野周二)/並木文子(原節子)/あや子(香川京子)/今里念吉(小林桂樹)/今里雛子(根岸明美)/川上(加東大介)/ 三輪(伊豆肇)/ 幼稚園長(長岡輝子)

★原節子にとっては等身大の主婦を演じており小津映画とは違っ女性像を演じている。シリアスな夫婦の危機を描きつつも、驟雨のように通り過ぎ結局「犬も食わない」能天気な結末は他の成瀬作品と比べてもユーモラスである。が、ひたすら淡々と・・・飽きる。

1956
2009/3/4

49

僕と未来とブエノスアイレス
EL ABRAZO PARTIDO
LOST EMBRACE
(アルゼンチン/仏/伊/西班牙)
☆☆☆☆
100分 ドラマ

監督: ダニエル・ブルマン
脚本: ダニエル・ブルマン/マルセロ・ビルマヘル
撮影: ラミロ・シビータ
音楽: セサール・レールネール
出演: ダニエル・エンドレール(アリエル)/アドリアーナ・アイゼンベルグ(ソニア)/ホルヘ・デリア ( エリアス)/セルジオ・ボリス( ジョセフ)/シルビナ・ボスコ(リタ)

アルゼンチンのブエノスアイレスにあるアーケード商店街を舞台に、そこに暮らす様々な人々の人間模様と主人公のユダヤ系青年の心の成長を描いた人情ドラマ。監督は新鋭ダニエル・ブルマン。
★知らない国の知らない町の淡々とした出来事を上手に描いていて、好印象の映画だった●2004年ベルリン国際映画祭■審査員特別賞・銀熊賞 ダニエル・ブルマン ■銀熊賞(男優賞)

2004
2006/01/14
2009/3/4

48

耳に残るは君の歌声
THE MAN WHO CRIED
(英、仏)

97分 ドラマ/音楽

監督: サリー・ポッター
脚本: サリー・ポッター
撮影: サッシャ・ヴィエルニ
音楽: オスヴァルト・ゴリジョフ
音楽プロデューサー: サリー・ポッター
演奏: クロノス・カルテット
出演: クリスティナ・リッチ(スージー(フィゲレ))/ジョニー・デップ(チェーザー)/ケイト・ブランシェット(ローラ)/ジョン・タートゥーロ(ダンテ)/ ハリー・ディーン・スタントン(フェリックス)/

舞台に音楽に詩にとマルチな才能を発揮しているアーティスト、サリー・ポッターの「オルランド」「タンゴ・レッスン」に次ぐ長編第3作目。
★ユダヤの少女の波乱に富んだ半生を、音楽を全面にフィーチャーして描く、大河ロマン。C・リッチ、J・デップ、K・ブランシェット、J・タートゥーロという4人の実力派俳優が豪華に競演してるのだが、なにがんだかまったく理解不能。

2000
2001/12/15
2009/3/4

47

シシリアの恋人
LA MOGILE PIU BELLA
ドラマ
(伊)
☆☆☆
109分 

監督: ダミアーノ・ダミアーニ
脚本: ダミアーノ・ダミアーニ/エンリコ・リブリン/ソフィア・スカンデュラ
撮影: フランコ・ディ・ジャコモ
音楽: エンニオ・モリコーネ
出演: オルネラ・ムーティ/アレッシオ・オラーノ/アメリゴ・トット

O・ムーティのデビュー作でシシリアを舞台に展開するメロドラマ。

1970
1971/09/
2009/2/

46

サルバドールの朝
SALVADOR
(西班牙/英)
☆☆☆☆
135分 ドラマ

監督: マヌエル・ウエルガ
原作: フランセスク・エスクリバノ
脚本: ユイス・アルカラーソ
撮影: ダビ・オメデス
音楽: ルイス・リャック
出演: ダニエル・ブリュール(サルバドール・ブッチ・アンティック)/トリスタン・ウヨア (オリオル・アラウ)/レオナルド・スバラグリア( ヘスス)/ホエル・ホアン (オリオル)/セルソ・ブガーリョ (サルバドールの父)/メルセデス・サンピエトロ(サルバドールの母)/イングリッド・ルビオ(マルガリーダ)/レオノール・ワトリング( クカ)/

フランコ独裁政権に反発してアナーキスト集団の活動に身を投じ、わずか25歳の若さで死刑に処せられた実在の青年サルバドール・ブッチ・アンティックの最期の瞬間を見つめた人間ドラマ。。
サルバドール役は、『グッバイ、レーニン!』のダニエル・ブリュール。 彼の元恋人を『トーク・トゥ・ハー』のレオノール・ワトリンクが演じている。
★いろいろ色物議をかもした作品だったが、見る機会を逸していた。確かにいろいろ物議をかもすだろう要因をはらんでいる、主人公の描き方なども半端だし、というか全て中途半端なのだが、心に残るのは何故だろう。それにしてもスペインの鉄環絞首刑という死刑の方法は残酷すぎて、かなりやばい

2006
2007/09/22
2009/3/2

45

エニグマ
ENIGMA
(英/独)
☆☆☆☆
119分 サスペンス

監督: マイケル・アプテッド
製作: ミック・ジャガー/ローン・マイケルズ
原作: ロバート・ハリス 『暗号機エニグマへの挑戦』(新潮文庫刊)
脚本: トム・ストッパード
撮影: シーマス・マッガーヴェイ
音楽: ジョン・バリー
出演: ダグレイ・スコット(トム・ジェリコ)/ケイト・ウィンスレット( ヘスター・ウォレス)/サフロン・バロウズ (クレア・ロミリー)/ジェレミー・ノーサム(ウィグラム)/ニコライ・コスター=ワルドー(パック)/トム・ホランダー/マシュー・マクファディン/ミック・ジャガー

第2次大戦下のイギリスを舞台に、ドイツ軍の難解な暗号システムに挑む暗号解読チームの活躍を描いたロバート・ハリスのベストセラー『暗号機エニグマへの挑戦』を映画化。
★ダグレイ・スコットは冴えないが演技でカバしているので許せるが、ケイト・ウィンスレットのぽっちゃるデブさ加減はどうしたことだろう、タイタニックのシャープさは何処へだが・・・映画は見せる。またジョン・バリーのテーマ曲がいいね

2001
2003/05/17
2009/3/2

44

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋MR. MAGORIUM'S WONDER EMPORIUM
(米)

94分 ファンタジー/コメディ

監督: ザック・ヘルム
脚本: ザック・ヘルム
撮影: ロマン・オーシン
音楽: アレクサンドル・デスプラ/アーロン・ジグマン
出演: ダスティン・ホフマン(エドワード・マゴリアム)/ナタリー・ポートマン(モリー・マホーニー)/ジェイソン・ベイトマン (ヘンリー・ウェストン)/ザック・ミルズ(エリック・アップルバウム)/

摩訶不思議なおもちゃ屋のオーナーが突然の引退宣言、若き女性支配人が引き継ぎを任されたことから巻き起こる一大騒動を描く。監督は「主人公は僕だった」の脚本を書き本作で監督デビューのザック・ヘルム。
★素っ頓狂で拍子抜けする映画の見本。ナタリー・ポートマンの魅力もなにもかももったいない

