第295回 11月場所の1
お題
行く秋
優勝
前頭2枚目  鷹目関
  

優勝

優勝:10
得点:21
累積:681
合計:712
5点以上

●日曜生:贔屓の店の閉店の句は読んだことがありますが、「二度と開かぬ」の言いまわしの切実さや、行く秋との取り合わせがとてもいいと思います。
●舟酔:吐夢のことかな、親しい人の死と同じで未だ現実感がありません。
●小酔:「二度と開かぬバーのドア」の情景が「行く秋」にピッタンコ。寒い冬ですね。
●丘山:物悲しい風情がよく表現されてたと思います。
●楽が鬼:閉店には様々な事情があるのでしょう。そのリアリティを実感を持っていま振り返る小生に耳打ちしている句であります。

●土羊:生き別れ、死に別れ、訳在り。バーの内外に余韻が拡がります。
●はじめ:侘びしさの重ねかたがいいですね。
●豆春:重い扉が(多分、木の扉でダークな色で)行く秋という季語にぴたり寄り添っていて、すばらしい。
●豪力/●鉄乙女/●遊歩/●邪愚樂

敢闘賞

敢闘賞:3
得点:13
累積:196
合計:209
5点以上

●遊歩:メルヘンのようです。
●邪愚樂:ペガサス座が見えると秋を感じます。
●緑地:綺麗な星空に気付くと秋の終わり感じますよね。

●小酔:季節が替わると星座も変わる。星空で季節を味あう心のロマンスに一票。
●日曜生:もうすぐ、美しい冬の夜空が楽しめますね。
●月心:秋の夜空をすっきり詠っていて気持ちがいい。
●楽が鬼/●三丁目

・・・ 勝ち越し・・・

得点:12
累積:829
合計:841
5点以上

●はじめ:夏の間に沢山稼いだ、ゆとりですね。
●豆春:色々な事がさりげなく詠み込まれていて、物語がはじまる感じ。堂々としてまさに発句。

●舟酔:寅さんかな?そろそろ柴又が恋しいのかな。
●月心:台風で雨降りの多かった秋に露天商も閉口したことでしょう。
●楽が鬼:露天業殺すにゃわけもない雨の三日も降ればよい。
●土羊:気温を感じます。景色も見えてきます。
●天布留

得点:11
累積:507
合計:518
6点以上

●鉄乙女: 踏切が鳴ってるのに電車は通らない。見えない「秋」が通りすぎるだけ。はしだのりひことシューベルツ!
●鷹目:漠とした不安感が「小さい秋みつけた」のようです。

●黒子坊:冷たい風に乗って遠くの踏切の音が聞こえてくる。すこし寂しい感じが伝わってくる句ですね。

●津和乃:個人的に旅先の思い出が蘇りました。お礼をこめて1票。
●遊歩:踏切の音が効果的です。
●小酔:田舎の単線の踏切。周りは稲刈りの終わった田圃。踏切の音が寂しい。情景は気に入りましたがーーう〜ん。
●楽が鬼●土羊/●利根ノ雫

得点:10
累積:1205
合計:1215
6点以上

●利根ノ雫:秋が行くのと嫁と猫が行くのが面白い
●三丁目:さほど気に留めている風も無く見守る。生活のアクセント?
●天布留:夏場日陰を好む猫も、これからは日向へ。そして、女心と秋の空といったところでしょう。
●鉄乙女:「猫め」にプッと笑ってしまいました。行く秋もまた日常なり。
●丘山/●鷹目/●月心/●小酔/●日曜生

得点:10
累積:50
合計:60
4点以上

●黒子坊:久々の再会。美味い肴に美味い酒。楽しい夜だったのでしょう。
●鷹目:最近よく感じます。
●日曜生:行く秋に、何となく心はやるものがあるのか、この心境わかります。
●利根ノ雫:秋の夜長に友と語り尽くせぬこともあり
●天布留:秋の夜長は話も弾みまそう。冬が来る前の楽しさですね。

得点:10
累積:204
合計:214
5点以上

●幻灯齋:生きている事の実感。年を重ねるごとにそう思うようになるのでしょう。しっとりしたいい感じの句ですが、や、かなの重なりが気になります。行く秋の、で良かったのでは?
●津和乃:秋になり、人恋しさを感じたのでしょうか。
●丘山:毎日に感謝ですね。
●舟酔:一番親しみの持てる句でした。眠りは死と同じだと誰かが言ったけど。
●邪愚樂:考えると怖いですね。
●豆春/●鷹目/●緑地/●鉄乙女/●遊歩

