第277回 2月場所の1
お題 節分
優勝
関脇 
三丁目

優勝

優勝:10
得点:28
累積:1701
合計:1739
7点以上

●舟酔:ヤな鬼ではなくファンタスティックな色とりどりの子鬼達だといいなあ!
●幻灯齋:鬼は外と言われ、外に出た鬼は行き場を無くし彷徨っているんでしょう。それにしても夜空いっぱいの鬼の群れとはどんなもんでしょう。体感してみたい。
●日曜生:夜空と呑んべ横丁と迷いましたが、ファンタジーのあるこちらにしました。赤鬼青鬼の姿が夜空を飛ぶ、絵本のような色彩が楽しいです。
●はじめ:ファンタジックです。

●楽が鬼:その鬼の姿は貴方の想像の中で作り出してねと作者は投げている、私も面白い絵本が出来そうです。

●土羊:普段から身の回りは鬼だらけ?、グリム童話を連想しました。
●鉄乙女:豆まきのせいで行き場がないのか、はたまたもっと大きくて邪悪な鬼達なのか...。
●遊歩:春の始まりはおどろおどろしい?
●鷹目:追われた鬼たちでもあり、節分と思いながら参加できなかった人々とも思えます。。
●豆春:豆に追われてさまよっているのでしょうか?それはちょっと面白いです。飛んでるみたいな印象ですが、歩いている方がしっくりきたかも。
●丘山::家族サービスを頑張っている姿が見えました
●天布留:人間の目には見えないだけで、星の数ほどの鬼が、いそうですね。
●阿美土



敢闘賞

敢闘賞:3
得点:15
累積:580
合計:598
6点以上

●阿美土:怖い己を言い当てる業。しみじみ染みる人生でもある。
●邪愚樂:わたしの中にも鬼や悪魔がいます。

●楽が鬼:またも煮え湯を呑まされた、節分の日の煮え湯には豆がたっぷり。これは辛そうだ、とくに内なる鬼を囲っている貴方には。
●幻灯齋:季語で自分の内面に迫れることは発見でした。状況が哲学的なだけにどこかに具体が欲しかった。
●鷹目:子どもは無邪気。ではなく、邪気なんて知らないふりしている。大人は邪気と向き合うのだと思います。
●津和乃:何があったのでしょう。隠された重い思いが響きました。
●三丁目/●土羊/●日曜生/●月心/●丘山
●小酔

 
・・・ 勝ち越し・・・

得点:12
累積:87
合計:99
5点以上

●利根ノ雫:鬼役をやってくれる人は偉い
●舟酔:人の好さはおおらかさと自信の裏表、きっといい子に育つよ!
●豆春:鬼はいつも良い人好かれている人がなりますね。いつもそうでした。
●黒子坊:わかります。サザエさんのマスオさんのような人を思い浮かべました。
●鉄乙女:お父さんが鬼をやるのも不思議ですよね考えてみたら。
●幻灯齋:憎まれ役を断りきれないいい人が鬼に。時と場合によっては私も鬼になってしまいそうです。身につまれされて人。
●阿美土/●日曜生/●豪力/●小酔

得点:14
累積:1117
合計:1131
10点以上

●小酔:豆まきの撒かれた豆の行く末を、資源の無駄遣いを、面白い視点から見事に表現している。
●豆春:おもしろい。なんでもゴミになっちゃうので他の行事でも使えそうかなと思ったりしましたが、鬼の面とか運ばれてると考えると楽しいです。
●三丁目:深い意味が有りそうで、無さそうで、有りそうでシュール。世相批評?豆も冬も運び去る?。
●丘山:行事としては大切ですが、豆の生涯を考えると切ないですよね
●楽が鬼:この句の詩心は読めないが、なんだか清掃車が、ぴゅ〜と走り去って行く映像が見え隠れするのは何故だろう。
●舟酔:節分の日に可燃ごみ収集車を見ただけ、そのリアルで句が作れる楽しさ!

