第286回 6月場所の1
お題
青嵐
該当者なし

殊勲賞

殊勲賞;5
得点:16
累積:58
合計:79
5点以上

●幻灯齋:開店前の静かな店内にそっと針を落とす。外は風。誰もいない静かな時間を独り占めだ
●楽が鬼:小生のなりすまし句であります、当人は何故このような句が出来ないのか・・・畏れ入りました
●日曜生:店主が開店前に、好きな曲を大音量で店に流す。活気が空間にみなぎるようだ。青嵐と例える若々しさがいい。
●はじめ:客が来ても来なくても至福の時です。。
●天布留:レコードに針を置く。開店前のオーナーの至福の時なのでしょうね。
●月心:開店前の心静かな旋風。静謐な緊張感に一票。

●鉄乙女:初め、縫い物の手が滑って、なのかと思いましたが、これはレコードの針のことですね。開店前に若き日の曲を聴く。縫い物の針を落とす、という解釈もまたなんとも言えない雰囲気ではありますが
●土羊/●舟酔/●三丁目/●黒子坊/●豆春

敢闘賞

敢闘賞:3
得点:14
累積:508 合計:525
6点以上

●三丁目:いろいろな見送りといろいろな別れ。分岐点としての青嵐が効果的。
●鉄乙女 : 吹き抜ける強い風もまた、一年のうちの一時。風は旅人とも言いますが、達観した語り口が逆に嵐の勢いを強調しています。●小酔:見送った人と日々の生活。青嵐は、どちらに吹くのだろうか。
●緑地:残されたものは否応なく生と向き合わなければなりませんね。
●楽が鬼:明日は明日の風が吹くなどと嘘ぶいてきたが・・・見送りての過去形がチクリと刺さる昨今であります。
●月心:大切な人を見送った刹那を一陣の旋風が日常へと運び去ってしまった。寂寥感あり。
●黒子坊:人が去り、嵐が去り、ふたたび日常が訪れたときのふとした寂しさ、静寂を感じさせる句ですね。
●土羊/●舟酔/●阿美土/●遊歩/●天布留

・・・ 勝ち越し・・・

得点:10
累積:183
合計:193
5点以上

●邪愚樂:まるで森が生きているような様が思い浮かびました。
●月心:「森が動けばお前は…」というフレーズを思い出しました。想像力の豊かさに天。
●阿美土:重く暗い森の動き出す様子が大地を揺るがす動画のよう。
●幻灯齋:森がざわつき、さも歩き出すように感じたんですね。森が歩くの発見。
●土羊/●酔象/●津和乃/日曜生

得点:10
累積:1168合計:1178 10点以上

●豆春:素敵な風景、怒る子どもは正直でいいです。青嵐はぴったり。
●舟酔:何事にも一生懸命な人が好きです。
●利根ノ雫:風に子の鳴き声が混じって聞こえてきそうです
●遊歩:持っていき場のない怒りを青嵐はなだめるような、あおるような。
●小酔/●三丁目/●黒子坊/●酔象/●緑地
●邪愚樂

得点:9
累積:1190合計:1208 6点以上

●酔象:コップの水の静寂と嵐が画の中で二物衝撃している。枕辺にあるわたくしの心象も二物衝撃しているのだ。BGMはピンクフロイドだ。
●小酔:素晴らしい着想です。青嵐は何処にでも、枕辺のコップにも吹く。

●三丁目:思い出の情景が見えた気がした。まるでスノードームのように。

●阿美土:泥酔。コップの大海に溺れている己のようだ。

得点:8
累積:118
合計:126
5点以上

●はじめ:颯爽とした姿が目に浮かびました
●幻灯齋:何か高校生くらいの帰宅部の女子が現れました。前屈みで髪の毛を押えています。
●酔象:ショートカットと云えば、ジーン・セバーグなのかミア・ファローなのか。青嵐ならば勝手にしてみろ。
●丘山::読んだ人それぞれの思い出が引き出される良い句だと思いました
●小酔:青嵐はショートカットによく似合う。

