第284回 5月場所の1
お題
菖蒲
横綱
日曜日関
菖蒲について調べたときに、「葉は刀の形で」という一文が素敵に思えました。柔らかい剣、何も切れない、それでも凛とした姿の剣。日本や、男の子や、女子の姿を重ね合わせて作句しました。選者の皆様ありがとうございました。

優勝

優勝:10
得点:25
累積:1146合計:1181 10点以上

●天布留:葉を剣に見立てたのが、するどいと思いました。
●遊歩:葉を剣にたとえて鮮やか。
●緑地:チャンバラして怒られた昔。菖蒲は子供時代の自分。
●津和乃:バラエティーに富んだ語彙から男の子らしさが一番伝わりました。
●利根ノ雫:菖蒲の花を守るのは葉の剣だったのか
●土羊:なで肩の如く力の抜け方が綺麗な剣です。

●丘山:「菖蒲立つ」が司馬遼太郎的でカッコいい表現だなと思いました
●黒子坊:しなやかさと力強さ。端午の節句らしい句ですね。
●鷹目:菖蒲の佇まいが活写されています。
●月心:剣のような葉は、節句に馴染むのかも。
●豆春/●幻灯齋/●鉄乙女

殊勲賞

殊勲賞:5
得点:19
累積:34
合計:58
4点以上

●楽が鬼:城好きのの者には、スーとこの世界に入り込むことが出来た素敵な句ででありますよ。
●日曜生:まるで城を守る武士のように、群生の菖蒲が咲く風景。菖蒲の凛とした佇まいが生きています。荒城の古びた色と菖蒲の新しい紫や白の対比も美しいです。
●幻灯齋:昔の城では見られなかった堀の風景が今見られる。堀いっぱいの菖蒲は壮観でしょうね。

●舟酔:なぜか菖蒲だけが咲き誇って……。
●三丁目:兵どもの夢の跡に咲き乱れる花菖蒲。古城との対比がよく効いている。
●豪力:昔はたくさん血が流れたかもしれませんね
●豆春:きれいな絵。見てみたい感じ
●阿美土:古城の風情に佳く似合う。
●鉄乙女:武者たちは果てたのちも花菖蒲に姿を変えて城を守っているのでしょうか。そこにあるのは吹きわたる風のみ。
●土羊/●利根ノ雫/●小酔/●遊歩/●邪愚樂/
●天布留

敢闘賞

敢闘賞:3
得点:14
累積:191
合計:207
5点以上

●邪愚樂:見事な情景描写です
●阿美土:菖蒲柄の和服だったりして。若い頃の母の華やいだ様子が浮かびます。

●楽が鬼:菖蒲の後背を見たのである・・・なるほど巧い見立てで、菖蒲と母の取り合わせが絶妙でありますよ。

●幻灯齋:昔、家族のために祈っていたのだろうか?母の背と菖蒲の葉の曲がり具合の発見。視点のユニークさでいただきました。
●緑地:柔らかい姿はお母ちゃんの優しさですな。

●三丁目:形状以外に花菖蒲と母を繋ぐ記憶がきっとあるのでしょう。
●小酔:菖蒲と母の祈りし背中、何となく解ります。
●豪力/●黒子坊

・・・ 勝ち越し・・・

得点:11
累積:1125合計:1136 6点以上

●鉄乙女 : 幼きものの行く末を見守らんとする庇護者の姿に命が繋がれていく力強さを見ました。赤と青のことばの対比がそれをさらに強調して美しい。
●黒子坊:我が子(娘ですが)もはじめての菖蒲湯でした。すくすくと育ってほしいですね。
●月心:親の思いに無頓着な子の無邪気さが静かに詠われていていいですね。

●鷹目:水の光が赤ん坊の肌に光っています。
●豆春/●緑地/●幻灯齋/●日曜生/●阿美土
●邪愚樂

得点:11
累積:452
合計:463
5点以上

●酔:子供時代との決別か、失恋の痛手か。いずれにしても決意の日の白菖蒲が印象的に浮かびます。
●酔象:女子の決意表明が気持ちいい。その昔から、男子より女子が潔いのだ。
●三丁目:少女の決意を白菖蒲がしっかりと受け止めている。
●日曜生:古典的なお下げ髪より、今、しっくりくるものが欲しいところですが、この若々しさと爽やかさが素敵だと思います。
●楽が鬼/●丘山/●舟酔/●豆春/●鉄乙女

