第287回 7月場所の1
お題
大関  三丁目

優勝

優勝:10
得点:29
累積:1793合計:1832 8点以上

●小酔:下五の「宿る音」が黴の付いた古いレコードに上手く呼応しています。
●はじめ:どうやって洗うのですか。
●利根ノ雫:音楽は黴も生えず蘇りそうです
●酔象:そうか、アナログは洗えるのだ。レコードに宿る音という表現から、その人の深い愛着と刻まれた歴史が浮かび上がってくる。
●楽が鬼:ジャズ屋店主は日々この作業。洗剤を柔らかスポンジにつけ円盤の真ん中は逃げてゴシゴシ盤面をこする、後は水で流して立てて乾かす。にしてもいい下五でありますよ。
●丘山:久しぶりにひっぱり出してきたんですかね、大切にしまってあった感じが温かくてステキでした
●日曜生:そういえば、プチプチという雑音に、埃かな黴かな、まさか傷かなと軽い憂鬱を感じたっけ。レコード盤を最後に、音源の手入れはほとんど必要なくなった。
●幻灯齋:何が聞こえてくるのかな?景色として一番しっくりきた句です。
●緑地:久しぶりに出したレコードはその時もう鳴り始めています。
●土羊:レコードの黴、洗って落とすのですね。匂いと音を熟成ですね。

●黒子坊:レコード盤に刻まれた音と月日が刻み込んでいく音。1枚のレコードがつなぐ物語ですね。
●鉄乙女:思い出を手に載せていつくしんでその音を聴く。年代物のワインの味わい方
●舟酔:古いレコード盤に対する愛情と作者の長ーい人生が重なります。
●月心:最近、レコード盤が見直されているとか。もともとレコード派の小生にはうれしき動き。黴も含めて音と同行してきた自分を聴きたいものです。
●豆春/●阿美土/●遊歩

敢闘賞

敢闘賞:3
得点:12
累積:1200合計:1215 6点以上

●鉄乙女 : 黴は過ぎ去ったいとおしい年月なんですね。カメラの名前を読み込むことで当時の熱も伝わってきます。
●土羊:下五のニコンF。詠むうちにどんどんオシャレに変化しました。

●豆春:カメラも意外なほど黴に好かれてますよね。手柄となるとはうらやましい。
●三丁目:対象が分かりづらいが、Nikon Fの格好良さで。
●はじめ:大切な道具ですね。
●小酔:古いNIKONを持っていて、かつ全く使っていないものとして同感します。が黴が手柄は異議ありですね。
●緑地:手に馴染んだものは壊れていても捨てられない。昭和。
●黒子坊/●鷹目/●邪愚樂/●天布留

・・・ 勝ち越し・・・

得点:11
累積:1370合計:1383 5点以上

●日曜生:蔵書の中からランボウ詩集がでてきた。これに傾倒していた時代を思い出す。夜空に星を一つ見つけた思いだ。と読みました。が、もしかしたら映画ほうかも。
●月心:黴もあったかもしれないけど、ランボウのにおいはあたりめの燻臭が強いと思います。でも、懐かしく忘れられない、、、天一票!

●酔象:黴臭いものから再認識が生まれる。いまこそランボウの言葉が新鮮に響く・・・路傍の石に腰掛けて、星の言葉に聞き入った。
●楽が鬼:天に抜きたかったが、上五から中七のランボオ現るまでの言葉の流れが、中也の黄色い戦争ありましたが浮かび上がってきたが、唐突な「星一つ」の違和感に惑わされ・・・地。
●豆春:現れたのがランボウでちょっと素敵。
●黒子坊/●小酔/●阿美土/●遊歩

得点:11
累積:37
合計:48
4点以上

●舟酔:「映画かな」ではなく「映画たち」に映画が友達のニュアンスが感じられほだされました。
●丘山:黴の匂いとレトロな雰囲気がうまく調和していて、良いと思いたした

●利根ノ雫:3本立映画懐かしいー
●楽が鬼:この時季、黴と便所のすえた匂いを燻しているタバコの煙。。。三鷹にあった名画座オスカーはまさにこの句のままだった、うぅ懐かしい。
●邪愚樂:廃れた風景とモノクロな映像を想像させられました。
●月心/●酔象/●鷹目/●津和乃/●緑地

得点:10
累積:193
合計:203
5点以上

●邪愚樂:影なのか人なのか妖しい影を思い浮かびました。
●三丁目:影の黴が際立つ感情を排したリアルなモノクロ映像。

●黒子坊:影の黴という表現がなんとも深いですね。
●阿美土:影の黴、生活の跡の黴だけが残った。
●楽が鬼

得点:10
累積:525 合計:325
7点以上

●遊歩:恋も昔も黴がはえたら捨てるしかないですね。
●小酔:香りの記憶。人生の節目にも黴の香りもあるでしょう、が「ゴミ箱」に捨てるほどのものでしたか。
●鷹目:「黴」は心の判断基準でもあるのですね。

