第283回 4月場所の2
お題
蜆汁
関脇 三丁目関

優勝

優勝:10
得点:30
累積:1747合計:1480 7点以上

●緑地:流石呑んべい句会の句が沢山ですが、これは達人。
●月心:二日酔いの朝餉に蜆汁。「底に沈めて」にまいりました。
●幻灯齋:蜆と飲兵衛の典型的な句かも。朝になっても酔っぱらいのまま飲みつぶれた眼をお椀に映しつつ蜆をいただく、まだ酔いは回っていそうです。
●邪愚樂:深く酔ったさまが巧く表現出来ている良い句です。
●利根ノ雫:よっ!御同輩と言いたくなる句です
●酔象:酔眼を底に沈めるとなぞらえる。なんとうまい、おいしい例えなのだろう。蜆のすがたがちゃんと見える。

●楽が鬼:耽美主義者が、それっと食い付きそうな575と漢字の配置だから、楽しめた。
●黒子坊:蜆汁に映り込む自分。開いた蜆のような瞳。こちらも反省の朝餉ですね。
●阿美土:有りがちな蜆の効能、見事な俳句にしてるなあ。
●舟酔:中7がもっとさり気なかったらと思いました。
●豆春:酔眼という漢語に「底に沈めて」が負けてないです。うまい。
●遊歩:蜆の貝か、我が眼(まなこ)か区別がつかない。
●小酔:ちょっとハマりすぎ、典型的な感じで減点。ですが面白い。
●鉄乙女

殊勲賞

殊勲賞:5
得点:18
累積:1123合計:1146

●小酔:しじみ汁に対する前夜の酒の具体性が無い句が多い中、「恋だとか」という多分失恋の話での飲み過ぎが描けているところで天。
●津和乃:なんかいいシチュエーションですね。地味な蜆汁の裏側を感じました。

●月心:「蜆」をすすりながら、「しみじみ」語った昨夜を思い出す、語感的リズムがいい。
●遊歩:呑んで余計なことを言ってしまった自嘲?
●幻灯齋:ここ何年もしていない恋の話にドキッと地。「昨夜」とするより「語りし夜や」でも状況は伝わるので説明的にならないですむのではと思いましたが。。。
●鷹目:呑んだあくる日の後悔が多いお題ですが、やっちまった&やりがちのリアルさが一番です。
●豆春:さりげなく色んな事が盛り込まれて想像がふくらみます。

●舟酔:清々しい、若い人の句ですね。
●楽が鬼/●三丁目/●黒子坊/●利根ノ雫/●鉄乙女/
●邪愚樂

敢闘賞

敢闘賞:3
得点:16
累積:1193 合計:1212 7点以上

●豪力:よほど蜆汁が好きなんでしょうね
●豆春:トリッキーなのはあまり好みではないのですが、音読してみるととても合っていると感じます。何度か読んでいる間に人から地へ、そして天になりました
●酔象:酒呑みの後悔と決意の宣言が永遠につづく毎日だ。碗の中の思いが出汁のいい隠し味になっている。
●小酔:漢字のみの構成と、時の流れの中に突然のしじみ汁は感動。酒と蜆汁の日々ですね。
●天布留:来る日も来る日もですね。感じばかりなのにポワンとあったかい気がしました。
●緑地:いつでも飲みたい気持ちと後悔のスパイラル。
●鷹目:ざくざくと貝殻の音がします。
●日曜生:いたわりつつ、元気に飲みましょう!
●遊歩

・・・ 勝ち越し・・・

得点:14
累積:670
合計:684
6点以上

●遊歩:貝の砂を噛んだ時の不快感。それを罰のように科す。
●鉄乙女 : 日常のふりをして、しかしなにかピカレスクなムード。松田優作が目に浮かびました。
●黒子坊:昨夜の嘘。ジャリっとしたやな感じ。反省の朝餉でしょうか。
●三丁目:砂を飲むのたとえが、後悔の胸中をうまく表している。
●楽が鬼:リズムも良く字面もよいのだが、「汁」と置いた結果、「砂を飲む」は隠喩が弱い、ここは「噛む」と置いたら「地」。
●緑地:ノーコメントでお願いいたします。