得点:9
累積:735
合計:746
6点以上

●天布留:現代人は深く考えることが少ない気がします。哲学をした方がいいですね。
●月心:『恒久平和のために』や『精神現象学』のドイツ観念論の大御所も昨今の世界情勢には立往生といったところですね。

●幻灯齋:なんやら法やらかんやら法はよく分かりません。勉強するにはいい季節になったものの難しすぎましたかね?立ち往生する姿に親近感がわきました。
●三丁目:ああ、哲学の秋終わる。
●土羊/●利根ノ雫

得点:6
累積:1372
合計:1378
5点以上

●酔象:こんなすばらしい場所にいて、秋を惜しむだけなんてもったいないです、そのまま首を三十度向けると来るべき冬があるのでしょう。
●楽が鬼:北海道で見たあの大パノラマ・・・あぁ荒野でっかい景です。
●豪力:いい風景はいつも心を穏やかなにしてくれます

得点:5
累積:203
合計:208
5点以上

●邪愚楽:行く秋に一人旅憧れます。
●鉄乙女: 落ち穂拾いの一人旅って、名文句!歌詞にしたい!

●土羊/●丘山/●豪力/●酔象/●月心
●幻灯齋/●天布留

● ●●横綱負け越し●●●
(10)

得点:1
降格:10+9
累積:1195
合計:1174
10点以上

●鷹目:惜別でもあるし、年の瀬に向けて急かされてもいます。
●緑地

● ●●大関負け越し●●●
(8)
● ●●関脇負け越し●●●
(7)

得点:6
降格:7+1
累積:1295
合計:1287
7点以上

●土羊:肩は痛いのでしょうが、肩の凝らないさっぱりとした句です。
●豆春:行く秋の感傷が五十肩とは……。老いの自虐も飼い慣らしたるで、詩になっていますね。
●酔象:諧謔として五十肩と詠んでいるけれど、行く秋を惜しむのではなく来たるべき冬にきちんと向かう気概を感じる句です。
●幻灯齋:夜が長くなり読書などの時間も増えてくることでしょう。気がつくと肩を回している自分がいます。飼い馴らすというのは言い得て妙です。
●楽が鬼/●三丁目/●津和乃/●日曜生

得点:4
降格:7+3
累積:1801
合計:1991
7点以上

●津和乃:秋以外の季節感では出ない響くものがあるなと。
●利根ノ雫:何があったのか気になります
●小酔/●幻灯齋

● ●●小結負け越し●●●
(6)

得点:0
降格:6+6
累積:575
合計:563
6点以上

●豪力/●舟酔

●●●前頭以下負け越し●●●

得点:4
降格:2+1
累積:70
合計:67
5点以上

●豪力:美味しそうですね
●はじめ:月並みですが、いい感じです。
●日曜生/●遊歩

得点:4
降格:2+1
累積:470
合計:467
5点以上

●緑地:自省の季節ですね。僕は年がら年中ですが。
●丘山:過ぎていく秋と一緒に流れて消えて欲しい嘘だったんですかね。

●三丁目/●豆春/●舟酔/●鷹目/●津和乃

得点:3
降格:2+2
累積:141
合計:137
5点以上

●酔象:ケイシンを学びました。芭蕉の行く春に習い、惜しむ秋ではなく、進む秋ということで取りました。でも、上五は切った方が・・
●緑地:紅葉も終わった穏やかな色彩もまた格別です。

得点:2
降格:1+3
累積:140
合計:136
5点以上

●豪力:食欲の秋とは言ったものですね
●豆春/●津和乃/●小酔/●はじめ

得点:2
降格:1+3
累積:68
合計:64
5点以上

●三丁目:確かな手応えと満足感。触感の秋。
●緑地/●鉄乙女

得点:2
降格:1+2
累積:11
合計:9
5点以上

●遊歩:今年の秋はこのようでした。
●丘山/●邪愚樂

得点:1
降格:2+4
累積:79
合計:73
5点以上

●酔象/●舟酔/●利根ノ雫/●邪愚樂/●はじめ

得点:0
降格:5+5
累積:84
合計:74
5点以上

●酔象/●幻灯齋/●天布留

得点:0
降格:-3
累積:-1
合計:-4
3点以上

●月心/●はじめ



home  top