●利根ノ雫:黴臭くても恋を閉まってあるのでしょうね
●日曜生:批判の声としては、ユーモア満々です。これくらいにした方が暑くなくていいです。
●土羊/●利根ノ雫/●津和乃/
●幻灯齋/●邪愚樂

得点:10
累積:1135合計:1235 7点以上

●鉄乙女:母という言葉に弱いのです。
●月心:箪笥からの慰問袋。若き母の恋への想像力に一票。
●天布留:遺品整理で母の恋文を発見したのかした。
●津和乃::軽々しく言えない世代ですが、ずっしりきました。
●遊歩:その頃にはたくさんのせつない恋があったのでしょうね。
●阿美土:洗わずに行李の奥に仕舞って置いて。黴の臭いに懐かしさ感じる。

●楽が鬼/●三丁目/●酔象/●小酔/●幻灯齋
●日曜生

得点:7
累積:503
合計:510
5点以上

●阿美土:黴にワイン、チーズが合う訳だ。味の微妙を教えてくれた。
●黒子坊:地下蔵も笑うとびきりの1本。どんな味わいだったのでしょう。
●月心/●酔象/●舟酔/●利根ノ雫/●日曜生
●鉄乙女/●はじめ

得点:6
累積:466
合計:472
5点以上

●幻灯齋:黴の生えたあとも現実の世界図も一緒と見る。なるほど。実際に目にした事のない世界地図は本当はどうなっているんだろうと思った。
●津和乃:世界史の裏側にある黴ですか。。。

●土羊/●豆春/●舟酔/●鷹目

得点:5
累積:133
合計:138
5点以上

●緑地:なんというかこんな人になりたかったのですよ。
●三丁目:黴将軍とは誰だ。TOTOのCMを思い浮かべ微笑む。

●土羊/●鉄乙女/●遊歩

得点:5
累積:89
合計:94
5点以上

●豆春:香と言ったところが季を感じます。気に入った靴って捨てられないので、けっこう黴にやられがち。主待ってるかどうかは疑問ですが。
●鷹目:カビはヒトが好きなのかもしれません。
●天布留:はたしてこの靴は、はかれることがあるのでしょうか?。ダンシャリ。
●利根ノ雫/●はじめ

● ●●横綱負け越し●●●
(10)

得点:3
降格:10+7累積:1178合計:1161 10点以上

●舟酔:「ゆゆしき」の意味がいくつもありどれにも当てはまりそうで面白いと思いました。
●酔象:ゆゆしき黴という大仰な表現がおもしろい。掬うという行為に味噌樽の歴史と味噌への愛着が見える。
●小酔/
●幻灯齋

● ●●大関負け越し●●●
(8)
● ●●関脇負け越し●●●
(7)
● ●●小結負け越し●●●
(6)

得点:5
降格:6+1
累積:690
合計:683
6点以上

●遊歩:どす黒く腹立たしい黴ですね。
●津和乃:各政党のロゴをじっくり見てしまいました。

●丘山::最後の黒い黴が問題ですね。
●楽が鬼/●黒子坊/●月心/●緑地

得点:0
降格:6+6
累積:213
合計:201
6点以上

●豆春

●●●前頭以下負け越し●●●

得点:4
降格:2+1
累積:816
合計:813
5点以上

●鷹目:黴のリアルが「抗菌」という教条に叛旗を掲げているように思えました。
●幻灯齋:対比が面白いですね。縁のない人にも抗菌のCMは届きます。
●三丁目/
●鉄乙女

得点:3
降格:2+2
累積:103
合計:99
5点以上

●はじめ:久々に晴れましたね。
●土羊:季節感、明るさ、シンプル。飾らぬ良さ。
●日曜生

得点:2
降格:1+3
累積:27
合計:23
5点以上

●邪愚楽:まさにその通りだと思います。
●津和乃/●緑地

得点:0
降格:1+5
累積:79
合計:73
5点以上

●三丁目/●邪愚樂

得点:0
降格;1+5
累積:71
合計:65
5点以上

●舟酔/●阿美土/●天布留

得点:0
降格:1+5 累積:135
合計:129
5点以上

●天布留/●はじめ

得点:0
降格:2+5
累積:212
合計:205
5点以上


届出休場
累積:654 合計:
5点以上

届け休場
累積:-7
合計:
3点以上


home  top