第293回 10月場所の1
お題
月光
前頭筆頭
土羊関

優勝

優勝:10
得点:27
累積:532
合計:569
5点以上

●遊歩:神々しい光景ですね。
●はじめ:光と影に、ゆるやかな動きが有ります。
●日曜生:切なさで一時目が潤むほどでした。人間の悲しみを、天からの美しい光が包む、壮大な癒しを感じました。
●緑地:慈愛と哀しみ。目を逸らせない。
●鷹目:「未知との遭遇」のように孤独なロマンチックさを感じました。
●利根ノ雫:人の心配をよそに本人は楽しんでいるのでしょうね
●豆春:包む気持ちがやさしい句ですね。いつもやさしく接したいけれど、できない時もある、でも月はいつもみんなにやさしいですね

●鉄乙女: その者、青き衣をまといて金色の野に降り立つ。ナウシカです。崇高な存在です。泣けました。
●幻灯齋:月光が何かを包むというのはありがちだとは思いますが、徘徊の母を包むというのはなんとも優しい。

●黒子坊:介護の日々と母への想いが伝わってきます。どこか穏やかな気持ちにさせられる句ですね。
●酔象/●舟酔/●月心/●小酔/●天布留

殊勲賞

殊勲賞:5
得点:17
累積:704
合計:726
6点以上

●小酔:「椅子が座っている」の表現が面白い。月光に照らされた窓辺だからこそ「椅子が座っている」。
●天布留:擬人化かと思ったが、字面の通り映像化し傍観しました。
●月心:月光に照らされた椅子はまさに存在感があり妙を言いえている。

●遊歩:椅子の擬人化が面白い。
●阿美土:椅子が心を持つ、存在が月と呼応する。光景がおかしみをもって胸を打つ。
●楽が鬼:洋館の窓辺の椅子、乱歩の「人間椅子」であると思いたい。この手の句は疑いながら詠むことにしているが、はまった。

●舟酔:ほのぼのとした擬人化がいいです。
●津和乃:窓辺に椅子が。椅子?と思いましたが、頭から離れなくなりました。
●緑地/●幻灯齋/●鉄乙女/●はじめ

敢闘賞

敢闘賞;3
得点:15
累積:76
合計:94
5点以上

●鉄乙女: 苔になりたい
●阿美土:光苔は月が似合う。人も苔のようなものだと知った。「‥なりにけり」、古式ゆかしき不易な印象がある。
●酔象:青い光と緑の苔の作り出す静謐な世界に、なりにけりという比喩としての月の光が作り出す心象世界が美しい。

●舟酔:人生の最期として捉えたら理想的です。
●小酔:苔には月光がよく似合う。苔の栄養は月光、「月光に包まれ」て美しく育つ。
●楽が鬼:「私は苔になりたい」と勝っ手詠みしたら、句よりもなにやら物語が書けそうな・・・標題が気持ちよい。
●遊歩:苔になってしまうというのが妙に納得させられる。
●土羊

・・・ 勝ち越し・・・

得点:12
累積:107
合計:129
5点以上

●津和乃:砂場のシャベル。擬人化による哀愁を感じます。
●豆春:月に光るシャベル、かっこいい。明日を待ってるのがシャベルなのか詠み手なのちょっと考えましたがそりゃシャベルじゃないですよね。

●はじめ:ただただ静かな動きのない情景ですね。
●邪愚楽:時間の経過取り残された寂しさを良く表現されてます。

●日曜生:「明日を待ち」より、ひねった結末が欲しいと思います。砂場に忘れられたシャベルが月光に光っているなんて、とても詩的な情景だと思うので。
●土羊:砂場のシャベル=人生の忘れ物のように感じてしまいました。
●天布留:昼間のごとくにぎやかさと夜の静かさが伝わってきます。
●楽が鬼/●酔象/●遊歩

得点:11
累積:808
合計:819
5点以上

●楽が鬼:月明かりの中二人同行が宿を目指して歩いてる。てくてくてくてくてくてく足音だけが実存の証し・・・映像が見えてくる。
●土羊:先日遍路を終えた方と一席を持ったばかり。沁みます。
●日曜生:山かげ、広い夜空、前方に果てし無い小道、日没に間に合わなかった心細さを月光が照らし導く。旅情豊か。
●酔象:遍路をしていても、遍路のようだと思っても、月の光は修羅と昂ぶる急り遍路の気持ちを静めるものがあるのです。
●豪力:宿の無いお遍路や巡礼旅はきついですね
●幻灯齋:ただのお遍路と思わなければ厳しい現実と向き合っている人達の句ではないかと深読みの出来る句です。
●土羊/●舟酔/●緑地

