第298回 12月場所の1
お題
凍土
優勝
 該当者なし
  

殊勲賞

殊勲賞:5
得点:17
累積:1138 合計:1160

10点以上

●利根ノ雫:長生きすると色々と考えさせられますね
●黒子坊:年齢以外も父を超えていけるだろうか。決意と身震い。そんな心境が伝わってきます。
●酔象:父の威厳を越えて生きて行く吾。生きることの厳しさの実感と自然界への畏怖がある。
●月心:北方で活躍されたお父様でしょうか。踏むに重さを感じます。
●鉄乙女: 亡き父の人生は凍土を踏むばかりだったわけではない。越えて“生く”にグッときます。
●幻灯齋:父の齢をこえて初めてシベリアに立った感慨はいかばかりか。どんな時を過ごさなければならなかったのだろう。
●小酔:今生存する日本人の大半は親世代より長寿。しかし、凍土を踏むと感慨も新たということでしょう。
●遊歩:おそらく若くして戦死した父への思いが伝わる。
●鷹目:背筋がのびる思いです。
●緑地/●はじめ

敢闘賞

敢闘賞:3
得点:16
累積:62
合計:81
5点以上

●丘山:氷の輝きと流れ星の輝きのアンサンブルのようで非常にキレイな句だと思いました。
●小酔:上五の「土凍てて」が、下五「響きあい」と呼応している。凍ったからこそ流れ星に響きます。
●はじめ:凛とした響きですね。
●邪愚楽:響きがとても良い句です。
●楽が鬼:この句は影絵作家 藤城清治のメルヘンの世界と響きあっている。

●豆春:冬の夜は自分が天体の上にいるということを思い出させてくれますね。
●舟酔:空気の澄んだ北の大地、星も美しかろう!
●酔象:流星の向こうに冷たく光るシリウスが交響曲を奏でているようだ。下句を「響き合う」とするのが好みだ。
●阿美土:凍える大地に星が映る。シベリウスの交響曲、そんな感じがする。
●日曜生:静かでシンプルな句だと思います。余韻がある「響きあい」もいいですが、「響きあう」と言い切ってもかっこいいかなと思います。
●三丁目/●土羊/●黒子坊

・・・ 勝ち越し・・・

得点:15
累積:578
合計:593
6点以上

●遊歩:イメージが浮かびカッコイイです。
●月心:凍土に響く蹄音、伸びるが馬脚にもかかっていて余韻があります。
●はじめ:キタサンブラックならいいのですが、いやな予感のする句です。
●舟酔:なぜかカチューシャの歌が聞こえます

●三丁目:北の大地に逞しく育つ駿馬。
●邪愚樂:時計のかかりそうな馬場を力強い走りですね。
●丘山/●豆春/●利根ノ雫/●鷹目


得点:14
累積:219
合計:233
6点以上

●豆春:けもの感がすごく出ていて力強いです。大きな土地から小さな鼻にズームを映して見事。ナショナルジオグラフィックの写真みたい。
●三丁目:濡れた鼻に野生の生命力が。
●土羊:凍土へのイメージの中に確実に存在する未知への畏敬を感じます。
●緑地:自然の確かな息づかいを感じます。
●日曜生:凍土の下に息づくもの、という発想はありましたが、その濡れた鼻に視点を向けたとき、ぬくぬくした生や愛らしさがぐんと迫ってきました。
●楽が鬼/●利根ノ雫/●酔象/●月心

得点:12
累積:1773
合計:1785
6点以上

●阿美土:只見の無人駅を思った。役割を終え寂寥感と安堵の深い味わい。
●楽が鬼:見回す限りの北の厳寒の大地の荒涼とした景が眼前に浮き上がってくる。
●天布留:この状況に自分を置いてみました。涙が出そうでもあり出ないようでもありの心になりました

●幻灯齋:廃線跡と朽ち駅舎は付き過ぎかとも思いますが、私が高校生だった頃、友人が毎日通っていた広尾線を思い出しました。因に幸福駅はこの路線にありました。
●利根ノ雫:ポッポやの風景が浮かんできました
●黒子坊:廃線後の寂しい光景が寒さを一層厳しく感じさせるのでしょう。

●土羊/●豪力/●酔象/●緑地/●小酔
●遊歩/●はじめ

得点:7
累積:1249
合計:1256
7点以上

●遊歩:凍土に眠る恋とはロマンティック。
●鷹目:激情のまま、眠り続けるのでしょう。
●豆春:「吹き荒れし恋」と凍土の取り合わせがとても魅力的、嵐が丘を思い出しました。恋で切ったらとか倒置したらとか、色々考えました。
●豪力/●利根ノ雫/●小酔/●日曜生/●阿美土
●邪愚樂/●はじめ

得点:6
累積:1434
合計:1440
6点以上

●天布留:でっかい話だなぁ〜。想像すると楽しい絵が見えてきます。
●日曜生:マンモスは眠っているんだ!という面白さ(冷凍保存かな)、「マンモスすやすや」のリズムの楽しさ、凍土を温かく力強くとらえた爽やかさ。いいですね!