2007
2008/02/16
2009/3/2

43

市川崑物語
(日)
☆☆☆
95分 ドキュメンタリ

監督:岩井俊二
脚本:岩井俊二
出演:市川崑

★劇場公開一週間という短期間上映だったので見逃していたが、面白かった。こういう作品は興業的な数字は考えられないのだろうが、勇気を持った作るべきだ

2006
2006/12/09
2009/3/1

42

ファイナル・ショット
OUT OF SEASON
(独/ルーマニア米)
☆☆
105分 アクション/犯罪

監督: ジェボン・オニール
脚本: ジェボン・オニール
撮影: ニック・モリス
音楽: ガイ・ファーレイ
出演: デニス・ホッパー/ジーナ・ガーション/ジョーダン・フリーダ/ドミニク・スウェイン/ジム・カーター

★デニス・ホッパーの存在感は十分発揮されて、キャストも相当決まっているのに、なにせ画面が暗すぎてどういう展開になっているのか判断できず重要な場面がもったいない状態。ましたやラストの盛り上がりをすとんと落とされたのにはがっかり、未公開で良かった。

2004

2009/2/

劇場未公開

41

優しく愛して
L' AMOUR EN DOUCE
LOVE ON THE QUIET (仏)
☆☆☆☆
91分 ロマンス/コメディ

監督: エドゥアール・モリナロ
脚本: アニー・モウレル
撮影: ジャン=ポール・シュワルツ
音楽: アレン・ルミュール
出演: エマニュエル・ベアール/ダニエル・オートゥイユ/マリ=アンヌ・シャゼル/ジャン=ピエール・マリエール/ソフィ・バルジャック

プロヴァンス地方の小さな町を舞台に男女4人の愛の行方を描いたフレンチ・コメディ。体当たり演技でコケティッシュな魅力を全開にしたエマニュエル・ベアールの初主演作で相手役のダニエル・オートゥイユとは一時結婚していた。
★まったくフランス映画というのは、愛のエロスの不条理を描かせたら底なしだな。出てくる主要な役の女はすっぽんぽんのぽんで全て全裸にさせられる。しかし未だにヘヤーをぼやかしているのはどうなのよ、それもだんだん薄くなってきているのもせこいぞ映倫

1985
1989/10/
2009/2/23

40

レディ・チャタレー
LADY CHATTERLEY
(仏/英/ベルギー)
☆☆
135分 ロマンス/文芸/エロティック
R-18

監督: パスカル・フェラン
原作: D・H・ロレンス
脚本: パスカル・フェラン/ロジェ・ボーボ/ピエール・トリヴィディク
撮影: ジュリアン・ハーシュ
音楽: ベアトリス・ティリエ
出演: マリナ・ハンズ(コンスタンス・チャタレー)/ ジャン=ルイ・クロック(パーキン)/イポリット・ジラルド(クリフォード・チャタレー)/ エレーヌ・アレクサンドリディス(ボルトン夫人)/エレーヌ・フィリエール( ヒルダ)/ベルナール・ヴェルレー

D・H・ロレンスの『チャタレイ夫人の恋人』を、フランスのパスカル・フェラン監督が映画化した官能文芸ロマンス。今作では、現在一般に広く読まれている第3稿ではなく、コンスタンスと猟番の関係により焦点が当てられているという第2稿を基に、2人の愛と官能の目覚めを美しい映像で綴ってゆく。第32回セザール賞では最多の5部門を受賞。
★どの国でどのような賞を取ろうが、主演女優が地味でせこくてエロスがない、主演男優が汚すぎる、ということでミスキャストだったと言うことがおれにとってはイヤ。
●2006年セザール賞 ■作品賞 ■主演女優賞 マリナ・ハンズ ■脚色賞 パスカル・フェラン ■撮影賞 ジュリアン・ハーシュ ■衣装デザイン賞 マリー=クロード・アルト

2006
2007/11/03
2009/2/22

39

こわれゆく世界の中で
BREAKING AND ENTERING
(米/英)
☆☆☆
119分 ロマンス/ドラマ/サスペンス
PG-12

監督: アンソニー・ミンゲラ
製作: シドニー・ポラック/アンソニー・ミンゲラ/ティモシー・ブリックネル
脚本: アンソニー・ミンゲラ
撮影: ブノワ・ドゥローム
音楽: ガブリエル・ヤレド
出演: ジュード・ロウ(ウィル)/ジュリエット・ビノシュ ア(ミラ)/ロビン・ライト・ペン( リヴ)/マーティン・フリーマン(サンディ)/レイ・ウィンストン(ブルーノ刑事)/ヴェラ・ファーミガ (オアーナ)/ラフィ・ガヴロン ミロ(ミルサド)/ポピー・ロジャース( ビー)/

現代のロンドンを舞台に、それぞれに問題を抱えた子供との関係に苦悩する2人の女性と、そんな2人と恋に落ちたひとりの男の葛藤を描いたドラマ。
★去年の作品で今日アカデミー賞主演女優賞を穫った「愛を読む人」を制作した脚本家出身のミンゲラ監督らしい重厚なストーリー、丁寧に描かれる人物、ベテランらしく奇をてらわないオーソドックスな構成、映像がキレイで音楽が秀逸。制作のシドニー・歩ラック監督も去年の五月に亡くなっている偶然に驚く。

20062
2007/04/21
009/2/22

38

グラディエーター
GLADIATOR
(米)
☆☆☆☆
155分 アクション/史劇/アドベンチャー

監督: リドリー・スコット
脚本: デヴィッド・フランゾーニ/ジョン・ローガン/ウィリアム・ニコルソン
撮影: ジョン・マシソン
音楽: ハンス・ジマー
出演: ラッセル・クロウ(マキシマス)/ホアキン・フェニックス (コモデゥス)/コニー・ニールセン(ルッシラ)/オリヴァー・リード(プロキシモ)/リチャード・ハリス(マルクス・アウレリウス)/

リドリー・スコット監督が放つスペクタクル活劇。古代ローマ帝国を舞台に、陰謀に陥れられた英雄騎士の死闘をダイナミックに描く。無敵の剣闘士役を演じた、ラッセル・クロウが秀逸。また、CGで描かれた巨大コロシアムや剣闘シーンの迫力映像も見どころ。西暦180年、皇帝に絶大な信頼を置かれていた歴戦の勇者マキシマスは、次期皇帝の任を依頼される。しかしその晩、皇帝は息子によって暗殺。罠にはまったマキシマスは、処刑の危機に陥る。
★最高!リドリー・スコット・・・ブラボー!コニー・ニールセンいい女だ。
●2000年アカデミー賞 ■主演男優賞 ラッセル・クロウ ■衣装デザイン賞 ■視覚効果賞 J ■音響賞
●2000年ゴールデン・グローブ ■作品賞(ドラマ) ■音楽賞
●2000年英国アカデミー賞■作品賞 ■撮影賞 ■プロダクションデザイン賞 ■編集賞 ■観客賞
●2000年放送映画批評家協会賞 ■作品賞 ■主演男優賞 ■撮影賞 ■美術賞

2000
2000/06/
2009/2/14

37

バンガー・シスターズ
THE BANGER SISTERS
(米)

100分 コメディ/ドラマ

監督: ボブ・ドルマン
脚本: ボブ・ドルマン
撮影: カール・ウォルター・リンデンローブ
音楽: トレヴァー・ラビン
出演: ゴールディ・ホーン/スーザン・サランドン/ジェフリー・ラッシュ ハリー

★鼻の命は短くて・・・あれほど輝いていた主演の二人の魅力の喪失さは酷いほどで、ストーリーのつまらなさも手伝って、後半の数十分は爆睡。オスカー俳優が三人も出ているというのに・・・時の流れはむごいむごい。

2002
2003/05/31
2009/2/13

36

風雲将棋谷
(日)
☆☆
99分  時代劇

監督: 松田定次
原作: 角田喜久雄
脚本: 比佐芳武
撮影: 川崎新太郎
音楽: 深井史郎
出演: 市川右太衛門/喜多川千鶴/小杉勇/吉川待子/長谷川裕見子/原健策/薄田研二/横山エンタツ/清水雅雄

