★1999   
★2000   ★2001   ★2002   ★2003   ★2004   ★2005   ★2006   ★2007   ★2008   ★2009   ★2010
  ★
2011    ★2012  ★2013  ★2014   ★2015  ★2016
2017

1999年から2017年に【地球号を降りた あの人この人、気になる人々
50音順

2018年度


1/7
■フランス・ギャル(仏歌手)パリ
7日、仏ヌイイ=シュル=セーヌで死去、70歳。
63年「Ne Sois Pas Si B腎e(恋のお 返し)」でデビュー。65年イタリアで行われた ユーロビジョン・ソング・コンテストにルクセン ブルク代表として出場し、セルジュ・ゲンスブー ル提供の(夢みるシャン> ソン人形)」を歌い優勝。世界的な人気を博す。 70年代作曲家ミッシェル・ベルジェのプロデュー> スで本格的に歌手活動を開始。76年ベルジェと結 婚。80年代後半「Ella, elle l’a」がオーストリア、 ドイツで1位を獲得した。
1/4
■星野仙一(元プロ野球選手・監督、楽天球団副会長)岡山県倉敷市
4日、膵臓癌のため死去、70歳。
岡山県立倉敷商業高校から、明治大学政治経済学部経済学科に進学。68年ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受け入団。74年初代最多セーブのタイトルと沢村賞を獲得。82年リーグ優勝を機に現役引退。現役通算で146勝121敗34セーブ。その後、87-91年および96-01年までの2度、中日監督を務める。さらに、02-03年まで)阪神タイガース監督、 11-14年まで東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めた。この間に計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。監督としては通算1181勝1043敗53分。07年には北京オリンピック野球日本代表の監督に就任したが、08年同オリンピックでは4位に沈んでいる。

12/30
■深水三章(俳優)栃木県
30日、東京都内の自宅前で倒れていたところを新聞配達員により発見され、虚血性心不全のため死去、70歳。
東京キッドブラザーズで活動。75年退団し、ミスタースリムカンパニーを立ち上げる。78年石井隆の劇画を兄龍作が脚色した日活ロマンポルノ「女高生 天使のはらわた」で映画デビュー。今村昌平監督作品の常連出演者でもあった。出演映画に「楢山節考」「うなぎ」「黒い雨」「蝉しぐれ」など。


12/29
■真屋順子(女優)朝鮮・釜山
28日、脳梗塞や大動脈瘤などを患い闘病生活を続けていたが死去、 75歳。
大分県立日田高校を中退。松竹歌劇団(SKD)に入団。俳優座養成所(俳優座13期生)を卒業後、劇団雲に研究生として入る。75年演劇集団 円に参加。64年NHK大河ドラマ「赤穂浪士」でTV初出演。76年開始の「欽どこ」で萩本欽一の妻役としてレギュラー出演、人気を博す。山口百恵主演「赤い絆」では山口の敵役を演じる。80年夫の高津住男と劇団樹間舎を旗揚げ。
12/28
■スー・グラフトン(米推理作家)ケンタッキー州ルイビル
12月28日、がんを患っていたが米カリフォルニア州サンタバーバラで死去、77歳。
61年ルイビル大学(英文学専攻)を卒業。カリフォルニア州サンタモニカやサンタバーバラの病院で受付や秘書として働く。脚本家に転向し、TV映画の脚本を執筆。79年「Walking Through the Fire」 の脚本でクリストファー賞を受賞。夫スティーヴン・ハンフリーとの共同でアガサ・クリスティの「カリブ海の秘密」「忘られぬ死」などのTV用脚本を手がけた。82年女性探偵を主人公にしたミステリー小説「アリバイのA」を刊行。タイトルに順番にアルファベットを付けたシリーズを発表。19年「ゼロのZ」の出版を計画していたが、17年Yの作品が最後になった。父は弁護士で推理作家のC・W・グラフトン。
受賞・ノミネート歴
1986年:『泥棒のB』でアンソニー賞長編賞受賞、シェイマス賞長編賞受賞
1987年:『死体のC』でアンソニー賞長編賞受賞
1987年:「パーカー・ショットガン」でアンソニー賞短編賞受賞
1989年:『証拠のE』でアンソニー賞長編賞ノミネート
1991年:『探偵のG』でアンソニー賞長編賞受賞、シェイマス賞 長編賞受賞
1991年:『逃亡者のF』でファルコン賞受賞1995年:『殺害者のK』でアンソニー賞長編賞ノミネート、シェイマス賞長編賞受賞
2004年:ロス・マクドナルド文学賞受賞
2008年:英国推理作家協会カルティエ・ダガー賞(功労賞)受賞
2009年:アメリカ探偵作家クラブ功労賞受賞
2011年:アガサ賞功労賞受賞