得点:13
累積:1191
合計:1204
10点以上

●黒子坊:さまざまな想いとともに情景が浮かんできます。
●丘山:情景と音の静寂感がよく伝わってきました。
●三丁目:自然に泣かされ、自然に癒される。合掌。
●天布留:何もなかったごとく、かの地を照らす月光。何となく感無量。。
●鉄乙女:私は岩手の出身で、 津波にやられた海岸にある宿を毎年訪れているのですが、今回、そこから見える月の道をなんとか詠いたかったのです!やられた!
●楽が鬼/●豪力/●舟酔/●津和乃/●遊歩

得点:6
累積:180
合計:186
6点以上

●幻灯齋:投げ出している足の小さな爪の青と月の黄色い光の対比が大:小、遠:近という複合技。ペディキュアに弱いのかも。
●月心:放哉の「渚白い足出し」を髣髴とした。
●酔象:句としては投げ出された感があるのですが、月光を浴びるその足に生々しさとはまた違うエロスを感じます。
●豆春:ベランダで足を投げ出しているのでしょうか? 青いマニュキュアが光っていいですね。(とるに足らないことですが、足のマニュキュアの表記はペディキュアpedicureではないでしょうか?)
●三丁目

得点:6
累積:68
合計:74
5点以上

●舟酔:美し過ぎてなんだか気になる青春です。
●三丁目:ひたむきな青春の一面。
●緑地:陽に向かうのが若さですね。
●丘山/●鉄乙女

得点:6
累積:187
合計:193
5以上

●邪愚樂:何かとても神々しい光を感じました。
●月心:月光の粒にだけは「あわい」あり、同事に仏となる不可避性あり。

●丘山/●豆春/●酔象/●阿美土/●鉄乙女

得点:5
累積:48
合計:53
4点以上

●津和乃:気持ちよさそうですね。明日も頑張れますね。
●利根ノ雫:私は泥酔で月が3つ4つ
●小酔:ほろ酔いだからこそ月光に押されて帰宅できる。大酔いでは、そよ風でも転びます。
●邪愚樂/●はじめ

● ●●横綱負け越し●●●
(10)
● ●●大関負け越し●●●
(8)

得点:0
降格:8+8
累積:1827
合計:1811
8点以上

●津和乃/●遊歩/●邪愚樂/●黒子坊

● ●●関脇負け越し●●●
(7)

得点:4
降格:7+3
累積:1228
合計:1218
7点以上

●鷹目:重力が司る地球と月の関係が、月の自在になり、月に吸い上げられるような。
●豪力:ニュ-トンの万有引力ですね
●利根ノ雫/●緑地/●小酔/●幻灯齋

得点:0
降格:7+7
累積:534
合計:520
7点以上

●月心/●阿美土

得点:1
降格:7+7
累積:1279
合計:1265
7点以上

●阿美土:月の生理的な何かが描かれ、ほっと安堵がある。
●三丁目/●豆春/●日曜生/

● ●●小結負け越し●●●
(6)

得点:5
降格;6+1
累積:1388
合計:1381
5点以上

●土羊:日本人のホスピタリティーを感じます。月光が爽やか。
●緑地:義理の娘への感謝と愛情とリスペクトを感じます。
●楽が鬼/●鷹目/●三丁目/

得点:2
降格:6+4
累積:145
合計:135
6点以上

●邪愚樂:月光の持った神秘的な光に清められるといいですね。
●三丁目:ただ静寂あるのみ。美しい
●鷹目/●小酔/●阿美土

得点:0
降格:6+6
累積:704
合計:692
6点以上

●●●前頭以下負け越し●●●

得点:0
降格:1+5
累積:63
合計:58
5点以上

●利根ノ雫/●津和乃

得点:3
降格:2+2
累積:212
合計:208
5点以上

●豪力:女心は謎ですね
●月心

得点:2
降格:1+3
累積:19
合計:15
5点以上

●丘山:月光と禅の組み合わせが凄くあっていて、ストイック感を感じました。
●利根ノ雫/●日曜生/●黒子坊

得点:2
降格:2+3
累積:470
合計:465
5点以上

●はじめ:光が有れば影ですね。
●豪力/●幻灯齋/●日曜生/●邪愚樂/●天布留
●黒子坊

得点:2
降格:-1
累積:-3
合計:-4
3点以上

●利根ノ雫:ソナタでも演奏しているのかな
●丘山:静かな夜にピアノの音が良く合いますね。
●天布留

得点:1
降格:2+4
累積:82
合計:76
5点以上

●鷹目:導びかず照らすのみ。月のやさしさでしょうか
●土羊/●丘山/●豆春/●豪力/●はじめ



home  top