1955
1955/03/20
2009/2/13

35

虎の尾を踏む男達
(日)
☆☆
59分   時代劇/ドラマ

監督: 黒澤明
脚本: 黒澤明
撮影: 伊藤武夫
音楽: 服部正
出演: 大河内伝次郎(弁慶)/藤田進 (富樫)/榎本健一(強力)/森雅之(亀井)/ 志村喬(片岡)/河野秋武(伊勢)/小杉義男(駿河)/横尾泥海男( 常陸坊)/仁科周芳(義経)/ 久松保夫(梶原の使者)/清川荘司 (富樫の使者)/藤田進(富樫)

能の『安宅』を歌舞伎にアレンジした『勧進帳』を基に黒澤明監督が豪華配役陣で映画化。終戦直後に完成しながら検閲の関係で永らく未公開となり、1952年にようやく劇場公開された。
★ 大河内伝次郎の滑舌の悪さといったら・・・腹が立つほどセリフがまったく解らない。

1945
1952/04/24
2009/2/12

34

昭和刑事物語 俺にまかせろ
(日)
☆☆
分 

監督: 日高繁明
原作: 樫原一郎
脚本: 須崎勝弥
撮影: 小泉福造
音楽: 池野成
出演: 佐藤允/姿圭子/伊藤久哉/有島一郎/宮口精二/中丸忠雄

1958
1958/06/15
2009/2/10

33

ミッション
THE MISSION
(英)
☆☆☆☆☆
126分 ドラマ

監督: ローランド・ジョフィ
脚本: ロバート・ボルト
撮影: クリス・メンゲス
出演: ロバート・デ・ニーロ/ジェレミー・アイアンズ/レイ・マカナリー/エイダン・クイン/シェリー・ルンギ/リーアム・ニーソン/フィリップ・ボスコ

キリング・フィールド」で深い感動を描いたパットナム&ジョフィによる一大スペクタクル巨編。まだハリウッドで活躍する以前のJ・アイアンズと、脂の乗り切ったデ・ニーロの演技も冴え渡り、デヴィッド・リーン監督の一連の作品を手掛けたR・ボルトの脚本の奥深さが絶妙な効果を上げている点。アカデミー撮影賞を受賞しているだけあってイグアスの滝のシーンなどはまさに圧巻で現地でのロケーションが見事に効いている。
★凄い、なんでこの映画を劇場で観なかったのだろう、何故今まで見逃していたのだろうか?本当に凄いの一言、映画って本当に凄い。E・モリコーネの音楽も最高なのだ。
●1986年アカデミー賞 ■撮影賞 クリス・メンゲス
●1986年カンヌ国際映画祭 ■パルム・ドール ローランド・ジョフィ ■フランス映画高等技術委員会賞 ローランド・ジョフィ
●1986年LA批評家協会賞 ■撮影賞 クリス・メンゲス
●1986年ゴールデン・グローブ ■脚本賞 ロバート・ボルト ■音楽賞 エンニオ・モリコーネ
●1986年英国アカデミー賞 ■助演男優賞 レイ・マカナリー ■作曲賞 エンニオ・モリコーネ ■編集賞

1986
1987/04/
2009/2/9

32

鉄砲犬
(日)
☆☆
85分 アクション/ヤクザ

監督: 村野鉄太郎
脚本: 藤本義一
撮影: 小林節雄
音楽: 菊池俊輔
出演: 田宮二郎/天知茂/山下洵一郎/小沢昭一/姿美千子/坂本スミ子/北林谷栄/曽我廼家五郎/安部徹/早川雄三

★当時まだ30歳だった脂の乗った京都出身の田宮二郎のキレの良い関西弁が自然体で楽しい。このころの田宮二郎を見テイルト、ジョージ・クルーニーがオーバーラップしてくる。

1965
1965/12/24
2009/2/9

31

悪魔のような
DIABOLIQUE
(米)
☆☆☆☆
107分 ミステリー

監督: ジェレマイア・チェチック
原作: ピエール・ボワ
脚本: ドン・ルース
撮影: ピーター・ジェームズ
音楽: ランディ・エデルマン
出演: シャロン・ストー/イザベル・アジャーニ/チャズ・パルミンテリ/キャシー/アダム・ハン=バード/シャーリー・ナイト

955年にアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督によっても映画化された、P・ボワローとT・ナルスジャックの同名ミステリーをリメイクしたサスペンス・スリラー。
★前作そっくりで謎も怖さも薄い。リメイクの弱いところが露呈した感がある。それにしても女はおっかないぞ〜〜!キャシー・ベイツが登場するあたりからグッとしまる。デブで痩せている彼女を見たことはないが、ひょっとするとオレはこの女優が一番好きかも

1996
1996/07/
2009/2/4

30

朝やけの詩
(日)
☆☆☆☆
130分 ドラマ/サスペンス

監督: 熊井啓
脚本: 山内久/桂明子/熊井啓
撮影: 岡崎宏三
音楽: 松村禎三
出演: 仲代達矢/北大路欣也/関根恵子/佐分利信/松本克平/信欣三/

★最後の社会派監督といわれた熊井監督の真骨頂。オレもバイクで流したあのビーナスライン完成における過程にあのような事実があったとは、なにか心が痛む。冒頭、語り草となっている、森の湖でのフルヌードの水浴シーン。彼女もカメラも美しい!関根恵子の十代での主演作で唯一観れないでいた映画。さすがに新鮮いい肉体の持ち主でありましあた。

1973
1973/10/27
2009/2/4

29

卒業
THE GRADUATE
(米)
☆☆
107分 青春/ロマンス

監督: マイク・ニコルズ
原作: チャールズ・ウェップ
脚本: バック・ヘンリー/カルダー・ウィリンガム
撮影: ロバート・サーティース
音楽: ポール・サイモン/デイヴ・グルーシン
出演: アン・バンクロフト/ダスティン・ホフマン/キャサリン・ロス/マーレイ・ハミルトン/リチャード・ドレイファス/エリザベス・ウィルソン/バック・ヘンリー

ニューシネマ全盛の時代だからか、妙にリアルな肌触りを持った青春映画で、その生々しさはストーリーだけでなく、各キャラクターにも及んでいる。ホフマン、ロスの若い二人も好演だが、中でも、有閑マダムのロビンソン夫人に扮したA・バンクロフトの存在感は強烈。『サウンド・オブ・サイレンス』、『ミセス・ロビンソン』などサイモン&ガーファンクルの唄うメロディもいい雰囲気で、60年代後半に青春を過ごした人間にはバイブルのような作品でもある。
★30数年ぶりに再会したが、若者の強欲なまでの征服欲と爆発する暴走を描き、略奪のすえ逃亡しバスの後部シートに座るラストのシーンでの二人の姿、戸惑いう浮かべるホフマンの顔の、暗示的カットの素晴らしさ。そして愛の結果を想定し費えてしまった我が人生を、ホフマンにかぶせながらかみしめているオレがが悲しい。それにしても名作である。

1967
1968/06/
2009/2/2

28

蜘蛛女
ROMEO IS BLEEDING
(米)
☆☆☆☆
110分  サスペンス/犯罪 ジャズ

監督: ピーター・メダック
脚本: ヒラリー・ヘンキン
撮影: ダリウス・ウォルスキー
音楽: マーク・アイシャム
出演: ゲイリー・オールドマン/レナ・オリン/アナベラ・シオラ/ジュリエット・ルイス/ロイ・シャイダー/マイケル・ウィンコット