●舟酔:青嵐に踊るのは長い髪よりショートカットがいい。
●楽が鬼/●豆春/●緑地/●利根ノ雫

得点:7
累積:459
合計:466
5点以上

●津和乃:ぞぞぞっときました。
●豆春:見に行きました展覧会。青嵐というのが草間彌生の描く姿にかさなります。

●楽が鬼:高齢化すすむ我が国のトップランナーを持ってきたのが、筆冴えております

●天布留:彼女の凄さは青嵐を吹き飛ばす勢いがある気がします。
●月心/●酔象/●幻灯齋

得点:6
累積:810
合計:816
5点以上

●利根ノ雫:つい最近経験したばかりで分かるなー
●黒子坊:笑う白髪と青嵐。表現と色のコントラストがおもしろいですね。
●三丁目:40何年ぶりの同窓会を思い出しました。
●楽が鬼/●津和乃/日曜生

得点:6
累積:207
合計:213
5点以上

●緑地:季節が巡り時が移り行くのは突然気がつくものですよね。
●舟酔:後で知るのですが、そんな頃の大切さを。

●土羊:心に吹いた風ですね。ストレートな青さを感じます。
●阿美土/●天布留

得点:6
累積:83
合計:89
5点以上

●丘山:草木のネタがどうしても多い中で土に着目して書かれていることとコミカルな感じが良かったです
●鉄乙女:土門拳の写真のよう!プリミティヴ!
●舟酔/●三丁目/●黒子坊/●津和乃:/●幻灯齋

得点:5
累積:649 合計:654
5点以上

●日曜生:わたしの持っている青嵐のイメージに一番近いので採りました。中七の字余りが残念です。
●遊歩:なぜか意固地になってしまう。字余りが効いている。

得点:3
累積:-10
合計:-7
3点以上

●酔象:どこから来たのかと自問する。そしてどこに行くのかとまた自問するのだ。青嵐の衝撃を感じる。
●津和乃:最近子供からこの手の質問をよくされます。どこからきたのかなぁ

得点:5
累積:207
合計:212
5点以上

●邪愚楽:草木がお喋りしてるなんて素敵です。
●土羊:楽しい表現の青嵐。明るさを感じます。
●月心/●丘山/●日曜生/●幻灯齋/●遊歩

得点:4
累積:33
合計:37
4点以上

●黒子坊:悠久な大自然。億年前の風の香りを感じさせます。
●月心/●阿美土/●鉄乙女/●邪愚樂

● ●●横綱負け越し●●●
(10)
● ●●大関負け越し●●●
(8)

得点:2
降格:7+5
累積:1147合計:1135 7点以上

●津和乃:揺れぬ、ですよね。奥深く哲学的に読みました。
●小酔/●利根ノ雫/●鉄乙女

得点:0
降格:8+8
累積:1809合計:1793 8点以上

●丘山/●はじめ

● ●●関脇負け越し●●●
(7)
● ●●小結負け越し●●●
(6)

得点:6
累積:692
合計:688
6点以上

●遊歩:青嵐は負の感情を一層あおる。自責の念をあおる。
●日曜生:若い感覚の句だと思います。責め立てるような青嵐に吹かれ、罰を受けるように立ち尽くす。字余りや言葉選びは残念ですが、雰囲気が好きです
●豆春:約束を守れなかったけれど、それは覚えていて、というところが青嵐に合っていると思います。
●利根ノ雫

得点:4
降格:6+2
累積:111
合計:103
6点以上

●阿美土:ぶっちぎりの勢いが気持ちいい。何もかも棄ててゆけぃ。
●邪愚樂:嵐の激しさが伝わります。
●丘山/●豆春/●遊歩/●はじめ

●●●前頭以下負け越し●●●

得点:4
降格;1+1
累積:73
合計:71
5点以上

●天布留:雑木林では、この句は成立しない。竹林が故きれいな句になったと思います
●はじめ:サラサラと音が聞こえます。
●小酔

得点:3
降格;2+2 累積:135
合計:133
5点以上

●土羊:何だか弄ってなくて気持ちいい風を感じます。
●緑地/●天布留/●はじめ

得点:2
降格:2+3
累積:1370 合計:1365 5点以上

●丘山::背筋が冷たくなりました
●鉄乙女/●邪愚樂

得点:2
降格:1+3
累積:31
合計:27
5点以上

●緑地:窓開けての汽車旅気持ち良いですよね。懐かしい。
●邪愚樂:嵐の激しさが伝わります。

得点:1
降格:2+4
累積:509
合計:503
5点以上

●利根ノ雫:ちょっと気になる風ですね



home  top