得点:10
累積:74
合計:84
5点以上

●小酔:五五七調ですが、冬の季節、愛犬と遊んだ思い出に浸る人の気持ちが良く出ていて秀逸です。
●酔象:この犬は狩猟犬だったと思う。羆と闘った勇ましい犬だった。「羆撃ち」というノンフィクション・ノベルを思い浮かべた。
●緑地:実感です。自分の硬い足音と奴らの息遣いはセットの記憶です。
●楽が鬼:中七からの文語調の句またがりが成功している。
●土羊/●鷹目/●鉄乙女/●遊歩/●邪愚樂

得点:7
累積:127
合計:134
5点以上

●邪愚樂:美しい情景が思い浮かびました。
●阿美土:日本軍の大敗の痕、極寒の過酷さに重なる。歴史の重さに凍りつく。
●黒子坊:多くの命が散った戦場。凍土を照らす紅い夕陽は鎮魂の光でしょうか。

●舟酔/●天布留

得点:5
累積:66
合計:71
5点以上

●幻灯齋:シャクシャク音のする気持のいい霜柱を子供達が踏んで行ったのだろう。時間帯も分かり、音が聞こえてきそう。
●利根ノ雫:2つ3つだと楽しく遊んだ訳ではないようですね

●丘山/●小酔

● ●●横綱負け越し●●●
(10)

● ●●大関負け越し●●●
(8)
● ●●関脇負け越し●●●
(7)

得点:2
降格:7+5
累積:1255
合計:1243
7点以上

●豪力:戦争の爪痕がまだ残っているのでしょうね
●豆春/●阿美土/●月心

● ●●小結負け越し●●●
(6)

得点:5
降格:6+1
累積:779
合計:772
6点以上

●豪力:確かに眠っているでしょうね
●丘山:夢と凍土の対比が良かったです。
●天布留:大自然の中には、植村直己ほか多くの冒険家らが永眠しています。合掌。
●舟酔

得点:5
降格:6+1
累積:533
合計:526
6点以上

●鷹目:なにか、遠い記憶を呼び覚まされました。
●舟酔:寂しくも優しい夕景です。もうという余り俳句には使わないであろう言葉がいいですね。
●幻灯齋/●日曜生/●阿美土

得点:3
降格:6+3
累積:700
合計:691
6点以上

●緑地:吉と出るか凶と出るか?なんだかエモい句ですよ。
●三丁目:サスペンス仕立の心理劇。
●楽が鬼/●豆春/●幻灯齋/●日曜生/●天布留

得点:3
降格:6+3
累積:856
合計:847
5点以上

●鉄乙女: なんと言ってもリズム!人間の子と犬の仔を一緒くたにしたことで躍動と生命が溢れていとおしい。
●酔象

●●●前頭以下負け越し●●●
(5)

得点:0
降格:2+5
累積:220
合計:213
5点以上

得点:1
降格:1+4
累積:85
合計:80
5点以上

●月心:世の中温暖化騒ぎが一般的ですが、地球は寒冷化に向かっているようです。一度人類もリセットするのでしょうか。
●三丁目/●天布留

得点:2
降格:1+3
累積:138
合計:134
5点以上

●丘山:最近私も凍土なんて見ていないことに気付きました。
●黒子坊/●邪愚樂

得点:2
降格:2+3
累積:213
合計:208
5点以上

●月心:凍土に響く蹄音、伸びるが馬脚にもかかっていて余韻があります。
●豪力:可愛らしい句ですね
●三丁目

得点:2
降格:1+3
累積:54
合計:50
5点以上

●土羊:初読では難解、凍土の中に明るい子供の動きをあっさり詠んだ力作。

得点:1
降格:2+4
累積:452
合計:448
5点以上

●はじめ:ウエムラナオミですか。
●鉄乙女

得点:2
降格:-1
累積:1
合計:0
5点以上

●鉄乙女:エロティックにも感じさせるのは確信犯なのでしょうか?
●土羊:中々な強引さを感じますが、息吹への強い信念を感じました。
●豪力/●緑地/●遊歩/●月心

得点:0
降格:-3
累積:-10
合計:-13
3点以上



home  top