映像化困難として長い間“幻の脚本”となっていたH・ヘンキンの作品を、G・オールドマン、L・オリンという個性を得て遂に映画化(ヘンキンは共同製作も担当)。悪女に振り回される男の破滅ぶりを、職人肌と思われがちだったP・メダックがムード豊かに乾いたタッチで描いている。
★さすがの個性派オールドマンの好演も、レナの怪演にはすっかり影を薄くさせている感がある、がさすがにラストの男の哀愁はオールドマンならではと感服した。女は怖ぇ〜!
劇中バックに流れるのはオーソドックスなジャアズ。これがまた最高の効果音。エンドタイトルで誰がやっているのかじっと探したが、ベースのチャック・ドマニコだけしか解らない、後で調べてみよう

1993
1994/05/
2009/2/2

27

アヒルと鴨のコインロッカー
(日)
☆☆☆
110分 ミステリー/ドラマ/青春

監督: 中村義洋
原作: 伊坂幸太郎
『アヒルと鴨のコインロッカー』(東京創元社刊)
脚本: 中村義洋/鈴木謙一
撮影: 小松高志
音楽: 菊池幸夫
主題歌: ボブ・ディラン『風に吹かれて』
出演: 濱田岳/瑛太/関めぐみ/田村圭生/なぎら健壱/松田龍平/大塚寧々

原作の舞台でもあり、原作者自身学生時代から暮らし続けているという仙台・宮城でオールロケ。斬新なプロットと軽妙な文体で若者の圧倒的な支持を集める人気ミステリー作家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化した青春ミステリー。隣人の奇妙な計画に巻き込まれた青年が、やがてその真意を知るまでの顛末をミステリアスかつトリッキーに綴る。
★瑛太という役者は初めての出会いだが、ストレートな演技でなかなか新鮮だった。なかでも松田龍平の成長ぶりには驚いた、「御法度」のときの若者特有のいやらしさにヘキヘキしたものだが・・・良い役者になたものだ。親父に身振り素振りも似てきて将来が楽しみな役者だ。

2006
2007/06/23
2009/2/2

26

マグノリア
MAGNOLIA
(米)
☆☆☆☆
187分 ドラマ

監督: ポール・トーマス・アンダーソン
脚本: ポール・トーマス・アンダーソン
撮影: ロバート・エルスウィット
音楽: ジョン・ブライオン
出演: ジェレミー・ブラックマン/トム・クルーズ/メリンダ・ディロン/フィリップ・ベイカー・ホール/フィリップ・シーモア・ホフマン/ウィリアム・H・メイシー/ジュリアン・ムーア/ジョン・C・ライリー/ジェイソン・ロバーズ/メローラ・ウォルターズ/マイケル・ボーウェン/エマニュエル・L・ジョンソン/フェリシティ・ハフマン/アルフレッド・モリナ

「ブギーナイツ」のポール・トーマス・アンダーソン監督による人間ドラマ。
死期を迎えた大物プロデューサー、彼と確執のある息子、プロデューサーの妻とその看護人、ガンを宣告されたTV人気司会者、彼に恨みを持つ娘、娘に恋する警官、過去の栄光にすがる元天才少年など、LAに住むさまざまな人間たちの24時間を描く。群像劇のスタイルととりなががら、不可思議な糸でつながってゆく脚本は秀逸。
★長尺だが、ストーリー展開の綾が微妙に絡まっているので目が話せず飽きは来ない。それにしても大団円に空からどでかい蛙がドバドバ降ってきたのにはたまげた。あんなやり口って有りかと、際限なくドバドバ落ちてくる蛙を見ながら、気持ち悪くなってしまったよ

1999
2000/02/26
2009/2/2

25

ブルー・イン・ザ・フェイス
BLUE IN THE FACE
(米)
☆☆☆☆
85分 ドラマ

監督: ポール・オースター/ウェイン・ワン
脚本: ポール・オースター/ウェイン・ワン
撮影: アダム・ホレンダー
音楽: デヴィッド・バーン
出演: ハーヴェイ・カイテル/ミラ・ソルヴィノ/ジャレッド・ハリ/マイケル・J・フォックス/ヴィクター・アルゴ/ホセ・ズニーガ

小説家のP・オイスターとW・ワン監督が組んだ秀作「スモーク」の続編的作品。ブルックリンの人々の様々な人情劇が繰り広げられたオギー・レンの煙草屋。元々この作品は「スモーク」撮影直後、可能なキャストをそのまま使い、主要ロケ地に留まり、短時間・低予算で2本目の映画が撮れないかというP・オースターとW・ワンの希望で製作された。「スモーク」では1シーンか2シーンしか登場しない脇役、そしてプロット、アイデアを全て盛り込むという趣旨で作られ、“ブルー・イン・ザ・フェイス(=顔色が真っ青)”になるまでセリフを喋らせるという案からつけられたタイトル通り10分きっかりの各テイクで出演者は即興的演技を披露している。ある意味「スモーク」と対称的な雰囲気の作品で、各出演者の即興的演技と物語性に縛られた「スモーク」とは一線を画した自由で独特な雰囲気で味わいのあるユーモア等、実験的な手法で作られながら1本の映画として完成している傑作。★ドキュメンタリータッチの流れにふっと物語性を失いかけるが、突然登場するマイケル・J・フォックスなどの演技で、この映画はドラマなんだと引き戻される摩訶不思議な映画

1995
1996/03/
2009/1/30

24

マックQ
McQ
(米)
☆☆
112分 アクション/犯罪

監督: ジョン・スタージェス
脚本: ローレンス・ロマン
撮影: ハリー・ストラドリング・Jr
音楽: エルマー・バーンスタイン
出演: ジョン・ウェイン() ロン・マックQ警部補/エディ・アルバート( エド・コスターマン署長)/ダイアナ・マルドア(ロイス・ボイル)/コリーン・デューハースト(マイラ)/クルー・ギャラガー(フランクリン・トムス)/デヴィッド・ハドルストン (エドワード・ファロー)/ジム・ワトキンス(J・C)/アル・レッティエリ(サンチャゴ)/

シアトル警察のはみだし刑事マックの相棒が殺害された。マックは影で糸を引く麻薬ギャングをぶちのめすが、上層部から事件に介入することを禁じられる。辞表を提出した彼は、友の敵を討つため私立探偵となり、警察内部の不正を暴く……。海岸でのカー・チェイスも珍しい、J・ウェイン主演の刑事アクション。
★ジョン・スタージェスとジョン・ウェインが組んで西部劇ではなク、ミステリーというのも意外で、結構いい年を重ねて貫禄十分なウェインは、絶対的スーパーマンなのだ。

1973
1974/06/
2009/1/

23

ふたりの5つの分かれ路
5X2
(仏)
☆☆
90分  ロマンス/ドラマ/ミステリR-15

監督: フランソワ・オゾン
脚本: フランソワ・オゾン/エマニュエル・ベルンエイム
撮影: ヨリック・ル・ソー
音楽: フィリップ・ロンビ

出演: ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ(マリオン)/ステファン・フレイス(ジル)/ジェラルディン・ペラス(ヴァレリー)/フランソワーズ・ファビアン( モニク)/アントワーヌ・シャピー(クリストフ)/マイケル・ロンズデール()ベルナール/マルク・ルシュマン( マチュー)

ある一組のカップルの恋愛の軌跡を、離婚から恋に落ちた瞬間へと時間軸を逆に辿りながら描いたラブ・ストーリー。別れ、特別なディナー、出産、結婚式、出会い、という5つのエピソードを、様々な仕掛けを散りばめつつ、ミステリアスなタッチで綴りながら、少しずつ別れへの伏線を浮かび上がらせていく。