得点:10
累積:1348 合計:1358 5点以上

●遊歩:こまやかな描写。
●邪愚楽:とても綺麗な情景が目に浮かびます。
●小酔:「中七」の「陽のひとしずく」が素敵です。
●月心:菖蒲は雨上がりにとても似合いますね。

●土羊:盛りだくさんで気が散りますが、全体の明るさが良いですね。
●丘山:ではなく陽のしずくという表現がステキでした
●阿美土

得点:8
累積:684
合計:692
6点以上

●豆春:「葉」で切れているのではなく「ゆがむ」で切れていると読んだのですけど、どうなのかな。「病の避雷針」ちょい説明的だけど面白いと思いました。
●津和乃:避雷針の持つ意味合をぐっと考えさせられました。
●阿美土:上林暁、ずっと病床で執筆の低い視点を思った。気高い避雷針です。
●幻灯齋/●鉄乙女

得点:7
累積:112
合計:119
6点以上

●豪力:とても優雅な旅ですね
●丘山:車窓からの綺麗な景色がうかんできました
●津和乃:世界の車窓からで見てみたいです。きっと素敵な描写だと思います。
●楽が鬼/●酔象/●利根ノ雫/●鷹目/●緑地/●遊歩

得点:5
累積:794
合計:799
5点以上

●天布留:映画「外科室」で、吉永小百合が小石川植物園を日傘を差をさして歩いていた場面を思い出しました。
●土羊:浅黄の鮫あたりが浮かんできました。穏やかな句です。
●舟酔:やはりジーンズではなく着物それも江戸小紋だと絵になります
●豪力/●鷹目/●遊歩

得点:5
累積:113
合計:118
5点以上

●豆春:皮肉が効いていて好き。自分が育てたかのように説明してる方が沢山。
●酔象:高い葉に囲まれた景色が見え、主になるという主観が見え、読音感が心地よい。

●幻灯齋:菖蒲園の主になったような気分にさせる人気のない、静かな場所なんでしょう。主になってみたいと思わされました。
●丘山/●天布留

● ●●横綱負け越し●●●
● ●●大関負け越し●●●

得点:1
降格:8+7
累積:1780合計:1765 8点以上

●緑地:男同志の通る道。ほんの短い男親の記憶。
●楽が鬼/●舟酔/●黒子坊/●日曜生

● ●●関脇負け越し●●●

得点:3
降格:7+4
累積:1212 合計:1201 7点以上

●鷹目:ウルトラヴァイオレット感としか表現できません。鮮烈です。
●小酔/●阿美土/●邪愚樂

● ●●小結負け越し●●●

得点:4
降格;6+2
累積:493 合計:485
6点以上

●鉄乙女:菖蒲という名前は勝負や武将を連想させる。若武者よ!血を怖れるな!
●酔象:冒険とか血だとか、大げさな表現を微笑ましく感じたのだけれどどうなのだろうか。
●邪愚樂:とてもワイルドで鮮烈な句です。
●豪力/●鷹目/●黒子坊

●●●前頭以下負け越し●●●

得点:2
降格:2+3
累積:647 合計:642
5点以上

●遊歩:ブーケガルニとは意表をつかれました。
●三丁目/●土羊/●利根ノ雫/●月心

得点:1
降格:2+4
累積:189
合計:183
5点以上

●黒子坊:ひとり菖蒲湯につかる。香りを楽しみ疲れを癒す。そんなゆったりとした時間を感じさせます。
●三丁目/●津和乃/●月心

得点:4
降格;2+1
累積:144
合計:141
5点以上

●舟酔:なんか懐かしく正しく明るい昭和の風景ですね。
●天布留:テレビで見たことあります。いい情景です。
●三丁目/●津和乃

得点:3
降格:1+5
累積:37
合計:31
5点以上

●日曜生:菖蒲咲き心臓手術大成功。を祈ってます。
●利根ノ雫:この方は菖蒲の花を観賞しているのだろうか
●酔象

得点:2
降格:2+3
累積:207
合計:202
5点以上

●利根ノ雫:ゆっきりと菖蒲を鑑賞する姿が良いですね
●月心

得点:1
降格:-3
累積:37
合計:34
4点以上

●豪力:日本文化を代表するような襖なのかもしれませんね
●酔象/●小酔/●天布留

得点;0
降格:2+5
累積:97
合計:90
5点以上

●丘山/●土羊/●津和乃

得点:0
降格:-4
累積:69
合計:65
5点以上

●緑地/●日曜生

得点:0
降格:-3
累積:-7
合計:-10
3点以上

●舟酔

届け休場
累積:509
合計:
5点以上



home  top