●はじめ:グッドアイディアです。
●遊歩

得点:8
累積:773
合計:781
5点以上

●遊歩:いろいろと思いをめぐらせている様子。シンプルで良いと思いました。
●はじめ:見上げると元気になります。

●阿美土:ため息が聞こえるが清々しい気分の句。
●黒子坊:鬼役だった父君なのか。はたまた昨年物故された永六輔氏なのか。亡き人へ想いを馳せているのでしょうか。
●土羊/●邪愚樂/●鷹目/●丘山

得点:8
累積:89.
合計:97
5点以上

●緑地:昔の人の切実がひしひしと感じられる。
●土羊:人生の春は何回かあるでしょうが赤子も正しく早春を感じます。
●豪力:いい子に育ってくれればいいですね
●天布留/●邪愚樂/●小酔

得点:8
累積:1356 合計:1364
6点以上

●黒子坊:鬼は外より福は内。穏な一年でありますように。
●小酔:中七の「重なる声や」に大勢の人の節分会を感じます。確かに福は内の声の方が大きく唱和しているような気がします。
●天布留:30年ぶりに近所の神社に行きました。まさしく句のごとしでした。
●豪力:境内は福が集まりそうですね
●はじめ/●邪愚樂/●月心/●利根ノ雫

得点:6
累積:89
合計:95
5点以上

●鷹目:こうタクティカルに豆を撒かれては野郎に勝ち目はありません。
●三丁目:うつわを半径で捉えた技が斬新。
●小酔:視点が面白く抜きました。何となく判るような気もするけど、そんな意地悪な見方しないでほしい。
●黒子坊/●はじめ

得点:6
累積:1677
合計:1693
6点以上

●鉄乙女 : ごくごくシンプルな句だからこそ幼な子を思う気持ちが伝わってくる。
●緑地:その手にはとても大きな収穫物ですね。かわいい。
●月心:三歳ぐらいの子供の初節分ですかね。

●阿美土/●津和乃

得点:5
累積:97
合計:102
5点以上

●月心:護摩行で気が付いたら隣に鬼も座って行を重ねていた様子を想像しました。
●阿美土:反省ばかりも良しとしよう。これからである。
●三丁目:意味深長な下五が効いてます。
●土羊/●鉄乙女

得点:5
累積:201
合計:206
5点以上

●豪力:力強いですね
●日曜生:力士の手の大きさ、ばらばらと雨のように撒かれる豆。豪快さがいいと思います。
●津和乃/●豆春/●利根ノ雫

得点:5
累積:29
合計:34
4点以上

●利根ノ雫:大人は多く食べてずるいと子供は思いますよね
●駄々をこねたのはどちら側でしょうかね。歳を重ねる毎に豆が好きになるのは私だけでしょうか。

●緑地:小さい頃は不満だったけど四十超えたら飽きました。
●はじめ/●月心

得点:3
累積:23
合計:26
3点以上

●天布留:名のみであろうとけど明日からは春だ。下五がいいですね。
●楽が鬼/●鉄乙女/●緑地/●鷹目/●豪力

得点:3
累積:-14
合計:-11
3点以上

●丘山:リズム感が抜群だな、と思いました
●黒子坊

● ●●横綱負け越し●●●
● ●●大関負け越し●●●

得点:2
降格:8+6
累積:663
合計:649
8点以上

●邪愚楽:ひとも鬼と呼ばれるものですね。
●豪力

● ●●関脇負け越し●●●

得点:1
降格:7+6
累積:1157 合計:1144
7点以上

●邪愚樂:もっとも爺が良かったです。
●幻灯齋

得点:1
降格;7+6
累積:178
合計:165
7点以上

●土羊:季変わりを一番強く感じた句でした。直球の春です。
●遊歩/●幻灯齋/●緑地/●舟酔

● ●●小結負け越し●●●

得点:3
降格:6+3
累積:508
合計:499
6点以上

●月心:「首筋に魔の風」というところが、緊張と爽快さがあっていいですね。
●三丁目/●遊歩/●鉄乙女/●日曜生/●幻灯齋
●鷹目/●豆春

得点:1
降格:6+5
累積:456
合計:445
6点以上

●利根ノ雫:鬼の面を投げ出して家に入るお父さんも大変です
●三丁目/●緑地/●丘山

●●●前頭以下負け越し●●●

得点:4
降格:2+1
累積:155
合計:152
5点以上

●津和乃:思わず顔が緩んだ1句に天。
●遊歩:なんとなくユーモラスな光景。
●楽が鬼/●黒子坊/●天布留/●豆春

得点:1
降格:2+4
累積:432
合計:426
5点以上

●日曜生:呑んべ横丁の店主達が、商売繁盛の豆を撒く姿、豆だらけになる路地が浮かんで、その活気が愉快でいいと思いました。
●天布留/●津和乃/●利根ノ雫

得点:0
降格:2+5
累積:40
合計:33
5点以上

●舟酔

無断休場
降格:10
累積:193
合計:183
5点以上



home  top