2004
2005/08/20
2009/1/25

22

1492・コロンブス
1492: CONQUEST OF PARADISE
( 米、仏、スペイン)
☆☆☆☆
162分 歴史劇(

監督: リドリー・スコット
脚本: ロゼリン・ボッシュ
撮影: エイドリアン・ビドル
音楽: ヴァンゲリス
出演: ジェラール・ドパルデュー/シガーニー・ウィーヴァー/アーマンド・アサンテ/アンヘラ・モリーナ/フェルナンド・レイ/チェッキー・カリョ/フランク・ランジェラ/マイケル・ウィンコット/ローレン・ディーン/ケヴィン・ダン/アーノルド・ヴォスルー

まだ地球が平面だと信じられた時代。“地球は球体である”と言う説を証明するため、数々の非難が降りそそぐ中、旅立ち、ついにアメリカを発見した伝説の冒険家コロンブスの半生を描いた作品。
★画面と音楽の相乗効果は素晴らしく、一大絵巻物的な美しさを湛えてはいるが、ドラマ部の静かな展開と長尺は退屈。

1992
1992/10/
2009/1/

21

トリコロールに燃えて
HEAD IN THE CLOUDS
(米、英、スペイン、加)
☆☆☆☆
121分 ドラマ/ロマンス/戦争R-15

監督: ジョン・ダイガン
脚本: ジョン・ダイガン
撮影: ポール・サロッシー
音楽: テリー・フルーワー
出演: シャーリーズ・セロン( ギルダ)/ペネロペ・クルス(ミア)/ スチュアート・タウンゼント(ガイ)/

第二次大戦前後のパリを舞台に、奔放で刹那的な恋愛に生きる女性を描いたラブストーリー。戦乱の中で享楽的な生活を追い求めたある一人の女性の、波瀾に満ちた半生を綴る。★良い映画です、セロンも、ペネロペちゃんのバイの関係も不潔感がなく、ガイ役の男は初めてだけれども男前でなかなかよろしい・・・・がセロンの存在感にはおぼつかない

2004
2004/10/30
2009/1/

20

200本のたばこ
200 CIGARETTES
(米)
☆☆☆
102分 青春/ドラマ

監督: リサ・ブラモン・ガルシア
脚本: シャナ・ラーセン
撮影: フランク・プリンツィ
音楽: マイケル・ブラモ/ケイシー・アフレック/ギレルモ・ディアズ/ジャニーン・ガロファロー/ギャビー・ホフマン/ケイト・ハドソン/コートニー・ラヴ/ブライアン・マッカーディー/ジェイ・モーア/ニコール・パーカー/マーサ・プリンプトン/クリスティナ・リッチ

12月31日の大晦日に、新しい出会いを求める十人十色の若者たち、それぞれのエピソードを交錯させながら描く、青春ラブ・ストーリー。
★くだらん・・・タバコ好きな俺としてはタイトルに騙された。でも200本のタバコというレトリックは作品の内容をうまくつかんでいる。

1998
1999/11/
2009/1/22

19

恋愛睡眠のすすめ
THE SCIENCE OF SLEEP
LA SCIENCE DES REVES
(仏)
☆☆
105分 コメディ/ロマンス/ファンタジー

監督: ミシェル・ゴンドリー
脚本: ミシェル・ゴンドリー
撮影: ジャン=ルイ・ボンポワン
音楽: ジャン=ミシェル・ベルナール
出演: ガエル・ガルシア・ベルナル (ステファン)/シャルロット・ゲンズブール(ステファニー)/ミュウ=ミュウ( 母クリスチーヌ)/アラン・シャバ (ギィ)/エマ・ドゥ・コーヌ(ゾーイ)/ ピエール・ヴァネック(プシェ氏)/ オレリア・プティ( マルチーヌ)/サッシャ・ブルド(セルジュ)/

「ヒューマンネイチュア」「エターナル・サンシャイン」ミシェル・ゴンドリー監督が、初めて自ら脚本も手掛けた長編監督第3作。恋に不器用な冴えない青年が、片想いしていた隣人の美女と夢の中で恋愛を成就させ、次第に夢と現実を混同させてしまうさまを、シュールかつ奇想天外なヴィジュアルで綴るファンタジー・ラブコメディ。
★ガエル・ガルシア・ベルナル とシャルロット・ゲンズブールはともに大好きな俳優なので、映画はなんだかわからんちんなファンタジーぽい映画だったが、最後まで見れた。

2005
2007/04/28
2009/1/22

18

リンゴ・キッド
JOHNNY ORO
RINGO AND HIS GOLDEN PISTOL
(伊)

98分  西部劇

監督: セルジオ・コルブッチ
脚本: アドリアーノ・ボルツォーニ/フランコ・ロゼッティ
撮影: リカルド・パロッティーニ
音楽: カルロ・サヴィーナ
出演: マーク・ダモン/エッ/ジュリア・ルビーニ

★ひどいリンゴ・キッドが主役かと思ったらシュア役の名はジョニーでロインゴ・キッドなんて名は一度として出てこないマカロニパロディ西部劇。配給会社も阿漕なことをやる

1966
1966/10/
2009/1/21

17

冷静と情熱のあいだ
CALMI CUORI APPASSIONATI
(日)
☆☆☆
124分  ロマンス/ドラマ

監督: 中江功
原作: 江國香織/辻仁成
脚本: 水橋文美江
撮影: 津田豊滋
音楽: エンヤ
出演: 竹野内豊 (順正)/ケリー・チャン(あおい)/ユースケ・サンタマリア(崇)/ 篠原涼子 (芽美)/マイケル・ウォン(マーヴ)/椎名桔平 (/高梨)

江國香織と辻仁成が女と男それぞれの視点から一章ごと交互に書き、一つのラブストーリーとして作り上げたベストセラーの映画化。東京、フィレンツェ、ミラノの三都市を舞台女と男それぞれの視点から一章ごと交互に書き、一つのラブストーリーとして作り上げたベストセラーの映画化。
★二本続けてロマンスものを見たせいか、ちょいと鼻に付く男女の綾というか、この物語の設定いい加減にしろ。こういう映画は作らなくてよろしい。

2001
2001/11/10
2009/1/21

16

未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン(日)
☆☆☆
115分  ロマンス/ドラマ

監督: 蝶野博
原案: Dreams Come True『未来予想図』『未来予想図II』
脚本: 狗飼恭子/志羽竜一
撮影: 石坂拓郎
音楽: 岩代太郎
主題歌: Dreams Come True『未来予想図』『未来予想図II』
出演: 松下奈緒(宮本さやか)/竹財輝之助( 福島慶太)/原田泰造(井上拓己)/西田尚美(井上苑)/加藤雅也(中嶋良郎)/石黒賢(後藤大介)/ 松坂慶子(宮本陽子)/

DREAMS COME TRUEの人気ラブソングをモチーフに、「アジアンタムブルー」の松下奈緒と「仮面ライダー剣」の竹財輝之助の主演で贈るハートフル・ラブストーリー。
★知り合いの監督、今オレのマイブームに成りつつあるスペインという国と言うことで贔屓目に見たわけではなく、清潔感溢れる演出、正攻法な演出が際だつ気持ちの良い作品である。とくに 石坂拓郎とスペインクルーのの画がとても良いのが好印象だった。難をいえば脚本がいまいちだったか?