●豆春/●小酔/●阿美土

得点:10
累積:483 合計:493
6点以上

●舟酔:自己憐憫の塩梅が効いて上手い句だと思いました。
●鷹目:「真似事」の主体が家族なのか自身なのか。うっすらとした暗さに惹かれます。
●鉄乙女:伊丹十三の「お葬式」で暴かれてるような、滑稽で普遍的な裏切り。
●楽が鬼:ある日ある時絵空事の生活臭が家中に芳しく漂い出すのですよ。
●小酔/●はじめ

得点:7
累積:-14
合計:-7
3点以上

●天布留:小さな幸せを感じられる人のことを幸せ者と言うのでしょうね。
●鉄乙女:句を詠むというよりも日記のような素直な表現にむしろグッと来ました。
●黒子坊:プチだけど共感できる幸せ。わかります。
●はじめ:うまかったね。
●丘山/●利根ノ雫/●津和乃/●幻灯齋/●阿美土

得点:7
累積:137
合計:144
5点以上

●はじめ:有り難いですね。
●幻灯齋:蜆汁を作ってくれた人はいったい?己の体を大事にしろと口では言わず料理で教えてくれるとは素敵な人ですね。
●三丁目:弱った心にも胃にも効果覿面。母親の優しさが伝わります。
●丘山:胃にも心にも沁みますね
●豪力/●舟酔

得点:6
累積:1342 合計:1348 5点以上

●丘山:全体のリズム感の良さが絶妙でした
●邪愚楽:どこの塀なのかしみじみ気になる句です。
●楽が鬼/●利根ノ雫/●月心/●阿美土/●天布留

得点;6
累積:91
合計:97
5点以上

●阿美土:大袈裟で痛快。大事と小事、アンビエントな感覚がいい。蜆も嬉しかろう。
●丘山:「the 日本の朝ごはん」ですね。
●津和乃:大人の朝食ですね。思わず朝からのみたくなりました。
●黒子坊/●小酔/●鉄乙女

得点:5
累積:789
合計:794
5点以上

●日曜生:酔った翌朝の状況を、一番詩的に詠まれたと思います。
●利根ノ雫:朝のガード下というのが若き日を思い出させます

●楽が鬼/●酔象/●豆春/●鷹目/●遊歩

● ●●横綱負け越し●●●
● ●●大関負け越し●●●
● ●●関脇負け越し●●●
● ●●小結負け越し●●●

得点:3
降格:6+3
累積:656
合計:647
6点以上

●豪力:五臓六腑に染みわたりますか
●月心:蜆にはやさしい叱言がよく似合ふ。
●酔象/●豆春/●津和乃/●緑地/●幻灯齋
●遊歩/●はじめ/●舟酔

得点:1
降格:6+5
累積:202
合計:191
6点以上

●酔象:色事なのか後悔なのか、後ろ髪が昨夜の出来事をしみじみと想像させてくれる。
●黒子坊/●鷹目

●●●前頭以下負け越し●●●

得点:4
降格:1+1 累積:71
合計:69
5点以上

●日曜生:一椀に大きな風景を取り入れた力がすごいと思います。
●利根ノ雫:八雲はしじみ汁を食べたのかな

●三丁目/●鷹目/●緑地/●豪力

得点:4
降格;2+1
累積:509
合計:506
5点以上

●津和乃:あの箸のツンツン感。日本人ならではの感覚ですよね。
●三丁目:美味しくなりそうと思わせる中七におもしろ味が。
●酔象/●緑地/●天布留

得点:3
降格:-1
累積:38
合計:37
4点以上

●はじめ:そうしたいですね。
●天布留:うま味を出し切った身なのですが、私もしっかりいただきますよ。
●丘山/●月心/●豪力

得点:2
降格:6+4
累積:122
合計:112
5点以上

●豪力:確かにありがたいですね
●津和乃/●邪愚樂

得点:1
降格:2+4
累積:113
合計:107
5点以上

●邪愚樂:その気持ち分かります。
●三丁目/●天布留/●はじめ/●舟酔

得点:1
降格:2+4
累積:195
合計:189
5点以上

●阿美土:蜆の深い味わいをジンケンにかける妙、俳句だ。
●月心/●幻灯齋/●邪愚樂

得点:0
降格:2+5
累積:452
合計:445
5点以上

●丘山


届出休場
累積:1125合計:
6点以上

届出休場
累積:37
合計:
5点以上

届出休場
累積:207
合計:
5点以上

無断休場
降格:10
累積:44
合計:34
4点以上


home  top