2007
2007/10/06
2009/1/20

15

西太后 第二部 垂簾聽政
REIGN BEHIND THE CURTAIN
(中国/香港)
☆☆☆
115分 歴史劇

監督: リー・ハンシャン
脚本: リー・ハンシャン
撮影: ヤン・リン
音楽: 葉純文
出演: リウ・シャオチン/レオン・カーフェイ/チャン・イップ/チェン・ダオミン

★政治的実権を握るまでの過程を、英・仏の東方進軍や、太平天国の革命、円明園の焼き打ちなど、歴史的事件を取り入れながら克明に記録した手腕は見事で、また宮廷内の生活風景の描写も興味深い。

1983

2009/1/19

劇場未公開

14

西太后 第一部 火燒圓明園
THE BURNING OF IMPERIAL PALACE
(中国/香港)
☆☆☆
93分 歴史劇

監督: リー・ハンシャン
脚本: リー・ハンシャン
撮影: ヤン・リン
音楽: 葉純文
出演: リウ・シャオチン/レオン・カーフェイ/チャン・イップ/チェン・ダオミン

 中国、清朝の時代に生きた伝説の女帝“西太后”。その波乱に満ちた半生を壮大なスケールで描いた歴史スペクタクル。満州人の名家に生まれた16歳の少女、玉蘭(後の西太后)。彼女は清朝にとって呪われた部族である“エホナラ部族”の出身であり、とうてい出世など見込める立場ではなかった。が、しかし巧みに皇帝にとりいり、第二夫人の地位を得て皇太子を出産。遂には皇后麗妃(後の東太后)と共に政治を司るようになる。

1984

2009/1/19

劇場未公開

13

シティ・オブ・ゴッド
CIDADE DE DEUS
CITY OF GOD
GOD'S TOWN
(米)
☆☆☆☆
130分 ドラマ/犯罪  R-15

監督: フェルナンド・メイレレス
原作: パウロ・リンス
脚本: ブラウリオ・マントヴァーニ
撮影: セザール・シャローン
音楽: アントニオ・ピント/エド・コルテス
出演: アレクサンドル・ロドリゲス(ブスカペ)/レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ (リトル・ゼ)/ セウ・ジョルジ(マネ)/ アリシー・ブラガ (アンジェリカ)/ドグラス・シルヴァ(リトル・ダイス)/

“シティ・オブ・ゴッド”と呼ばれたブラジル・リオデジャネイロの貧民街を舞台に、暴力と貧困に埋め尽くされた子どもたちの日常を実録タッチで描いた衝撃の犯罪ドラマ。年端も行かぬ少年が殺人に手を染め、やがて街を仕切るギャングへと成長し激しい抗争に明け暮れる姿を壮絶な暴力描写で綴っていく。
★子供ギャングとはいえやることなすこと大人。そのガキ達が猛スピードでリオ最強のワルに成長してゆく過程が感傷の押しつけもなく緊迫感を持って演出され、寸時も気が抜けない。この映画実話だというが、あまりの凄さにマジかと疑ってしまう。

20022
2003/06/28
2009/1/18

13

マイティ・ハート/愛と絆
A MIGHTY HEART
(米)
☆☆☆
108分 ドラマ/戦争/サスペンス

監督: マイケル・ウィンターボトム
原作: マリアンヌ・パール 『マイティ・ハート』(潮出版社刊)脚本: ジョン・オーロフ
撮影: マルセル・ザイスキンド
音楽: ハリー・エスコット/モリー・ナイマン
出演: アンジェリーナ・ジョリー(マリアンヌ・パール)/ ダン・ファターマン (ダニエル・パール)/アーチー・パンジャビ(アスラ・ノマニ)/ イルファン・カーン(キャプテン)/

“ウォールストリート・ジャーナル”の記者ダニエル・パールが中東取材中に誘拐・殺害された事件の真相を綴った妻マリアンヌ・パールの手記『マイティ・ハート 新聞記者ダニエル・パールの勇気ある生と死』を映画化した社会派ドラマ。
★ハリウッドは9.11以来この手の映画を露遊山しているが、そろそろ潮時だろうよ

2007
2007/11/23
2009/1/18

12

赤穂浪士
(日)
☆☆☆
150分 時代劇

監督: 松田定次
原作: 大仏次郎
脚本: 小国英雄
撮影: 川崎新太郎
音楽: 富永三郎
出演: 片岡千恵蔵 (大石内蔵助)/中村錦之助 (脇坂淡路守)/ 東千代之介 (堀部安兵衛)/大川橋蔵 (浅野内匠頭)/丘さとみ (お仙)/桜町弘子 (お咲)/花園ひろみ ( 桜)/大川恵子 (瑤泉院)/ 中村賀津雄 (伝吉)/里見浩太郎 (上杉綱憲)/松方弘樹 (大石主税)/柳永二郎 (柳沢出羽守)/多々良純(蜘蛛の陣十郎)/尾上鯉之助 ( 武林唯七)/戸上城太郎 (小林平八郎)/阿部九州男 (片田勇之進)/加賀邦男 (赤垣源蔵)/原健策 (猿橋右門)/長谷川裕見子 (千代)/花柳小菊 (おりく)/青山京子 (楓)/千原しのぶ (浮橋太夫)/木暮実千代 (おすね)/大河内伝次郎 (立花左近)/近衛十四郎 (清水一角)/山形勲 (片岡源五右衛門)/薄田研二 ()堀部安兵衛/進藤英太郎 (多門伝八郎)/月形龍之介 ( 吉良上野介)/大友柳太朗 (堀田隼人)/ 市川右太衛門 (千坂兵部)

★二御大の仰々しい芝居には笑ってしまう。子供のころはこういうのを真剣に見ていたとは

1961
1961/03/28
2009/1/18

11

モンパルナスの灯
MONTPARNASSE 19
LES AMANTS DE MONTPARNASSE [仏]
GLI AMORI DI MONTPARNASSE [伊]
THE LOVERS OF MONTPARNASSE [英]
MODIGLIANI OF MONTPARNASSE [米] (仏)
☆☆☆☆
108分 ドラマ/伝記

監督: ジャック・ベッケル
原作: ミシェル・ジョルジュ・ミシェル
脚本: ジャック・ベッケル
撮影: クリスチャン・マトラ
音楽: ポール・ミスラキ
出演: ジェラール・フィリップ(モジリアニ)/リノ・ヴァンチュラ(画商モレル)/アヌーク・エーメ(ジャンヌ・エビュテルヌ)/ リリー・パルマー( ベアトリス)/

 マックス・オフュルスとアンリ・ジャンソンの企画だったモジリアニの伝記映画を、オフュルスの急逝で、J・ベッケルが脚本・監督に当たった彼の代表作。'17年の春、モンパルナス。青年モジリアニは肺結核に冒され、また麻薬と飲酒の中毒でどん底の生活を送りながら、僅かの知己に支えられ画業に取り組んでいた。ある日彼は、ジャンヌ(A・エーメ)という画学生に街で出会い、激しい恋に落ちたが、彼女の父の反対で二人は引き裂かれ、絶望から彼は昏倒した。画壇での唯一の理解者=画商ズボロフスキー(G・セティ)は彼を南仏ニースに静養させ、ジャンヌもそこへ家出して来る。幸福な半年を過ごしてパリに戻った彼を待ち受けていたのは、再びの無理解と屈辱。個展は見事に失敗し、貧窮にあえいで、カフェで素描を5フランで売り歩くうち倒れた彼は、運ばれた病院で不帰の人に。それを看取った冷酷な画商モレルは待ち構えていたかのように、その傑作の数々を買い叩くのだった。ジャンヌに彼の死を告げず……。エーメの清純な美しさを初め、モジリアニを取り巻く女性
★めちゃめちゃ乱暴な映画史に残る名ラストシーンが誕生(おどろいたよまったく)

1958
1958/09/
2009/1/17

10

ヘヴン
HEAVEN
(米独。仏、英)
☆☆☆
96分 ロマンス/ドラマ

監督: トム・ティクヴァ

脚本: クシシュトフ・キエシロフスキー/クシシュトフ・ピエシェヴィッチ
撮影: フランク・グリーベ
音楽: アルヴォ・ペルト
出演: ケイト・ブランシェット(フィリッパ)/ ジョヴァンニ・リビシ( フィリッポ)/レモ・ジローネ (フィリッポの父親)/ステファニア・ロッカ(レッジーナ)/アレッサンドロ・スペルドゥーティ(アリエル)/マッティア・スブラジア( ピニ警視)/ステファノ・サントスパーゴ( ヴェンディーチェ)/アルベルト・ディ・スタシオ(検察官)/

「トリコロール」三部作などの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキーの遺稿脚本を「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ監督がケイト・ブランシェット主演で映画化した、一組の男女の運命的な愛を描いたラブ・ストーリー。共演は「ギフト」のジョヴァンニ・リビシ。

2002
2003/03/08
2009/1/16

9

バスケットボール・ダイアリーズ
THE BASKETBALL DIARIES
(米)
☆☆☆☆
102分 ドラマ

監督: スコット・カルヴァート
原作: ジム・キャロル
脚本: ブライアン・ゴルボフ
撮影: デヴィッド・フィリップス
音楽: グレーム・レヴェル
出演: レオナルド・ディカプリオ(ジム・キャロル)/ロレイン・ブラッコ( ジムの母)/マーク・ウォールバーグ(ミッキー)/ アーニー・ハドソン (レジー)/ブルーノ・カービイ(スウィフティ)/ジュリエット・ルイス(ダイアン)/

ジム・キャロルの『マンハッタン少年日記』を基に映画化した作品。マンハッタンのダウンタウン。平凡な少年たちが、やがてドラッグなどに蝕まれ、後戻りの出来ない道へとはまってゆくアメリカの現状を、原作者の実体験を基に、赤裸々に描き出した衝撃的作品。
★ミッション・スクールに通うジム、ミッキー、ペドロ、ニュートロンは、マクナルティ神父が担当するクラスの問題児たち。制服を着くずし、シンナーを吸い、ちょっとした盗みを働いて虚勢を張っても、彼らはバスケットボールに夢中の他愛のない不良少年に過ぎなかった。しかし、凶暴な街マンハッタンでの経験が彼らを次第に蝕み、やがてストリートキッズとして、引き返せない道へと踏み出していく……。

1995
1996/
2009/1/13

8

ワールド・オブ・ライズ
BODY OF LIES
(米)
☆☆☆☆
128分 サスペンス/アクション  PG-12

監督: リドリー・スコット
原作: デイヴィッド・イグネイシアス
『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊)
脚本: ウィリアム・モナハン
撮影: アレクサンダー・ウィット
音楽: マルク・ストライテンフェルト
出演: レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)/ラッセル・クロウ(エド・ホフマン)/マーク・ストロング(ハニ・サラーム)/ ゴルシフテ・ファラハニ (アイシャ)/オスカー・アイザック( バッサーム)/サイモン・マクバーニー(ガーランド)/ アロン・アブトゥブール(アル・サリーム)/アリ・スリマン(オマール・サディキ)/

「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナルド・ディカプリオ、「グラディエーター」のラッセル・クロウというタッグが実現したアクション・サスペンス。危険な現場で使命を帯びる凄腕の工作員と安全な場所から冷酷に命令を下すベテラン局員、対照的な2人のCIAエージェントを軸に、それぞれ重要任務を遂行するため味方をも欺く巧みな“嘘”の応酬で熾烈な頭脳戦を繰り広げていくさまをスリリングに描く。原作は中東問題に精通するベテラン・ジャーナリストにして作家のデイヴィッド・イグネイシアスが手掛けた同名小説。
★2000年に入ってからの作品グラディエーター/ブラックホーク・ダウン/ドミノ/イン・ハー・シューズ/キングダム・オブ・ヘブンそれからなんチャラカンチャラと多作家なのにリドリー・スコットって本当にいいなぁ〜!彼の作品は全ていいといっても過言ではないのだ。二人の主役が、今までのイメージを覆す名演技にも喝采なのだ

2008
2008/12/20
2009/1/12

吉祥寺東亜

7

早咲きの花
(日)
☆☆
105分 ドラマ/戦争

監督: 菅原浩志
原作: 宗田理『ええじゃないか 17歳のチャレンジ』『早咲きの花-子どもたちの戦友』『雲の涯 中学生の太平洋戦争』(角川書店刊)
脚本: 菅原浩志
撮影: 上野彰吾
音楽: 吉村龍太/喜多郎
出演: 浅丘ルリ子( シュナイダー植松三奈子)/北見敏之(謹一郎)/ いしのようこ(妙子)/笹野高史( 管理人)/喜多郎(竜次)/

宗田理の『ええじゃないか 17歳のチャレンジ』『早咲きの花-子どもたちの戦友』『雲の涯 中学生の太平洋戦争』という3つの小説をベースに、失明寸前の女性が、少女時代を過ごした故郷に戻り、太平洋戦争下での悲喜こもごもの思い出を回想していくヒューマンドラマ。
★浅丘ルリ子がちょいとミスキャストかなとづっと思いつつ観てしまったので今日が半減

2006
2006/12/26
2009/1/12

6

バロン
THE ADVENTURES OF BARON MUNCHAUSEN
(米)
☆☆
125分  アドベンチャー/ファンタジー

監督: テリー・ギリアム
原作: ゴットフリート・ビュルガー
脚本: チャールズ・マッケオン/テリー・ギリアム
撮影: ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽: マイケル・ケイメン
出演: ジョン・ネヴィル (バロン・ミュンヒハウゼン)/サラ・ポーリー(サリー)/エリック・アイドル(バート・ホールド)/オリヴァー・リード (ヴァルカン)/ジョナサン・プライス(スティング)/ロビン・ウィリアムズ( 月の王)/ユマ・サーマン(ヴィーナス)/ヴァレンティナ・コルテーゼ(女王アリアドネ)/

ほら男爵の冒険』として知られる、ミュンヒハウゼン男爵の奇想天外な活躍を描いたファンタジー。
★テリー・ギリアムこんな最高のメンバーを使って、くだらねぇ〜〜映画撮るんじゃないよまったく、なんども寝かっかたぞ!

1989
1989/06/
2009/1/11

5

潜水服は蝶の夢を見る
LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON
THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLYジャンル (仏/米)
☆☆☆☆☆
112分 ドラマ/伝記

監督: ジュリアン・シュナーベル
原作: ジャン=ドミニク・ボビー
『潜水服は蝶の夢を見る』(講談社刊)
脚本: ロナルド・ハーウッド
撮影: ヤヌス・カミンスキー
音楽: ポール・カンテロン
出演: マチュー・アマルリック(ジャン=ドミニク・ボビー)/ エマニュエル・セニエ (セリーヌ・デスムーラン)/マリ=ジョゼ・クローズ (アンリエット・デュラン)/アンヌ・コンシニ(クロード)/パトリック・シェネ (ルパージュ医師)/ニエル・アレストリュプ(ルッサン)/オラツ・ロペス・ヘルメンディア(マリー・ロペス)/ジャン=ピエール・カッセル( リュシアン神父/店主)/ イザック・ド・バンコレ(ローラン)/ エマ・ドゥ・コーヌ(ウジェニー)/マリナ・ハンズ(ジョゼフィーヌ)/マックス・フォン・シドー( パピノ)/

42歳という働き盛りに突然の病に倒れ、身体の自由を奪われてしまったELLEの元編集長ジャン=ドミニク・ボビーが、全身の中で唯一動く左目の瞬きだけで綴った奇跡の自伝ベストセラーを映画化した感動ドラマ。監督は「夜になるまえに」のジュリアン・シュナーベル。主演は「キングス&クイーン」「ミュンヘン」のマチュー・アマルリック。
★すばらしい最高、なんで劇場で観なかったのか後悔した!
●2007年カンヌ国際映画祭 ■監督賞 ジュリアン・シュナーベル
●200年LA批評家協会賞 ■撮影賞 ヤヌス・カミンスキー
●2007年ゴールデン・グローブ ■外国語映画賞 (フランス=アメリカ) ■監督賞 ジュリアン・シュナーベル
●2007年英国アカデミー賞 ■監督賞 ジュリアン・シュナーベル ■撮影賞 ヤヌス・カミンスキー
●2007年セザール賞 ■主演男優賞 マチュー・アマルリック ■編集賞 ジュリエット・ウェルフラン

2007
2008/02/09
2009/1/11

4

座頭市
(日)
☆☆☆☆
116分 時代劇/アクション

監督: 勝新太郎
原作: 子母沢寛
脚本: 勝新太郎/中村努/ 市山達巳
撮影: 長沼六男
音楽: 渡辺敬之
挿入歌:ジョー中山
主演:勝新太郎(座頭市)/樋口可南子(おはん)/陣内孝則(八州取締役)/片岡鶴太郎(正義の男)/奥村雄大(五右衛門)/草野とよ実(おうめ)/泉谷しげる(桶屋)/三木のり平(儀肋)/川谷拓三(旅の按摩)/蟹江敬三(仁)/ジョー山中 (車助左衛門)/安岡力也(用心棒)/内田裕也(赤兵衛)/緒形拳(浪人)

居合い斬りの得意な按摩・座頭市と五右衛門一家との戦いを描く。子母沢寛の同名小説の映画化で、脚本・監督は「新座頭市物語 折れた杖」の勝新太郎、共同脚本は「森の向う側」の中村努と市山達巳、脚色は「この胸のときめきを」の中岡京平、撮影は「クレージーボーイズ」の長沼六男がそれぞれ担当。主題歌は、JONNY(「THE LONER」)
★還暦を前にした勝新太郎の製作、監督、脚本、主演による座頭市シリーズの26作目の作品。演出へのこだわりの為、真剣での殺陣を行ない死者を出す事故を起こしてしまったことでも知られる

1989
1989/02/04
2009/1/10

3

宿無し犬
(日)
☆☆☆☆
94分  アクション

監督: 田中徳三
撮影: 武田千吉郎
脚本:藤本義一
音楽: 塚原哲夫
出演:田宮二郎(鴨井大介)/天知茂(木村準太/島田竜三島田龍三 (神沢)/須賀不二男(佐伯伸一郎)/佐々木孝丸(沼野五郎)/水島道太郎(青井喜六)/水原浩一(新楽会顧問)/成田三樹夫 (瓜生)/毛利郁子(マダム)

現代インチキ物語 ど狸」の藤本義一がシナリオを執筆「悪名一番」の田中徳三が監督したアクションもの。撮影は「悪名一番」の武田千吉郎。
★スピーディな演出と田宮次郎の軽快さが相まって気持ちがいい。

1964
1964/05/02
2009/1/10

2

血斗水滸伝 怒涛の対決
(日)
☆☆☆☆
114分  時代劇/アクション

監督: 佐々木康
原作: 峰岸義一
脚本: 高岩肇
撮影: 三木滋人
音楽: 山田栄一
出演:市川右太衛門(笹川繁蔵)/中村錦之助 (洲の崎の政吉)/大川橋蔵(雪崩の岩松)/東千代之介(清滝の佐吉)/里見浩太朗 (板割の浅太郎)/伏見扇太郎(小天狗の美代太)/若山富三郎 ワ(勢力の富五郎)/尾上鯉之助(真田の文次)/南郷京之助(真田の亀太郎)/星十郎(青馬の権太)/月形哲之介(油田の六郎次)/杉狂児(羽斗の忠吉)/堺駿二(勝んべ)/片岡栄二郎(天作の忠太郎)/美空ひばり(八千草)/長谷川裕見子(呂月(お静)/丘さとみ(お咲)/大川恵子(お光)/雪代敬子(芸妓小萩)/花園ひろみ (舞妓清香)/円山栄子(舞妓玉奴)/赤木春恵(仲居)/千原しのぶ(お滝)/喜多川千鶴(およし)/花柳小菊(お豊)/原健策(三浦屋孫次郎)/阿部九洲男(成田の甚蔵)/清川荘司(高神の庄太郎)吉田義夫(花会の客信夫の常吉)/市川小太夫(清水の頑鉄)/徳大寺伸(花会の客大町和助)/加賀邦男(神楽獅子の大八)/大河内傳次郎(夏目の新助)/薄田研二(干潟の庄吉)/山形勲(大前田の英五郎)/進藤英太郎 (飯岡の助五郎)/月形龍之介(中山誠一郎)/大友柳太朗(平手造酒)/片岡千恵蔵(国定忠治)

 

峰岸義一の『丁半』を、「独眼竜政宗」の高岩肇が脚色し、「旗本退屈男 謎の大文字」の佐々木康が監督した、オールスター出演の娯楽時代劇。
大利根の流れにそって対立する飯岡助五郎一家と笹川繁蔵一家の争いは、あやめ祭を機会に爆発の危機を迎えた。繁蔵一家の仕わざとみせかけて助五郎が身内にやらせた賭場荒しの下手人が、繁蔵自身の手で捕えられてしまったのだ
★ろそろこの手の映画が下火に成りつつある作品。東映オールスターお正月映画、俺が中学生の頃の映画でなつかしいあの顔この顔あ〜みんな彼岸に言ってしまった人たちばかりであの時代への郷愁をそそる。生きているのは誰だろう・・・里見浩太朗ぐらいか?

1959
1959/08/09
2009/1/9

1

ウォーリー
WALL・E
(米)
☆☆☆☆
103分 ファンタジー・アニメ

監督: アンドリュー・スタントン
脚本: アンドリュー・スタントン/ジム・リアドン
音楽: トーマス・ニューマン
声の出演: ベン・バート (ウォーリー)/エリサ・ナイト(イヴ)/ジェフ・ガーリン/フレッド・ウィラード/ジョン・ラッツェンバーガー/キャシー・ナジミー/シガーニー・ウィーヴァー

人類に見捨てられた地球で700年もの間コツコツと働き続ける孤独なゴミ処理ロボット“WALL・E(ウォーリー)”の健気で純粋な姿を綴るディズニー/ピクサー製作のファンタジー・アニメ。ある時目の前に現われ恋をしたロボットの危機を救うため宇宙へ旅立つウォーリーの壮大な冒険を描く。監督は「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン。 人類が新たな入植地を求め宇宙へと去ってから長い年月が経つ29世紀の地球。そこでは700年間、一体のゴミ処理ロボットが人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けている。そのロボットの名はウォーリー。長い年月の中で、次第に感情が芽生えていった彼は、ゴミの中から宝物を見つけてはコレクションすることをささやかな楽しみにしていた。★

2008
2008/12/05
2009/1/8

吉祥寺東亜